サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. コンピュータ・IT・情報科学
  4. ツイッターで学んだいちばん大切なこと 共同創業者の「つぶやき」

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

ツイッターで学んだいちばん大切なこと 共同創業者の「つぶやき」

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/25
  • 出版社: 早川書房
  • サイズ:19cm/326p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-209484-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

ツイッターで学んだいちばん大切なこと 共同創業者の「つぶやき」

著者 ビズ・ストーン (著),石垣 賀子 (訳)

自分の思いを短文で発信する。たったそれだけのシンプルなサービスが多くの人に愛され、社会を動かすようになったのはなぜか? 共同創業者のビズ・ストーンが、ツイッターの誕生秘話...

もっと見る

ツイッターで学んだいちばん大切なこと 共同創業者の「つぶやき」

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

ツイッターで学んだいちばん大切なこと

1,555(税込)

ツイッターで学んだいちばん大切なこと

ポイント :14pt / 紙の本より173おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS .book 無制限
Android .book 無制限
Win .book 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

自分の思いを短文で発信する。たったそれだけのシンプルなサービスが多くの人に愛され、社会を動かすようになったのはなぜか? 共同創業者のビズ・ストーンが、ツイッターの誕生秘話や裏話をユーモアたっぷりにつづる。【「TRC MARC」の商品解説】

ハッタリ万歳! 持ち前の明るさで、強引にでもチャンスを自ら引き寄せてきたツイッターの共同創業者が、成功の秘密を語りつくす。二億五〇〇〇万人が140文字でつぶやくようになったワケとは?【商品解説】

著者紹介

ビズ・ストーン

略歴
〈ビズ・ストーン〉出版社のブックデザイナー、グーグルなどを経て、ツイッターの立ち上げに携わる。Q&Aプラットフォームサービス「ジェリー」のCEOを務めるほか、企業や各種会議で講演を行う。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.8

評価内訳

2014/11/17 08:16

投稿元:ブクログ

 テンポよい語り口と困難を明るく乗り越えていく著者の生きる姿勢のおかげで読後感が非常に爽やかだった。 朝、目が覚めて、今から始まる一日にわくわくできないのなら、あるいは間違った道にいると感じているのなら、この先進むべき道は見えてこない。ここに立ち返るべきだと僕はいつも思っている。それが何かを言葉にしてみる。報酬のことではなく、こんなこと考えてみる。どんな人が周りにいるか。その人たちはどんな仕事をしているか。職場へはどうやって行くか。自分の仕事を、他の人がどんな言葉で形容しているか。
・・・この本を読んでこの部分に出合えたことも本当にラッキーだと思う。

2015/01/04 11:57

投稿元:ブクログ

天才を名乗る、自分が動いて行動を起こす、ポッドキャスト王、Twitterの誕生、「GPSの目的地を設定したのは誰?」、140字の制約、強く賢い人々が強く賢い行動をとる、ユーザーが考えだしたハッシュタグ、「事実を2つ並べると嘘になる」、未来は予測できない、ユーザーのため、Win-Winの取引…行動力がすごい。

2014/11/09 21:59

投稿元:ブクログ

2014年9月刊。創業者によるTwitter開発ヒストリー。
楽しく書かれていて、ぐいぐい読めます。
「人間が第一、テクノロジーは二番目」という彼の信念がいいね。

◆【引用メモ】トップ画面は(中略)全ユーザーの一番新しいツイートが上にくる形だった。じつはここがよく批判の的になった。「このジョーイ何とかって誰だ?この人が今朝何を食べたかなんて別に知りたくないぞ?」だがやがてわかってきたのが、このジョーイ何とかが朝何を食べたか知りたい人もいる。ということだ。それを知らせるのが「フォロー」のボタンだった。(p.82)

2014/11/11 21:05

投稿元:ブクログ

ツイッターの立ち上げから成長が、共同創業者の哲学と共に語られているが、その人の善意を信じる理念にとても共感できる。ツール(には違いないが)というよりインフラというべき存在になったツイッターだが、創業者が誰かは以外に知られていない点にツイッターたる所以があり、どんな人達が作り上げたのか興味があるなら必読。

2015/12/25 11:26

投稿元:ブクログ

Twitter共同創業者がどの様なキャリアを経てTwitterを作ったか、そして会社を去るまでのお話です。
ちょっと文章は読みにくいですが、内容としては非常に面白いです。
Twitterがダウンした際にユーザーがピザを送って開発チームを励ますくだりがあるのですが、それだけのファンを作れる様なサービス開発をしていきたいものです。
ユーザー向けのプロダクトを開発する方は一読を。

2016/09/18 08:07

投稿元:ブクログ

自分が動いて自らことを起こす精神は起業家精神の真髄
自分やわ信じる、自分は天才だと信じてやるというとは、まだ存在しない段階から自分のアイデアに自信を持つということ
自分の夢を考えて作り出すことが夢を実現させるための最初にして最大の一歩

2015/02/07 22:53

投稿元:ブクログ

ツイッター創業者の人物像の一端を知ることができる。フェイスブックと同様に「オタク」が起業して大成功するケース。
・制約の中でこそ創造性は生まれる
・取引はWin-Winの場合だけするほうが健康的

2014/11/29 21:37

投稿元:ブクログ

正直行って創業物語に比べるととてもつまらない
創業物語と比べて内容に食い違いが認められるので補完的に読むのはありかもしれない

2014/10/30 05:43

投稿元:ブクログ

今でこそ全世界で使用されているが、スタートアップとしてのツイッターをかいま見ることができる内容で、読んでいて熱いものを感じた。

利他的行動がもたらす複利という考え方に象徴されるように、人間の善性に対する信頼が半端ない。

SNS・ツイッター・フェイスブック・ブログ ランキング

SNS・ツイッター・フェイスブック・ブログのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む