サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ユダの柩

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/07
  • 出版社: 朝日新聞出版
  • サイズ:20cm/405p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-02-251091-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

ユダの柩

著者 福田 和代 (著)

アフリカの小国から、アルカイダの資金洗浄担当が入国した。捜査線上に浮かぶ謎の男「ユダ」。そこには政府、商社、テロ組織の壁が! 国際社会を舞台に繰り広げられるクライムノベル...

もっと見る

ユダの柩

1,944(税込)

ユダの柩

1,512(税込)

ユダの柩

ポイント :14pt / 紙の本より432おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

アフリカの小国から、アルカイダの資金洗浄担当が入国した。捜査線上に浮かぶ謎の男「ユダ」。そこには政府、商社、テロ組織の壁が! 国際社会を舞台に繰り広げられるクライムノベル。『小説トリッパー』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

【文学/日本文学小説】アフリカの小国のODAに関する内偵を進めている公安警察官で沖縄出身の友利。捜査線上に謎の男「ユダ」が浮かぶが、政府、商社、テロ組織の壁が立ちふさがる。国家の正義と個人の正義。二つの正義の間で揺れ動く友利が選んだ道とは!?【商品解説】

著者紹介

福田 和代

略歴
〈福田和代〉兵庫県出身。神戸大学卒。「ヴィズ・ゼロ」でデビュー。著書に「TOKYO BLACKOUT」「バベル」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (3件)
  • 星 1 (0件)

2014/11/18 11:23

投稿元:ブクログ

アフリカの歴史は収奪される歴史だ、長い奴隷貿易や植民地時代の歴史、アフリカの独立は昨日行われたようなものだ。

アフリカの貧しさは、先進諸国のエゴイズムを映す鏡だ。

2014/12/05 11:29

投稿元:ブクログ

公安、国家テロ、プラント事業…いろんなことを混ぜ込み過ぎて、本当に伝えたいことが何なのか、分からなかった。作者の最初の頃の勢いがなくなり、残念。

2014/12/03 21:30

投稿元:ブクログ

アフリカの現実という作者が言いたいことはよくわかるが、それに必要なテーマと登場人物たち、とくに国の在り方は決して盤石ではなく、数十年で変わってしまったという実例としての沖縄を絡めるために登場させた主人公と思しき警察官とか、そのいとこなど、物語に深みを持たせるためかとは思われるが、いかにも消化不良な感が否めない。また、タイトルとなっているユダに相当する人物に対し、その復讐を試行するのも如何にも動機が薄く、用意周到に来日した面々が、こんなに簡単に返り討ちにあうわけないだろうなと思われ、そのあたりも、その謎解きに盛り上がりに欠くものと思われる。

2015/02/12 17:35

投稿元:ブクログ

アフリカの最貧国のマムリア人が公安警察の監視のもとで連続して変死を遂げる。公安警察、新聞記者、商社のマムリア駐在員がなぞを追う。みたいなおはなし。変死はマムリア国のクーデター未遂事件に関わる、ある人間によるもの。
なんか、登場人物のいろいろな背景がサブストーリーみたいにちりばめられているんだけど、本題のほうがもう一歩の感がしてしまう。
マムリアは架空の国だけど、アフリカにはあるんだろうな。こういう国って。

2014/10/24 23:13

投稿元:ブクログ

☆☆2つ。
この作品、結論を先に書くと、読みごたえはあるが決して面白くはない、となります。
山崎豊子の恩地や大沢在昌兄いの鮫島の様な登場人物が現れて、ややこれは面白くなるかもなぁ、と期待すれどそうはいかず。
けれどもいろんなジャンルの作品に果敢にも挑戦してことごとく敗れ去っている作者の執筆姿勢には大拍手です。
きっと二巡目くらいから素晴らしい作品が誕生してくるのでしょう。
いまはガマンで読むことを継続! すまんこってす。すごすご。

2014/12/12 10:02

投稿元:ブクログ

福田和代は油断ならない。
ジャンルでくくられるのをあざわらうかのようにすり抜けていく。

この作品も、ミステリーとしたら本命が本星で「おいおい!」だったし、政治謀略ものとしても中途半端な感じだし…かといってつまらないか?と言われたら、つまら
なくはない。
むしろ読みごたえありで満足させらてしまったし。

困ったもんだ。

2015/02/11 03:27

投稿元:ブクログ

国際情勢が落ち着かない昨今、国際裏組織について興味が湧いたので読んでみた。
フィクションの世界ではあるけれど、刑事の仕事の一端を見ることができたような気がした。

2014/12/09 22:54

投稿元:ブクログ

ストーリーとしては満足の出来る作品でしたが、ミステリー要素の部分は本命の答えが正解というダメしゃんて感じでした。
でも、十分楽しめる作品だと思います。

2016/06/23 09:01

投稿元:ブクログ

2016.6.23-40
アフリカ南部のマムリアでプラント事業を計画する商社マン、連続死するマムリア人達の監視をする公安刑事とマムリア出身の大学教授。それぞれの想いが関わる中で起こるマムリア人3人の死の真相。
アフリカの貧国の現場が胸に迫る。

2014/11/19 00:33

投稿元:ブクログ

恥ずかしながらアフリカ情勢に関する知識が乏しいので私にはちょっと難しい内容でした。
アフリカの発展途上国でもお金持ちはいて、先進国に住む一般的な生活を営む人よりはるかに贅沢な生活を送っている人がいるのも理解している。
発展途上国だろう先進国であろうが、ほんの一握りの人たちの為に搾取されるような国に発展はないのだろう。
震災以降原発をストーリーに盛り込む作者が増えたが、私には虚構の世界での原発はもうお腹いっぱいです。。。。

2015/06/10 23:37

投稿元:ブクログ

話の展開が少しだるい感じがしたが 結構面白い内容だった
話の四分の三の所からおよその見当が付いてしまう気がしたが それでもラストの方は読み応えがあり良かった

2015/01/17 14:31

投稿元:ブクログ

アフリカ、公安、沖縄、三つのそれぞれがヘビーなテーマをひとつの物語に撚りあげた作者に感嘆。福田和代さん、年を追って、どんどん作品がグレードアップしているのがわかる。