サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 芸術・アート
  4. ヨーロッパを知る50の映画 続

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ヨーロッパを知る50の映画 続
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/25
  • 出版社: 国書刊行会
  • サイズ:20cm/365,18p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-336-05784-6
  • 国内送料無料

紙の本

ヨーロッパを知る50の映画 続

著者 狩野 良規 (著)

古代から中世、革命の世紀、そして二度の大戦と冷戦、ベルリンの壁崩壊を経て9・11まで、銀幕に浮かび上がるヨーロッパの歴史とそこに脈打つ魂に思いを致す、大胆不敵な映画評論。...

もっと見る

ヨーロッパを知る50の映画 続

2,592(税込)

ポイント :24pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

古代から中世、革命の世紀、そして二度の大戦と冷戦、ベルリンの壁崩壊を経て9・11まで、銀幕に浮かび上がるヨーロッパの歴史とそこに脈打つ魂に思いを致す、大胆不敵な映画評論。写真を多数収録。【「TRC MARC」の商品解説】

古代から中世、革命の世紀、そして2度の世界大戦と冷戦、ベルリンの壁崩壊を経て9.11まで、銀幕に浮かび上がるヨーロッパの歴史とそこに脈打つ魂に思いを致す、大胆不敵な映画評論。写真多数収録。【商品解説】

目次

  • はじめに
  • 第1章 古代
  •  1 ピエル・パオロ・パゾリーニ『アポロンの地獄』
  •  2 マイケル・カコヤニス『エレクトラ』
  •  3 フェデリコ・フェリーニ『サテリコン』
  •  4 ピエル・パオロ・パゾリーニ『奇跡の丘』
  • 第2章 中世
  •  5 ジャン・ジャック・アノー『薔薇の名前』
  •  6 イングマール・ベルイマン『第七の封印』
  •  7 カール・ドライヤー『裁かるゝジャンヌ』

著者紹介

狩野 良規

略歴
〈狩野良規〉1956年東京都生まれ。青山学院大学国際政治経済学部教授。専攻はイギリスおよびヨーロッパ文学、演劇学、映像論。著書に「シェイクスピア・オン・スクリーン」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/11/28 22:46

投稿元:ブクログ

国・地域別の紹介だった正篇から一転、続篇はヨーロッパ史に沿って古代は『アポロンの地獄』から現代は『ジプシーのとき』『アンダーグラウンド』という顔ぶれが並ぶ。

数少ない鑑賞済み作品の中では、『薔薇の名前』のとても好意的な紹介がうれしかった。それから個人的にとても好きな『若者のすべて』も。

相変わらず元気いっぱいにがしがしと内容を語ってくれる。わたしのように詳しくない者でも読みやすく、楽しい。知らない作品はだいぶ増えた。少々通好みのラインナップかもしれない。しかしライトな映画ファンにも容赦せず著者の歴史観・映画観を突きつけてくれるのはありがたい。

2014/10/16 19:50

投稿元:ブクログ

ヨーロッパはやっぱり歴史!古代から中世、革命の世紀、そして2度の世界大戦と冷戦、ベルリンの壁崩壊を経て9.11まで、銀幕に浮かび上がるヨーロッパの歴史とそこに脈打つ魂に思いを致す、大胆不敵な映画評論。写真多数収録。

洋画 ランキング

洋画のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む