サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

消えた名画
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/09/11
  • 出版社: 宝島社
  • サイズ:21cm/111p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8002-3006-5
  • 国内送料無料

紙の本

消えた名画

著者 大友 義博 (監修)

フェルメール「合奏」、レンブラント「ガリラヤの海の嵐」、ゴッホ「ケシの花」…。犯人はなぜ、どのようにして名画を盗んだのか。忽然と消えた名画59点を、盗まれた背景や経緯とと...

もっと見る

消えた名画

1,188(税込)

ポイント :11pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

フェルメール「合奏」、レンブラント「ガリラヤの海の嵐」、ゴッホ「ケシの花」…。犯人はなぜ、どのようにして名画を盗んだのか。忽然と消えた名画59点を、盗まれた背景や経緯とともに紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

美術品の受難の歴史

2015/08/29 17:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:T.H. - この投稿者のレビュー一覧を見る

美術品は大抵金目のものである。だから盗まれる。盗難だけでなく、火災や地震、戦争などによる破壊によって消え去った貴重な美術品がある。現代でもタリバンやISによる世界遺跡の破壊など、美術品の受難は絶えることがない。美術品はか弱い美女のような存在だ。消えた名画のリストを見るとため息が出る。幸い元の美術館に戻ることができたらやれやれである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/12/20 23:03

投稿元:ブクログ

フェルメールのファンなのと、「ムンクを追え!」 (エドワード・ドルニック /著、 河野 純治/翻訳)を読んだことがあるので、
表紙にもある、「合奏」と1994年の「叫び」の盗難事件は知っていましたが、
他にも70作品以上の絵画が盗まれていて、その中の半分以上は行方がわからなくなったまま、という事実を知り胸が痛くなりました。
本の内容としては、あくまでも盗難(及び返還)の事実を記してあるだけなのですが、
数十年前の技術で撮られた写真でしか見ることのできない作品もあり、掲載されている色あせた写真を見るだけでも胸が痛くなります。
名画は時に数十億の価値を生み出すものですが、資産としての価値の前にひとつの作品として、
その絵が出来上がるまでの画家の思いや、積み重ねた技術力などを思えば、とてもではありませんが無碍に扱うことなど許されない行為です。ましてや、元の持ち主から盗むだなんて言語道断。
盗難事件が風化されないためにも、こういう本の存在は大きいと思います。

2017/02/10 15:05

投稿元:ブクログ

盗まれ、未だ行方不明の名画と、戻ってきた名画59点に関して。かなり荒っぽい手口で破損も酷かったと知ると、すごく残念な気持ちに。ここ数年の事件もあり、いつあの名画が消えてしまうか分からないと考えたら、美術館に足を運びたくなりました。

2015/01/27 12:34

投稿元:ブクログ

近代においても絵画の盗難が簡単に行われ、なおかつ美術館の手落ちが案外多いということに驚いた。

燃やされたと思われる美術品が悲しい。
価値が理解できない人間は触るべきではないよ。悲しい。

1990年3月にイザベラ・スチュワート・ガードナー美術館から盗まれたマネの「トリトニ亭にて」は、ぜひとも見つかって欲しい。
どうか一度でいいから実物を愛でてみたい。

西洋画 ランキング

西洋画のランキングをご紹介します一覧を見る