サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 探偵ブロディの事件ファイル

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

探偵ブロディの事件ファイル
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/22
  • 出版社: 東京創元社
  • サイズ:20cm/378p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-488-01037-9
  • 国内送料無料

紙の本

探偵ブロディの事件ファイル

著者 ケイト・アトキンソン (著),青木 純子 (訳)

いずれはフランスに住みたいとフランス語の勉強に余念ない私立探偵ジャクソン・ブロディ。目下の仕事は消えた幼女捜し。34年前に3歳で姿を消したのだった(中年の変人姉妹の依頼―...

もっと見る

探偵ブロディの事件ファイル

2,700(税込)

ポイント :25pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

いずれはフランスに住みたいとフランス語の勉強に余念ない私立探偵ジャクソン・ブロディ。目下の仕事は消えた幼女捜し。34年前に3歳で姿を消したのだった(中年の変人姉妹の依頼―死んだ父親の家を片づけていたら、妹が消えた時に持っていたネズミのぬいぐるみが出てきたの!)、そして惨殺された愛する娘の殺人犯捜し(弁護士だった父親の依頼―彼の家は捜査本部のようで、現場写真、地図、タイムテーブル等々で胸が悪くなりそうだ)、消えた黒猫捜し(猫屋敷の老婦人の依頼―誰かがさらっていっちゃうんです)、キャビンアテンダントである妻の浮気調査(被害妄想気味の夫の依頼―こんな男があんなゴージャスな女をどうやってものにしたんだ?)、25年前、夫殺しでつかまった姉の、当時赤ん坊だった娘捜し(ある看護師の依頼―駄目なわたしの代わりに、お母さんになってあげて、と姉に言われたのに…)【「BOOK」データベースの商品解説】

大学町ケンブリッジ。いずれはフランスに住みたいとフランス語の勉強に余念ない私立探偵ジャクソン・ブロディのところに相前後して持ち込まれた3件の人探し。調査を進めるうちに、なぜか彼自身の命を狙う者まで現れて…。【「TRC MARC」の商品解説】

バツイチ探偵ブロディの扱う失踪、殺人、浮気調査は、アトキンソンの手にかかると、ただならぬ気配。『世界が終わるわけではなく』で読者の心を掴んだ著者によるミステリ。【商品解説】

著者紹介

ケイト・アトキンソン

略歴
〈ケイト・アトキンソン〉1951年イギリス生まれ。ダンディー大学で英米文学を専攻。修士号取得後、様々な職業を経て、同大学の英語教師に。「博物館の裏庭で」でウィットブレッド文学賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.5

評価内訳

2016/02/10 15:58

投稿元:ブクログ

先にドラマを見てしまっていたので、どの事件がどうなるかわかってしまっていたのがとっても残念。
いわゆる謎解きの犯人はお前だ! というのではなく(ほとんど過去に起きた事件でもあるし)、その事件をめぐる人々のドラマといった感じ。
いくつかの事件がゆるやかにつながっていて、それをほのめかす程度にまとめているところに好感が持てた。
続編のドラマはまだ見ていないので、早く続きが翻訳出版されるといいな。ジャクソンの姉の事件はまだ解決していないみたいだし。

2014/11/14 23:56

投稿元:ブクログ

フランスへの移住を夢見る探偵ブロディが手がける3つの事件。
一つは30年以上前に消えた幼女の捜索。もう一つは10年前に少女を殺した犯人を探すこと。最後の一つは夫を殺した罪を償った姉を見つけること。

前作の雰囲気を微かにまとわせつつ、全く違うジャンルのミステリを物した作者に拍手。
ミステリでありながら、捜査より関係者の描写に筆を尽くし事件を描く手法は面白かった。
人間関係に厚く覆われて隠された真相が露わになるのは、ちょっと辛い。

2015/01/19 21:48

投稿元:ブクログ

どこかの書評で面白そうだと思い、図書館にオンラインで予約して借りてきた。借りてびっくり、これは以前に英語版ペーパーバックで読んだ"Case Histories"の翻訳ではないか。題名が全く違うのでわからなかった。確かペーパーバックの読後感はあまり芳しくなかったので、この翻訳は読む前に星二つで終わり。残念でした。

2014/09/04 21:37

投稿元:ブクログ

面白そうじゃないかアトキンソン君

東京創元社のPR
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488010379

2014/11/04 01:29

投稿元:ブクログ

前に出た『世界が終わるわけではなく』は奇想溢れる短編集だったが、こちらは長編ミステリ。前作のイメージが強かったので、同じ創元から出ている『探偵術マニュアル』のようなファンタジー要素のある内容なのかと思っていたが、ハードボイルド寄りの探偵小説だった。

2016/10/16 00:48

投稿元:ブクログ

何と言うか実に感想を述べにくい話だ。過去に起きたいくつかの事件を探偵が調査するのだが、真相が解明されたものもあれば分からないままのもある(読者には分かるようになってるが)。でもそういう部分はこの話のメインではない。
悲惨な事件に否応なく打撃を受けた人たちは、それでもその後も生きていかねばならない。深刻ぶることなく自分なりの生き方を見つけるしかない。時にそのもがきようが滑稽でも本人は切実だ。ユニークだけどリアリティーのある物語。

2015/05/19 12:31

投稿元:ブクログ

人の世は善悪の2面ですっきりと評定できるものではない。皆それぞれかかわりあって、重なり合って、そこへ少しの掛け違いや、気の抜いた判断や、過度の思いやりが加わって混沌たる状況になる。それでも日々をやり過ごすことが現在を生きる者にできる、愛する者への志。

2015/01/28 00:58

投稿元:ブクログ

ストーカー、DV、我が子への性的虐待、女性には辛いことばかりだ。人生のリセットを夢見てしまう、『火車』のヒロインみたいに。共感できたのは、アメリアとキャロライン。新しい人生に踏み出してほしいものだ。ジャクソンが引き受けた事件が繋がっているなんて、ご都合主義っぽいが、人の繋がりとはそうしたものか。

2014/11/13 15:33

投稿元:ブクログ

『世界が終わるわけではなく』のアトキンソンによるミステリ!

バツイチ探偵ブロディの扱う失踪、殺人、猫捜し等々は、アトキンソンの手にかかると、ただならぬ気配。
『世界が終わるわけではなく』で読者の心を掴んだ著者によるミステリ。