サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

大正の后
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/16
  • 出版社: PHP研究所
  • サイズ:20cm/349p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-569-82080-4
  • 国内送料無料

紙の本

大正の后

著者 植松 三十里 (著)

妻として、母として、昭和と大正の激動を生き抜いた、貞明皇后の生涯。大正天皇を公私にわたって支え続けた皇后の、平和への願いと家族の絆を描く傑作長編。【「BOOK」データベー...

もっと見る

大正の后

1,944(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

妻として、母として、昭和と大正の激動を生き抜いた、貞明皇后の生涯。大正天皇を公私にわたって支え続けた皇后の、平和への願いと家族の絆を描く傑作長編。【「BOOK」データベースの商品解説】

「私は、この戦争が終わるまで、東京から離れません」 大正天皇を公私にわたって支え続け、妻として、母として、昭和と大正の激動を生き抜いた貞明皇后。その平和への願いと家族の絆を描く長編小説。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

植松 三十里

略歴
〈植松三十里〉静岡市出身。東京女子大学史学科卒業。出版社勤務などを経て作家に。2003年「桑港にて」で歴史文学賞、09年「群青」で新田次郎文学賞、「彫残二人」で中山義秀文学賞を受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/06/09 20:42

投稿元:ブクログ

大正天皇の妻、貞明皇后こと、九条節子が主人公。
物語としては、始めから大正天皇が死ぬまでのところに
ページを割きすぎて、昭和以降は駆け足で終わらせた印象がぬぐえない。ただ、最後、日本国憲法について、憲法があるから、日本は戦争はしないだろうと妻の喜久子が言ったのに対して、高松宮が「戦争はしないと思うのが怖いんだ。日本だって戦前アメリカと戦争しないと思っていただろう」と返したのが衝撃だった。今の日本がそんな方向に走っているので余計そう感じる。

2015/06/11 07:46

投稿元:ブクログ

植松みどりは男性を書いたものの方が好きかなあ。王家に関してこれだけ書けるのはまだタイじゃ難しいだろうなあ。

2014/12/12 00:09

投稿元:ブクログ

2014.12.12読了大正天皇の妻、貞明皇后の伝記小説。九条道高の三女節子(さだこ)は、幼い頃、武蔵野の村の里親の元で育てられ、外で元気に遊んでいたため幼少の頃は九条の黒姫様と呼ばれるくらい色が黒く健康だった。後に大正天皇となる東宮嘉仁(よしひと)は健康面に不安があり、そのため妻には健康な女性がいいと節子は望まれて結婚。側室は置かず、四人の男子を成し、初めて一夫一婦制を確立させる。大正天皇はその時代が短く、殆ど意識されることがなく、また、意識されることがあっても先天性の障害があったとか、奇行があったとか芳しいものではなかったが、この作品では病弱であったものの聡明で開明的な姿が描かれており、目からウロコだった。また、明治から昭和にかけての史実が皇室の立場から、また、なかなか垣間見ることができない皇室内部が描かれ大変興味深い一冊だった。

2015/08/05 19:45

投稿元:ブクログ

日本が揺れている今こそ読んでほしい。
大正天皇に嫁いだ皇后目線からの2つの世界大戦を綴った小説。

あの戦争はいかにして始まり、どうして終えられなかったのか。
「戦争など起きないと高をくくっていても、気づいた時には始まっており、そして終えられなくなる。それが戦争の実体だった。」
どんな権力もどんな知力も大きな流れを前にしたら、なんと無力になることか。