サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【修正依頼】7/1 【店舗】honto会員400万人突破記念!全額ポイントバックキャンペーン(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. ほんとうの花を見せにきた

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ほんとうの花を見せにきた
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 70件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/26
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/308p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-390127-5
  • 国内送料無料

紙の本

ほんとうの花を見せにきた

著者 桜庭 一樹 (著)

少年「梗」を死の淵から救ったのは、竹から生まれた吸血鬼バンブーだった。心優しきバンブーと、彼に憧れる梗との楽しくも奇妙な共同生活が始まる。だが、バンブーにとって、人間との...

もっと見る

ほんとうの花を見せにきた

1,512(税込)

ほんとうの花を見せにきた

1,200 (税込)

ほんとうの花を見せにきた

ポイント :11pt / 紙の本より312おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

少年「梗」を死の淵から救ったのは、竹から生まれた吸血鬼バンブーだった。心優しきバンブーと、彼に憧れる梗との楽しくも奇妙な共同生活が始まる。だが、バンブーにとって、人間との交流は何よりの大罪であった。【「BOOK」データベースの商品解説】

竹から生まれた吸血鬼バンブーに救われた少年。心優しきバンブーとの楽しくも奇妙な共同生活が始まるが、バンブーにとって、人間との交流は何より大罪で…。青春吸血鬼小説。『オール讀物』『別册文藝春秋』掲載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

植物性吸血鬼バンブーとの許されぬ友情物語

竹から生まれた吸血種族バンブー。固い掟で自縛し、ひっそりと暮らすバンブーが、ある日、人間の孤児を拾った。禁じられた絆の物語。【商品解説】

収録作品一覧

ちいさな焦げた顔 5−186
ほんとうの花を見せにきた 187−241
あなたが未来の国に行く 243−308

著者紹介

桜庭 一樹

略歴
〈桜庭一樹〉「赤朽葉家の伝説」で第60回日本推理作家協会賞、「私の男」で第138回直木賞を受賞。ほかの著書に「無花果とムーン」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店

子どものいる方にお勧めしたい一冊

MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店さん

バンブーという植物性の吸血鬼と人間の物語。中篇短編があわせ三つですが、僕はどれも家族の物語だと思う。
最初の中篇が個人的には一番お勧めしたい。
その内容は、掟に背いてまで人間の子どもを育てるバンブー二人とその子どもの話。人間の子どもを深い愛情で育てている姿は親そのもの。
この3人の結末には正直泣けます。
子どものいる方にお勧めしたい一冊。


(評者:MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店 文芸担当 勝間)

みんなのレビュー70件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

やさしく、悲しく、美しい物語。

2015/05/06 20:01

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yamatami - この投稿者のレビュー一覧を見る

優しく孤独なバンブーたちに、しっかり生きろ!と言われたような気分です。

『小さな焦げた顔』
『ほんとうの花を見せにきた』
『あなたが未来の国に行く』

竹の吸血鬼バンブーをめぐる優しく悲しい物語。
ムスタァも洋治も茉莉花もとても愛しいです。

『小さな焦げた顔』
悲しくて切なくて…涙がところどころで溢れてしまってもう…
あんなに幸せな日々を送っていたのにどうしてこんな結末になってしまうの、と…
ムスタァと洋治が梗ちゃんを慈しみ、愛し、一生懸命育てる姿がほほえましいです。2人が注ぐ梗ちゃんへの愛の深さといったら!
人間の成長に感動し、「生きる」こと、「火」に憧れるバンブー。
人間は死んでしまう、だからこその、人間の価値があるということに気付けなかった梗ちゃん。
バンブーの純粋さと優しさ、人間のあさはかさ、愚かさ。
『あなたが未来の国に行く』を読むと、洋次の最後の言葉が繋がります。さらに切なく、苦しい気持ちになりました。

ムスタァと洋治の朝の日課がとても美しく描かれている一方で、その行為はバンブーという生き物の孤独さをなんとも象徴していて…吸血鬼ものってこんなに切ない要素が満載なのですね…。
自分の相棒は洋治だけと言い、孤独の道を選んだムスタァの誠実さと優しさにも心打たれました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ほんとうの花

2016/03/24 16:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:名取の姫小松 - この投稿者のレビュー一覧を見る

二章目の「ほんとうの花を見せにきた」は最後が切ない。告げたい言葉は途切れて、空を舞った。
三章目があると、読んでいて、バンプーの王の由来を知る。「バンプー・クロニクル」が始まるのかと思えばさにあらず。でもそれでよかった。切なさを続けても、感動が続くとは限らない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ファンタジーだけに

2015/11/30 22:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

心やさしいバンブーを柱に据え、生きること、愛することを綴るファンタジー。なのだが、ファンタジーだからといって、物語の繋がりが甘いのは如何なものか。泣かせようとする意図も見えてしまい、ちょっとなあ、という感じ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/11/01 03:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/25 22:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/13 13:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/01 21:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/12 20:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/18 23:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/16 17:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/02 18:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/06 20:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/15 13:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/22 23:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/26 14:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る