サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

神様の裏の顔
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 80件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/26
  • 出版社: KADOKAWA
  • サイズ:19cm/357p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-102129-3
  • 国内送料無料

紙の本

神様の裏の顔

著者 藤崎 翔 (著)

神様のような清廉潔白な教師、坪井誠造が逝去した。その通夜は悲しみに包まれ、誰もが涙した―と思いきや、年齢も職業も多様な参列者たちが彼を思い返すうち、とんでもない犯罪者であ...

もっと見る

神様の裏の顔

1,620(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

神様のような清廉潔白な教師、坪井誠造が逝去した。その通夜は悲しみに包まれ、誰もが涙した―と思いきや、年齢も職業も多様な参列者たちが彼を思い返すうち、とんでもない犯罪者であった疑惑が持ち上がり…。聖職者か、それとも稀代の犯罪者か―驚愕のラストを誰かと共有したくなる、読後感強烈ミステリ!!第34回横溝正史ミステリ大賞受賞作。【「BOOK」データベースの商品解説】

【横溝正史ミステリ大賞(第34回)】神様のような清廉な教師、坪井誠造が逝去した。その通夜は悲しみで包まれ、誰もが涙した、と思いきや、年齢も職業も多様な参列者たちが彼を思い返すうち、とんでもない犯罪者であった疑惑が持ち上がり…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

藤崎 翔

略歴
〈藤崎翔〉1985年生まれ。茨城県出身。6年間お笑い芸人として活動。「神様の裏の顔」で第34回横溝正史ミステリ大賞を受賞しデビュー。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー80件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

展開はおもしろいが、読後感としては微妙。

2015/08/24 10:11

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

何人もの視点から語られる形式で、死んだ坪井を描き出す。最初はとびきりの善人で優秀な教師、ところがそれが途中から全く正反対のものに変わっていく。正直、偶然のような事件がいくつか重なったからといって、こんなにもあっさり白から黒へ、人の印象が変わってしまうというのは不自然だと思ったが(ご近所さんレベルならともかく、すごく慕っていた教え子や同僚まで立場を一変させる)、葬式というのは死んだ人の事細かなことまでを思い出す、ある意味特殊な場だということを小説的に極端化した結果だと思えばいいかもしれない。
故人に対するその悪いイメージが固まったところで、しかしひとりの青年がその理由をひとつひとつ覆していく…というところまででもミステリとしては成り立つと思うが、更にもうひとつ仕掛けが用意されている。それについては触れないが、驚きはあったし、インパクトのある出来栄えだとは思う。ただし、読後感としてはやや微妙。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

神様の裏の顔

2015/10/02 21:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ジューン - この投稿者のレビュー一覧を見る

ミステリー大賞という通りの二転三転があり気軽るに読め、読後感も軽く。でした。気軽に読むにはうってつけでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/07/16 02:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/07 21:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/24 11:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/04 00:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/17 20:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/29 14:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/19 23:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/29 15:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/23 11:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/21 09:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/14 00:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/30 14:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/29 01:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る