サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 暮らし・実用
  4. いつもの献立がごちそうになる!新・家めしスタイル

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

いつもの献立がごちそうになる!新・家めしスタイル
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/18
  • 出版社: マガジンハウス
  • サイズ:21cm/111p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8387-2698-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

いつもの献立がごちそうになる!新・家めしスタイル

著者 佐々木 俊尚 (著)

調味料や食材の細かい分量は書いていない、「どうしたら日常的に家めしを作れるようになるのか」という、基本的な考え方を伝える料理本。ごく普通の健康的で旨くて、おかねもかからず...

もっと見る

いつもの献立がごちそうになる!新・家めしスタイル

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

いつもの献立がごちそうになる!新・家めしスタイル

1,101(税込)

いつもの献立がごちそうになる!新・家めしスタイル

ポイント :10pt / 紙の本より303おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

調味料や食材の細かい分量は書いていない、「どうしたら日常的に家めしを作れるようになるのか」という、基本的な考え方を伝える料理本。ごく普通の健康的で旨くて、おかねもかからず、そして簡単な料理を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

<まえがきより抜粋>

この本は料理本だけど、「小さじ1」とか「カップ3」とか、調味料や食材の細かい分量はぜんぜん書いてありません。
だって塩味や醤油味なんて、人によって好みが違うし、その日の体調によっても異なります。
身体を酷使して疲れてる時は濃い味を求めるし、飲み過ぎの翌朝は薄味がほしい。
だから味つけは、自分の好みでやればいいと思うんですよね。

だからこの本でわたしが説明しようとしているのは、厳密な分量を指示通りにつくるということじゃないんです。
普通の料理本がやってるそういうことじゃなくて、「どうしたら日常的に家めしをつくれるようになるのか」という、
基本的な考え方みたいなものを読者の皆さんに伝えられればいいなと思っているのです。

<目次>

●違う味の組み合わせで、献立を発想する。
●我が家の人気メニュー、伝えたいコツのコツ。
●1つの素材から7種の味の料理を作る。
---なすの7品、じゃがいもの7品
●すぐできるドレッシングで、サラダを献立の主役に。
●オリーブ油とたかのつめとにんにくで万能、ペペロンチーノ。
●野菜だけで立派な1品。素材の味をたっぷり堪能。
●簡単に作れて食べ応え十分。スープは立派なおかず。
●家で食べる麺の楽しみは、自家製つゆにあり。
●季節感あふれる果物を食卓に。道の味わいは、お酒にも合う。

★コラム
●鶏はマリネすれば、日持ちする。
●キッチンも道具も、最少限の装備で。 
●暮らすように旅する。もうひとつの家めし。
●常識だと思い込んでること、実はちょっと違うかも。
●手早く、と手抜きは違う。手をかけるところはかけて。【商品解説】

目次

  • ●違う味の組み合わせで、献立を発想する。
  • ●我が家の人気メニュー、伝えたいコツのコツ。
  • ●1つの素材から7種の味の料理を作る。
  • ---なすの7品、じゃがいもの7品
  • ●すぐできるドレッシングで、サラダを献立の主役に。
  • ●オリーブ油とたかのつめとにんにくで万能、ペペロンチーノ。
  • ●野菜だけで立派な1品。素材の味をたっぷり堪能。
  • ●簡単に作れて食べ応え十分。スープは立派なおかず。
  • ●家で食べる麺の楽しみは、自家製つゆにあり。

著者紹介

佐々木 俊尚

略歴
〈佐々木俊尚〉1961年兵庫県生まれ。早稲田大学政経学部政治学科中退。毎日新聞社などを経て、作家・フリージャーナリスト。著書に「レイヤー化する世界」「「当事者」の時代」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/12/28 23:59

投稿元:ブクログ

今回は完全にレシピ本です。
ちょっとだけ手間をかけてシンプルに。
家で無理なく応用できそうなことが多そう。

2015/08/04 05:40

投稿元:ブクログ

材料と調味料の名称しか書かれていないレシピ本。こさじ1とかカップ3といった表示もない。味の濃さには人それぞれ好みがあり、日々の体調によっても求める味付けはが異なるのだから、そんなことどうでもいいとバッサリ。著者が伝えたいのは料理に対する基本的考え方。何を目的に調理するかということ。献立で最も大切なのは味が重ならないこと。かりっ、くったり、冷たい、熱いのバランス。たとえば、おひたしであれば、シャッキっと感が命。だから、①事前に水に活ける②1株ずつ茹でる③茹でるのは10秒、がレシピとなる。ダイナミックな男料理がたくさん紹介されている。料理の醍醐味を存分に味わわせてもらった。

2014/12/12 23:12

投稿元:ブクログ

続編は面白くないということは相場で決まっている。
しかし、本書にはそれはあたらない。
前作よりも、写真をふんだんに使っているためか、読んでいてもイメージしやすいし、小気味よく読み進めることができる。

わが家は共働きで、小さな子がいるので、冷凍しないで平日の食事をまわすことは難しいが、肉をマリネして保存するなど、ちょっと試してみようと思えることも多数。

メニューから考え始めるのではなく、手元の食材からメニューを考える。前作でも紹介されていたが、ハンバーグが食べたいなぁとついついメニューから考え始めてしまう日が多い。たまにはいいが、こればかりやっていると冷蔵庫が期限切れのものであふれかえってしまう。

醤油味、塩味、甘い、酸っぱい、クリーム味、みそ味、カレー味の大分類。
食感、温度の切り口でメニューのバランスを保つこと。考えてはいるけど、なかなか思うようにはいかないね。
ただ、料理番組を見すぎて細かな手順を気にしすぎる姿勢は、少し治してもらえたと思う。

料理レシピ ランキング

料理レシピのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む