サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. カルニヴィア 2 誘拐

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

カルニヴィア 2 誘拐(ハヤカワ・ポケット・ミステリ・ブックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

カルニヴィア 2 誘拐 (HAYAKAWA POCKET MYSTERY BOOKS)

著者 ジョナサン・ホルト (著),奥村 章子 (訳)

イタリア駐留米軍基地の建設現場で発見された人骨は、第二次世界大戦中に謎の失踪を遂げたパルチザンのものだった。当時何があったのか?その頃、憲兵隊の大尉カテリーナと米軍の情報...

もっと見る

カルニヴィア 2 誘拐 (HAYAKAWA POCKET MYSTERY BOOKS)

1,944(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

カルニヴィア2 誘拐

1,750(税込)

カルニヴィア2 誘拐

ポイント :16pt / 紙の本より194おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

イタリア駐留米軍基地の建設現場で発見された人骨は、第二次世界大戦中に謎の失踪を遂げたパルチザンのものだった。当時何があったのか?その頃、憲兵隊の大尉カテリーナと米軍の情報将校ホリーは、米軍少佐の娘ミアの誘拐事件の捜査を始める。犯人は基地の建設反対を訴えて、ミアを責め苛む映像をインターネットで全世界に配信する。狡猾な犯人に苦慮するカテリーナとホリーはSNS「カルニヴィア」の創設者ダニエーレに協力を求めるが…。壮大なミステリ三部作、波瀾に満ちた一気読み必至の第二部が登場!【「BOOK」データベースの商品解説】

イタリア駐留米軍基地の建設現場で発見された人骨が秘める歴史の暗部とは? そして駐留米軍少佐の娘を誘拐し、米軍批判の声明を送る犯人とは? ヴェネツィアを舞台に描く壮大なミステリ3部作の第2部。【「TRC MARC」の商品解説】

イタリア駐留米軍基地の建設現場で発見された人骨が秘める歴史の暗部とは? そして駐留米軍少佐の娘を誘拐し、米軍批判のメッセージを送る犯人は誰か? 壮大なミステリ三部作、波瀾の第二部! 【商品解説】

著者紹介

ジョナサン・ホルト

略歴
〈ジョナサン・ホルト〉オクスフォード大学で英文学を専攻し、広告会社のクリエイティブ・ディレクターを務める。「カルニヴィア」でデビュー。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

連合国から見るイタリアの立場は日本に似ている?

2016/10/09 05:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かしこん - この投稿者のレビュー一覧を見る

引き続き、『カルニヴィア』三部作の2作目。
でも、最初に1作目が(早川書房としては)大々的に宣伝されたときに受けた印象は、もっとドロドロとしたサイコスリラー的なものだったけれど、実際はヨーロッパの歴史の闇の深さとか、そういうものだったとは。 権謀術数は、日本人の不得意とするところですなぁ、としみじみする。
今回はイタリア国内にアメリカ軍の基地をこれ以上拡大しない・させないという運動をするいさかか過激なグループが出てきます。 まるで、この国のようではないですか。

反対運動が巻き起こるイタリア駐留米軍基地の建設現場で年代物の人骨が発見される。 鑑定結果によれば、第二次大戦中に行方不明とされたパルチザンのものと判明。 一方、米軍士官の娘・ミアが誘拐され、犯人は基地建設反対を訴えながらオレンジ色のジャンプスーツを着せられたミアをグアンタナモ刑務所でおこなわれた“アメリカの法律では拷問と見なされない拷問”にかけ、ネット上で公開する。
前作で仲間意識が強まったイタリア憲兵隊のカテリーナとアメリカ軍人のホリーは、特殊なSNS“カルニヴィア”の創設者ダニエーレにまた協力を要請し、ミアの一刻も早い発見に努めようとするが・・・という話。

相変わらずリアル一辺倒ではなく、かなり荒唐無稽が入っています。 でも扱うテーマが重たいから、これくらいがいいバランスなのかも。 他者に心を閉ざしまくるダニエーレが、ホリーに出会ってからちょっとずつ変わっていこうとしていくのも微笑ましいポイント。 更に、カテリーナのイタリア女ぶりも自覚のない無神経な方向に広がっていて面白い。
正直なところ、「グアンタナモの件はまだ片付いていない」ということにびっくりする。
あれから何年たっているんですか!

けれどそれがヨーロッパとアメリカの関係や、共産主義と資本主義の対立(イタリアもかつては独裁国家だったわけで、その前は別々の国だった)、キリスト教圏とイスラム教圏の(日本人にはいささか理解が難しい)複雑で絡み合った問題に、読んでいて眩暈がするほど。 こういうとき、「日本が島国でよかった!」とか、「国境があるとはいえ所詮口約束で引いただけの線。 地つづきのところは大変」とか、中学校の歴史の時間に思ったことが今も頭をよぎる(勿論、日本には日本の大変さもあるのですが、ヨーロッパの血ぬられ具合に比べればまだましなんじゃないかと)。【2015年4月読了】

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/10/13 12:55

投稿元:ブクログ

今回も、過去の大戦に端を発した話となっているが、ページの大部分を拷問シーンが占めている。これが結構くどい。全体像から見ると誘拐事件は重要だけれども、拷問シーンにあれだけのページを割くのってどうなの? と思ってしまう。

歴史的事実をベースにした構成だが、あちこちに飛び火していくので、若干混乱したような。作中の、“真実はロシア人形のマトリョーシカ”という表現が一言で言い表している。複雑に入り組んだ展開だが、アプローチが冗長で、ラスト80頁ほどでバタバタ解決していくのがちょっと残念。事件とは無関係の、キャラクター同士の距離感の変化なんかが興味深く読めたので、次回に向けての収穫はこっちかな。

黒幕がくず野郎なので、立腹して読了した形になったが、よくよく考えればひどい話である。イタリアとアメリカの関係はよくわからないが、素人目で見るとアメリカの思惑に巻き込まれた格好のイタリアが気の毒に思える。お互いよかれと思って信念で行動してるんだけど、そのやり方が問題よね。こういうのも「いっちょかみ」って言うのかな。

第二部では完全に利用されただけのカルニヴィア。最終作ではもっと前面に出てくれることを期待します。

2015/09/11 12:38

投稿元:ブクログ

二巻目。
あとがきにもあったけれどもこの作者はCIAとアメリカ軍に何か思う所があるのだろうか?確かに今の中東対策にもNATOの空爆もどうなの?と思ったけれども。というか自分があまりこだわらなさすぎるのか。

という訳でやっぱりカタリーナと大尉は良いコンビだ。不倫しなければよかったねえ。そしてホリーは今回大変な目に。彼女は軍隊に居続けるんだろうか… 難しいだろうなあ…。今回は誘拐という事で中々にツライ話でした。続きも…気になるからそのうち読もうかな。

2014/11/06 21:12

投稿元:ブクログ

 『カルニヴィア』三部作の二作目。紛らわしいので、原題どおりの出版を望みたいのだが、何故か邦題では予定でしかない三部作を一作目から歌うから、大作の続きもののように勘違いしそうだ。でも一作一作は独立した長編小説であり、原題では数字も<カルニヴィア>という文字も振っていない。誤解されやすい翻訳はご遠慮願いたいものだが。ましてや、せっかくの見事な作品の出来栄えを見ると余計に老婆心が疼きそうだ。

 とは言え、物語は独立してはいるものの、主人公たち四人の男女関係は微妙に変化しているので、できれば順序よく読んでもらいたい。つまりどんなシリーズ小説だって同断。順序よく独立した物語を紡いでもらったほうが楽しめるのは当たり前の話だ。

 というわけで、二作目のラストで、ヒロインの一人憲兵隊大尉カテリーナが上司ピカーロと不倫の関係にピリオドを打つシーンが印象的であったが、その後の二人の距離感は本書ではさらに意味深なものとなる。捜査にまで影響を及ぼしそうになるのは、人間、男と女、そうした捜査官の属性として欠かせないものとしてストーリーのおかずにはなっても邪魔にはならぬだろう、といったところか。

 一方、俄然進展を見せるのが、いわゆる引きこもりの典型であるダニエーレ・バルボに芽生える外界との交流の兆しである。とりわけ米軍少尉ホリーとの仲に注目である。なるほど物語のサブストーリーとしてはこちらも見逃せない楽しみであろうか。

 さてメインのストーリー及び題材である。一作目はボスニア紛争とNATOの思惑といったところに国際政治の、今や昔懐かしい謀略、諜報戦といった大きなテーマを扱って世界に話題を読んだこのシリーズであるが、二作目の本書では、米軍のアフガニスタン侵攻に題材を取り、世界でも報道された米軍側の捕虜虐待の有名な映像をモチーフに、反米イタリア活動家によるネットでのアジテーション活動を狙った少女誘拐事件を扱っている。

 ネットとはまさにダニエーレの創成した<カルニヴィア>というベネツィアそっくりの仮想都市であり、検閲不能な匿名メッセージを可能とする電子世界である。しかし誘拐は実際に起こり、その狙いは米軍基地反対活動家たちによる、米軍の拉致拷問批判の広報活動のようにも思える。しかし、国際謀略世界はそんな単純なものでは終わらない。裏には裏が。糸を引く者を操るさらに謀略家の気配。

 前作に続いて仕組まれた事件であり仕組まれたシナリオであるその闇の奥に、四人のヒーロー&ヒロインたちは辿り着くことができるのか、といったところがこの大作の読みどころ、解きどころなのである。

 今の時代に、あの時代を振り返る小説として貴重であり、最新現代史を読み解く歴史的事実を食材にした激辛グルメのようなこってり味のプロットである。消化しにくいほどの大量な具材は、紛れもなく北イタリアにかつて投下された爆薬たちの火薬の匂いに満ちており、危険である。驚愕の事実がたっぷり詰め込めれた歴史ミステリーとしても興味深い、大スケールの二作目に舌鼓を打った読者ならば、是非とも三作目の大団円を、共に期待してみようではな���か。

2014/11/07 16:35

投稿元:ブクログ

なぜ邦題を「カルニヴィア」にしたんだろう。重要ではあるけど主人公はカテリーナとホリー(とバルボ)だし。
近代史は得意じゃないのでNATOとかパルチザンとかいまいちピンとこない。

2016/02/06 01:28

投稿元:ブクログ

だいぶ時間が経ちつつの2作目。
ギルロイはどこまで黒幕なんだと思いつつ生々しいキャラクターの生きている姿、
それが小説の中だからこそカルニヴィアに見えてくる。
実際に起きている事件がその下敷きに幾重にも積み重ねられている。

2015/11/11 12:28

投稿元:ブクログ

2015 10 面白い!ただ海外小説にありがちな監禁モノ。どうして海外は監禁モノが多いのかな。それにしても女性をくどくにしてもこんなにストレートなのか?欧米は

2014/11/06 11:34

投稿元:ブクログ

ヴェネチアをサイバー空間に再現したサイト、カルニヴィアと現実のヴェネチアを舞台に、天才ハッカー、女性警官、女性米軍士官の3人が国際的な陰謀に巻き込まれる。

こんな設定の3部作、カルニヴィアシリーズも本書で2作目。
何分、前作を読んだのが約1年前と言う事もあり、既にその内容はほぼ綺麗に忘れ去っておりますが、折角なので本書を読んでみました。

このシリーズ、カルニヴィアの絶対的ともいえる匿名性が世界各国の様々な立場の人間を引き寄せ、そしてヴェネチアを舞台とする陰謀が展開されるといった構図を持っているらしく、本作もその例外ではありません。

ストーリーは、米軍指揮官の娘の誘拐事件を中心に展開し、テロとの戦いの暗部、第2次世界大戦前後から続くヴァチカンとCIAとの関係等、過去と現在が入り乱れたスケールの大きな物となっています。

最後は、突拍子もないと思うと同時にあるいは有り得るのか?とも感じさせてくれる終わり方となっており、この点、(前作でも思いましたが)大いなるB級小説の面目躍如といった所でしょうか。

娯楽小説にガッツきたい感じの時にお勧めです。

2016/10/18 11:27

投稿元:ブクログ

カルニヴィアカルニヴィア禁忌1
2014年1月19日に記事をアップしてた作品を含めて
カルニヴィア3部作の2番目作品。2014年9月刊行。
イタリア駐留米軍基地の建設現場で発見された人骨は
第二次世界大戦終了間際、
謎の失踪を遂げたパルチザンのものだった。
同じころ、米軍少佐の娘が誘拐される事件が起こる。
別々の事件と思われたが、実は背景が繋がりがあった。
犯人は米軍基地反対派と思われていた。

オバマ大統領がなくすと公言しながらも
事実は決して無くなっていず、
単に世界に散らばっているだけの収容所。
米軍が作った残酷尋問方法と同じやり方でいたぶり
その動画を拡散する。その意味は?

第二次世界大戦後のイタリアを共産主義が定着することを
嫌った米軍と時のカトリック教会の利害が一致し、
パルチザンに協力しながら最後で裏切った史実。
戦後強大な力を持った企業の成り立ちと米軍の秘密。

今回のこの作品も、事実を多く盛り込んで、
古い事件が、今の時代にもつながり、
気がつかないだけの其処にある絶望を浮かび上がらせている。
最後まで息もつかせず読ませてしまう筆力はさすが!
一気に読んでしまった一冊。
3部作目も楽しみ。

2014/11/14 14:44

投稿元:ブクログ

イタリアの歴史を絡めた陰謀ありアクションありのエンタメ。捜査する主人公たちの勘がことごとく当たる形で進んでいくのは?だし、登場人物たちのキャラ造形もうわべだけに思える。だが、第二次大戦後のイタリアにおいて、こんなにアメリカが影響力を持っていたことを全く知らず、そこに一番興味を覚えた。アメリカがイタリアの政治に深く関与し共産主義を排除しようとしてたこと、ヴァチカントップでさえもそれに協力してたことに、結構衝撃を覚えた。

2014/09/25 01:43

投稿元:ブクログ

のっけから、一体ふたりに何があったのかとドキドキしながら読み進め。まぁ理由は普通ですが。
2巻の方が好きかもです(おそらく恋愛絡みがなかったから…)。
そして女性登場人物のお洒落する描写が好き。

2016/11/11 20:00

投稿元:ブクログ

トランプ大統領の治世なら、本作の事件の首謀者もお咎めなしで済まされそうな気がする。何が悪いのって感じで。グアンタナモの再開もありそうだ。ホリーとカタリーナの性生活の描写の違いはやはりキャラの違いによるのか。ホリーは本当に同性愛なの?

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む