サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. 五日市憲法草案をつくった男・千葉卓三郎

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

五日市憲法草案をつくった男・千葉卓三郎(くもんの児童文学)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発売日:2014/09/02
  • 出版社: くもん出版
  • レーベル: くもんの児童文学
  • サイズ:21cm/189p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-7743-2246-9
  • 国内送料無料

紙の本

五日市憲法草案をつくった男・千葉卓三郎

著者 伊藤 始 (著),杉田 秀子 (著),望月 武人 (著)

明治時代の初め、五日市の青年たちが議論を重ねてつくりあげた独自の憲法草案「五日市憲法草案」。中心となった千葉卓三郎の生涯をはじめ、新しい日本に向けての真摯な願い、草案づく...

もっと見る

五日市憲法草案をつくった男・千葉卓三郎

1,512(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

明治時代の初め、五日市の青年たちが議論を重ねてつくりあげた独自の憲法草案「五日市憲法草案」。中心となった千葉卓三郎の生涯をはじめ、新しい日本に向けての真摯な願い、草案づくりに注いだ人々の情熱などを描く。【「TRC MARC」の商品解説】

目次

  • 1 土蔵が開けられる
    • 深沢家の土蔵
    • 土蔵の二階は宝の山
    • 千葉卓三郎とは、だれ?
    • 新井さんの卒業論文
  • 2 放浪の人・千葉卓三郎
    • おいたち
    • 新しい旅立ち
  • 3 卓三郎、五日市へ
    • 山里の暮らし

著者紹介

伊藤 始

略歴
〈伊藤始〉1925〜2014年。愛媛県生まれ。約40年間教員を務める。元日本子どもの本研究会副会長。
〈杉田秀子〉1939年福島県生まれ。東京都の稲城市・立川市の小学校教諭を勤める。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

民間で憲法草案が考えられた時代。

2017/05/24 16:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

奥多摩の民家の土蔵から見つかった「憲法草案」。どのようにして、誰が、これを作ったのか。

資料を発見した経緯や、作成者のおいたちなどを描いた伝記のような物語である。
児童文学として出版されているせいか、草案の内容検討などはそれほど細かくはない。それでも資料そのものの写真や本文の一部も掲載されていて、なかなか面白い。(草案の最初のページの写真には皇位継承の部分なども少し載っていたりする。)

心理描写などには少し想像過多な感じがする部分もあるように思えるが、西洋の考え方が広まりはじめた時代の人たちの様子を感じさせる。討論などしたこともない村民たちの作った勉強会での議題や発言などは、今の「学級討論」のような雰囲気もあり「始まりとはこんなもの」と想像が膨らむ。

大日本帝国憲法制定の少し前なので「日本帝国憲法」であるわけだが、日本国憲法に非常に似た条項があるというのはある意味、嬉しい驚きでもあった。本書を読んだ限りでも、おそらく日本全国でこの五日市憲法のような物が考えられていたのではないだろうかと想像できる。現在憲法改正が議論になっているが、憲法とはどのようなものであるのか、彼らのように私たちも真剣に考えなくてはいけないのでは、と感じさせるものでもあった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

伝記・自伝 ランキング

伝記・自伝のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む