サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

神様の裏の顔
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 76件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/26
  • 出版社: KADOKAWA
  • サイズ:19cm/357p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-102129-3
  • 国内送料無料

紙の本

神様の裏の顔

著者 藤崎 翔 (著)

神様のような清廉潔白な教師、坪井誠造が逝去した。その通夜は悲しみに包まれ、誰もが涙した―と思いきや、年齢も職業も多様な参列者たちが彼を思い返すうち、とんでもない犯罪者であ...

もっと見る

神様の裏の顔

1,620(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

神様のような清廉潔白な教師、坪井誠造が逝去した。その通夜は悲しみに包まれ、誰もが涙した―と思いきや、年齢も職業も多様な参列者たちが彼を思い返すうち、とんでもない犯罪者であった疑惑が持ち上がり…。聖職者か、それとも稀代の犯罪者か―驚愕のラストを誰かと共有したくなる、読後感強烈ミステリ!!第34回横溝正史ミステリ大賞受賞作。【「BOOK」データベースの商品解説】

【横溝正史ミステリ大賞(第34回)】神様のような清廉な教師、坪井誠造が逝去した。その通夜は悲しみで包まれ、誰もが涙した、と思いきや、年齢も職業も多様な参列者たちが彼を思い返すうち、とんでもない犯罪者であった疑惑が持ち上がり…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

藤崎 翔

略歴
〈藤崎翔〉1985年生まれ。茨城県出身。6年間お笑い芸人として活動。「神様の裏の顔」で第34回横溝正史ミステリ大賞を受賞しデビュー。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー76件

みんなの評価3.7

評価内訳

電子書籍

神様の裏の顔

2015/10/02 21:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ジューン - この投稿者のレビュー一覧を見る

ミステリー大賞という通りの二転三転があり気軽るに読め、読後感も軽く。でした。気軽に読むにはうってつけでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

展開はおもしろいが、読後感としては微妙。

2015/08/24 10:11

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

何人もの視点から語られる形式で、死んだ坪井を描き出す。最初はとびきりの善人で優秀な教師、ところがそれが途中から全く正反対のものに変わっていく。正直、偶然のような事件がいくつか重なったからといって、こんなにもあっさり白から黒へ、人の印象が変わってしまうというのは不自然だと思ったが(ご近所さんレベルならともかく、すごく慕っていた教え子や同僚まで立場を一変させる)、葬式というのは死んだ人の事細かなことまでを思い出す、ある意味特殊な場だということを小説的に極端化した結果だと思えばいいかもしれない。
故人に対するその悪いイメージが固まったところで、しかしひとりの青年がその理由をひとつひとつ覆していく…というところまででもミステリとしては成り立つと思うが、更にもうひとつ仕掛けが用意されている。それについては触れないが、驚きはあったし、インパクトのある出来栄えだとは思う。ただし、読後感としてはやや微妙。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/07/16 02:26

投稿元:ブクログ

元中学校の教師の葬式。葬儀屋が見ても、泣いている参列者が多い。思い出話がつづく。
唯一、自分を受け入れない生徒が自殺。徘徊する夫が転落死。元のカレがストカー行為。盗聴器が仕掛けられていたが否定。機材の知識は皆無。

教え子が母校の中学校で飛び降り自殺
アパートの店子の女性、元教え子がストーカー被害
同僚の臨海学校で生徒が事故死 これは事故
元同僚の息子が暴走速、事故で寝たきり
徘徊老人が階段から落ちて死亡
家庭ナイ暴力の息子が公園で頭を殴られる

元教師のものと思われる物が現場で発見。
通夜で殺人鬼だったのでは?
店子の一人が順番に疑いをとく、勘違いもある

全ては、娘の犯行。二重人格の妹の犯行。
母親(女優を目指すのに反対)にはヒ素を使い、4年ががりで殺害
父親もヒ素で殺した。父親は知っていた可能性ある

2015/05/07 21:39

投稿元:ブクログ

第34回横溝正史ミステリ大賞受賞作。

 元教師で定年退職後は子供を支援するNPOに参加し、アパートの大家として破格の値段で部屋を提供するなどしていた坪井誠造が68歳で逝去した。人望は厚く、誰もが神様とたたえるような人格者であり、葬儀に訪れた多くの人が涙を流していたが、葬儀に集まった人々がかすかに抱いていた疑念がより集まった時、彼の思いもよらない裏の顔があぶり出されはじめる。

 結局この物語は3転したんだろうか。彼の元同僚や教え子、娘や店子などが寄り集まってそれぞれが故人に思いを馳せ、ある一人が独り言をつぶやいたことから、次々と謎が連鎖して明かされていくという展開はおもしろい。語り口はのりつっこみもあるような軽いユーモアまじりで読みやすいが、若干安っぽくなってしまっている感じは否めない。持ち上げて落として再び持ち上げて、そして最後のトリックで叩き落とされるのだが…これはまた、やられたと思いつつこんなのアリかという感想が残る。

2017/02/24 11:31

投稿元:ブクログ

第34回横溝正史ミステリ大賞受賞作…なるほど~中学校長を努めた坪井誠造の葬儀。長女の晴美は小学校教諭の道を進んだが暴れん坊の転校生の所為で学級崩壊を経験し,退職。原因となった男児が頭を殴られ一時的に意識不明になったことも影響している。5つ下の妹・友美は女優。晴美の高校の同級生でスーパーの店長をしている斎木直光は中学の文化祭で尾崎豊を歌おうとして阻まれた時に味方になってくれた。反対した柔道部顧問の根岸義法は中学教諭だがロリコンの自覚を持ち,ようやく結婚して出来た息子に柔道と空手を習わせて手が焼けなくなってしまったが,暴走に出掛けるバイクが目と鼻の先で転倒し,家で横になっているだけの赤ん坊に帰ってしまった。香村広子はお隣さんで徘徊老人となっていた夫の介護に疲れていたが,十キロ以上離れた目黒の神社から夫が転落して今は楽だ。鮎川茉希は坪井が務める校長室登校から社会復帰し,盗聴器を仕掛けるストーカーも大家になった坪井のおかげで撃退した。その上の階に住む寺島悠は売れないお笑い芸人だ。先生に関する疑惑が次々に浮上してくる。しかし,千葉に白子海岸が二つあるという話を寺島が始めてから,先生の疑惑は各々の告白によって次第に晴れていき,遂に良い人に戻ってきた。皆が通夜振る舞いから帰り始め,晴美には妹など居ないことが判明する!~読みはじめると先が気になる。思わず拾い読みしちゃったけど,丁寧に読み直して終わって良かった~でも残り30ページあまりの説明が(ちょっと)冗長だね。友美が女優だってのもポイントか!えっこの人,元芸人なんだって!!

2016/12/04 00:56

投稿元:ブクログ

第34回横溝正史大賞受賞。2014年。
作者は芸人らしい。
人格者だった坪井先生のお通夜でのできごと。先生に関わった人たちの視点からの独白が章立てになっている。
盗聴と登頂とか、くすりと笑える。
聖人君子だった坪井先生だが、殺人疑惑、ストーカー疑惑、など7つの罪が疑われる。これが裏の顔か、と思いつつ、すべて白だった。
通夜が終わって、みなが帰宅し、唐突に娘の二重人格。

2015/11/17 20:40

投稿元:ブクログ

横溝正史ミステリ大賞受賞作。
神様のように周り人から慕われていた元教師の通夜の席。
年齢も職業も多様な参列者たちが彼を思い返すうち、様々な疑惑が持ち上がる。
遺族や参列者、それぞれの視点で、元教師について語られて行く。
話の展開は面白いしすっかり騙されたが、それぞれの語り・内容が退屈だった。
(図書館)

2015/04/29 14:18

投稿元:ブクログ

神様のような人格者として慕われた校長の通夜で、故人を慕う参列者から疑惑が持ち上がる。横溝正史ミステリ大賞受賞作。
疑わしき点がいくつかあって、それを先導して煽る人間がいれば一気に結論がそちらへ向かっていくのは怖いなぁと思いつつ、読みやすいミステリーだった。ただ驚きはあんまりなかったかな。
装画:水口理恵子

2015/04/19 23:27

投稿元:ブクログ

神様のような清廉な教師、坪井誠造が逝去した。その通夜は悲しみで包まれ、誰もが涙した――と思いきや、年齢も職業も多様な参列者たちが彼を思い返すうち、とんでもない犯罪者であった疑惑が持ち上がり……。
第34回横溝正史ミステリ大賞受賞作。

2015/04/29 15:15

投稿元:ブクログ

多くの人が集まり、涙する、人格者の通夜。
そこに列席する人たち数人の中から、故人の周りで起こった不可思議な事故が次々に明るみに出てくる。
故人が犯人なのか?故人は人格者ではなかったのか?

ユーモアを交えたストーリー展開、語り手が次々に代わり、そこに秘密が盛り込まれていたりと、ちょっと忙しく読みました。

坪井先生が極悪人にはどうしても思えず、でも、そうなのかな~と思わされ、まんまと騙されました。

結末は、ちょっと意外でしたが、なるほどな、という感じ。
面白かったです。

2016/10/23 11:05

投稿元:ブクログ

教育の神様と言われた元教師のお通夜で、疑惑が膨れ上がる。
果たして故人には裏の顔があったのだろうか…

次々と語り手が入れ替わり、飽きずに読ませる構成。
しかし、オチは反則気味。もう少し伏線があると良かったのか…私が気づかなかっただけか?
叙述ミステリなら、え?そーなの?じゃなくて、あ!そういうことか!と思わせて欲しい。
あと最後の種明かしが冗長かな。もう読者もわかってることの確認で、読むのご少し面倒に感じたかな。

とは言え、デビュー作のようだし、コントっぽい読ませる構成は良い。
他の作品も読んでみたい。

2016/12/21 09:03

投稿元:ブクログ

元教師であった坪井の葬儀に集まった面々。教え子、元同僚、老後経営していたアパートの住人。お互いに坪井の思い出話に花を咲かせるが、坪井の周囲では不審な事件が多く…「誰からも好かれる、とてもいい人が実は」と言う展開は面白いが、それも全て登場人物が思い出を語る形で進んでいくので、第34回横溝正史賞受賞作なんだけど、コメディタッチで読みやすく、楽しめる。しかも、最後の落ちもきちんとしており、とても元芸人さんが書いた作品とは思えなかった。

2014/09/14 00:33

投稿元:ブクログ

いただいた献本を読了。
次々と湧き出る疑惑がどこに向かうのか、
ドキドキしながら読みました。
展開もスピーディーで読みやすい。

ただ、ラストの設定はちょっと厳しいのでは?
普通、もっとおかしいなと怪しむのではないかしら?
それを不思議ちゃんで無理やり突っ切りましたね。
そこだけ難点。

2015/01/30 14:26

投稿元:ブクログ

横溝正史ミステリ大賞受賞作。
元お笑い芸人という経歴はやはり気になるところ。
テンポがあって読み易かった。舞台作品っぽい。

2015/09/29 01:53

投稿元:ブクログ

小学校や中学校の教員を勤め上げた坪井誠三の葬式には驚くほどの人が詰めかけた。誰にきいても“神様のような”良い人だった坪井。娘やアパートの住人、かつての同僚などが死を悼みながら、故人との思い出を振り返っていく。しかし、次第に奇妙な点が浮かび上がってきて……果たして坪井は本当に神様のように良い人だったのだろうか。

序盤で分かりやすくこれとこれが繋がってるんだろっていうのが書いてあって、それを答え合わせしながら読むのがなかなか楽しかった。だから最後のどんでん返しには全く気付かなかった。アンジャッシュのコントみたいな、テンポ良くズレていく感じは爽快。最新作よりデビュー作のこれのほうが面白かった。