サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電氣ホテル
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/25
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/236p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-390130-5
  • 国内送料無料

紙の本

電氣ホテル

著者 吉田 篤弘 (著)

二人の詩人の冒険に立ちはだかる謎につぐ謎、奇人また奇人。連続探偵冒険活劇。【「BOOK」データベースの商品解説】それは、この世の2階にある−。2人の詩人と連れの猿チューヤ...

もっと見る

電氣ホテル

1,890(税込)

ポイント :17pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

二人の詩人の冒険に立ちはだかる謎につぐ謎、奇人また奇人。連続探偵冒険活劇。【「BOOK」データベースの商品解説】

それは、この世の2階にある−。2人の詩人と連れの猿チューヤー、気の荒い駱駝にボーイに図書館司書。いかにもとぼけた登場人物ばかりの奇天烈なホテルの物語。【「TRC MARC」の商品解説】

二人の詩人の冒険に立ちはだかる
謎につぐ謎、奇人また奇人!

停電調査の旅に出た詩人・オルドバと猿のチューヤー。
この世の二階から魔都・東京の夜景を見おろす詩人・シャバダ。
忽如として行方不明になった十数名の「児島」と、
その謎を追う探偵・中田と相棒の探偵犬・終列車。
物語の行方は、この世の二階にあるといわれる、
幻の〈電氣ホテル〉へ――。

奇怪にして愉快な活劇小説!【商品解説】

著者紹介

吉田 篤弘

略歴
〈吉田篤弘〉1962年東京生まれ。小説を執筆するかたわら、クラフト・エヴィング商會名義による著作とデザインの仕事を行う。著書に「つむじ風食堂の夜」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー19件

みんなの評価3.5

評価内訳

2014/10/12 09:36

投稿元:ブクログ

+++
二人の詩人の冒険に立ちはだかる
謎につぐ謎、奇人また奇人!
停電調査の旅に出た詩人・オルドバと猿のチューヤー。
この世の二階から魔都・東京の夜景を見おろす詩人・シャバダ。
忽如として行方不明になった十数名の「児島」と、その謎を追う探偵・中田と相棒の探偵犬・終列車。
物語の行方は、この世の二階にあるといわれる、幻の〈電氣ホテル〉へ――。
奇怪にして愉快な活劇小説!
+++

そもそも、停電調査人の上田(オルドバ)が停電調査は旅であるという自説故に、尾久へ行くのにやたらと遠回りをし、旅となそうとしたのが事の始まり。尾久へ直行していたら、この物語はなかったのかもしれない。いや、そうではなく、誰が何をしようとどこへ行こうと、変わらなくあったのかもしれない。この世の二階の辺りで、静かに。尾久へ向かうオルドバとチューヤーをどんどん遠く離れて物語は中二階、二階、三階、(四階)辺りをさまようが、まわりまわってまたオルドバたちへと帰って来る。かと言って何かが解決したわけではない。大停電の謎は解けたが……。下町の一画で起こっていることとはついぞ思えない長く遠く草臥れる旅であったことよ、と思わされる一冊である。

2014/11/03 11:21

投稿元:ブクログ

冒頭から何とも不思議な・・。読むのに時間かかったけど読んでいくうちにこの奇天烈な世界にゆっくり浸かっていくような感覚。
個人的には「聖なる怠け者の冒険」をもっと奇妙にした様な雰囲気だと思った。
次巻へ続くらしい。今回は壮大な序章のようだったけど第二幕はいつ出るのか。そして二幕で電氣ホテルの全貌は明かされるのか。それまで設定覚えてる かな・・・。

2015/01/21 09:12

投稿元:ブクログ

不思議!?
どんな感想文述べたらいいのか…
クラフトエヴィング商会好きなんだけど、時々付いていけないなぁ~と思うことがあります。
今は読む時期じゃなかったって思うことにしよう。

2014/12/16 11:45

投稿元:ブクログ

クラフト・エヴィング商會の作品はいつでも虚と実の淡いを歩む。信じてはいけないし、全てを疑ってもいけない。そのバランスの取り方を作家と読者の双方で図り合う。こっくりさんの、互いを信じつつ疑う構図と、それはどこか似ている。

電氣ホテルという、如何にも大正浪漫的な時代がかった名前と、その宣伝用小冊子から浮かぶ造り。そんなホテルがかつてこの世に存在し、かつ今尚この世の二階に存在して、この世から大量の電氣を掠め取る。ふむふむこれは当代日本の原子力政策に対する一流の皮肉というやつですかな、と先走り。しかし、吉田篤弘が如何にも描きそうな大仕掛けと、これまたこの作家の得意とする駄洒落とも批評めいた言葉遊びとも知れない文章の行く末を、あまり性急に求めてはならない。巻末に、件の小冊子の各頁の写しがあり、電氣ホテルはかくかように実在したのだが文章はフィクションですなどと言われても、警戒の鎧を解いてはいけない。ただひたすらに大上段に構え、目まぐるしく変わる場面や登場人物に目を回すこともなく、こちとらクラフト・エヴィング商會の手口には慣れっこでい、と特段うきうきもわくわくもせず読み進めるのがよい。

とは言うものの、残り少なくなる頁数。一体ここまで広げに拡げた大風呂敷は、どのようにしゅっと丸めて納めるつもりか、と徐々に心配の種の芽は育つ。ああ、この頁の薄き紙面を通して見えるのは、大団円に付き物の奥付きではあるまいかと思う刹那、電氣ホテル第一幕は呆気なく終わる。全て電氣映画の銀幕の向こう側に投げやったままで。

てやんでぇ!こっ、こちとらそれもお見通しのことよ、と強がっても、何も始まらないし、終わりもしない。ただ、ただ、吉田何某の策略にまんまと嵌まって身動きの取れない己れを発見するのみ。そういえば目次を見た時に何か可笑しいと気付いていた筈なのにと、地団駄踏んでも致し方なし。せめて、上野駅界隈に電氣ホテルが存在しなかったという不在の証明を試みるのみ。しかし、遠くから声がする。神の存在が証明出来ないことは神の非存在を証明しない、と。 

2014/12/23 23:05

投稿元:ブクログ

荒唐無稽でありながらその辺りに転がっていそうなストーリーと、言葉遊び、語り口の妙、ナンセンスそして何よりそのネーミング!最後の人物紹介は役に立つ。そして、装丁がおしゃれ。

2015/06/24 12:47

投稿元:ブクログ

難しかったけど面白かった。けど,一気読みしないと私には分からん本だった。続編が出るみたいで興味はあるけど,また最初から読まないと分からんだろうなぁ。

2014/10/30 20:28

投稿元:ブクログ

二人の詩人、探偵、司書などなど、ちょっと不思議な町の住民たちがあるひとつの謎にとりつかれる。
答えは二階にある、らしいのだが。

2014年10月30日読了。
まさかの続きものに思わず絶句。
答えを知りたいような、知らない方がいいような。
吉田さんの作品は「好き」か、「理解不能」かに分かれるのですが、今回は後者の方でした。
続きを読めば、前者になる可能性も否定出来ませんが、ちょっとツライかなぁ。

2014/10/04 16:45

投稿元:ブクログ

待ちに待った『電氣ホテル』。
『大停電世界』の続きを心待ちにするシュビのように一読後にすぐにもう一読。
ゆっくりじっくり読み終わったところ。
今回は第一幕ということで、早くも第二幕を心待ちにしてしまう。
そんなところもシュビのようだ。

第一幕では電氣ホテルの全貌は明らかにならない。
第二幕で本当に明らかになるのかも疑わしい(笑)。
登場人物は奇人変人揃い。
それも気味良い。
なぜか可愛くて憎めない奇人変人達。
彼らの思惑が交錯する物語の混沌に揉まれる心地よさとでもいうか。
急がなくて良い。
無駄な迂回も余裕のうち。
オールナイトの映画を見ながらカレーパンを絶賛する余裕。
孤独をフラフープで忘れる余裕(?)。
「なんかおかしいって?それがどうした!」と
うじうじ、ぐだぐだに喝を入れてもらったような気持ち。

さてさて第二幕で彼らはどうなってしまうのか。
第二幕の前に更なる謎を投げかけてくれる幕間劇がカバー下に隠れています。
そちらもお忘れなく…。

2015/02/23 12:22

投稿元:ブクログ

何が何だか分からないんだけど、この不思議な雰囲気は大好き(^^)♪言葉が心地好く感じる(^^)そして私の妄想もまだまだだなぁ(--;)と感じる(^o^;)

2015/05/14 08:55

投稿元:ブクログ

(ちょっと読みにくいなぁ…)
大好きな吉田さんの本だが、
滞在予定日数の2週間を過ぎてしまったので
返却する事にした。

新しくインコの本を2冊借り、
ついでにウンコの本を予約した所で
図書館員さんが
「今回は貸し出し期間が3週間になりますよ。
 いつもよりちょっと長いです。」
と、掛けてくれた言葉が

フト、返却済み本の一番上に重ねてあった
<電気ホテル>の暗い窓に明かりを灯した様な気がして、
「あ、じゃあその本をもう一度貸してください。」
と、借りてきて再び挑んでみた。

が、やはり引っかかりがある。
これはまるでチンプンカンプンな難しい話を聞いていると眠くなるのと一緒で
私の中には無い言葉の、物語の、エピソードの出現に私自身がいちいち戸惑っているせいだ。

だが、3週間も滞在していると
やがて終わりはやってくる。
その頃になってようやく電気ホテルへの入館キーを見つけた様な気がした。

ふと、
目を落とすと一緒に借りてきた
インコの本がそこにあった。
(フフ…。鸚鵡返しだってよ♪)
なんとなく秘策となりそうな言葉を口にすると
表紙の鳥達はつん、として
「インコですよ♪」

なんて。
どうやらお話にはまだ続きがあるようなので
今度はオウムのごとく復唱でもするように
のんびりゆっくりリゾートしてみようかな。

2014/11/02 19:44

投稿元:ブクログ

文字連なってコトが起きて、コト連なってドコマデモ…。
読んでて不思議と気持ちいいのは確か。
奇天烈という言葉がしっくりくる。
かなーり好みが分かれる小説だろう。

2014/10/24 13:29

投稿元:ブクログ

装丁、さすが美しい。読む前から、うっとり。
本が好きだなあ、と思う。
電子書籍じゃ、やっぱりだめなの。
本の重みを手に感じながら、表紙の絵の意味を考えて、表紙裏を期待しながら見て、目次で物語を想像する。そして、やっと物語の中へ。ネタバレにドキドキしながら後ろの方のページをちらっと覗いたり、残りのページを確認しつつ物語が終わっていくのを寂しく思ったり。
そういうの。

電氣ホテルと都市の大停電。
一階と中二階と二階と三階。
リアルとフィクション。
銀幕の中と外。
夢と妄想と現実と。

”君らが現実と思い込んでいるものの大半は誰かの妄想と夢の産物なのだ。”(p230)

第二幕が待ち遠しい。

2014/11/21 12:30

投稿元:ブクログ

詩人、猿、図書館司書、探偵など様々な奇人変人が出てきます。登場人物が多くて更にそれぞれの名前が変で覚えにくい。

現実と舞台と頭の中?とが交差しているような世界。
一応最後まで目を通したけど奇天烈炸裂というか、ちょっとこの世界に入り込むことができませんでした。
これで第一幕らしいですが、私は第二幕は遠慮しようかな。

以前はこういう文体も好きだったのだけど、最近は鼻につくようになってきたかも。

2015/01/28 00:12

投稿元:ブクログ

いやあ、脱落しかけた。
さっぱりわからない!

でも本のつくり、イラスト、装丁は本当に素敵。『それからはスープのことばかり考えて暮らした』『つむじ風食堂の夜』がだいすきすぎるゆえに肩透かし。ふーむ。

装幀・レイアウト:吉田浩美・吉田篤弘[クラフト・エンヴィング商會]

2014/11/02 14:49

投稿元:ブクログ

摩訶不思議!異様!
何のことが書いてあるのか読んでいて、イマイチ分からないのに、ワクワク感が止まらない!
早く読み進めて結末を知りたいと思う気持ちとは裏腹に、読んでいる今この瞬間、物語の怪奇さにずっと浸っていたいと思う、不思議な心地良さ!