サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

黄泉坂の娘たち
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/30
  • 出版社: KADOKAWA
  • サイズ:19cm/254p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-101995-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

黄泉坂の娘たち

著者 仁木 英之 (著)

今西彩葉が暮らす「入日村」に、やよいという美しい少女が現れた。やよいは彩葉に代わって村の長となり、黄泉坂にとどまるマヨイダマ―現世に未練を残して彷徨う魂たち―を一掃し、坂...

もっと見る

黄泉坂の娘たち

1,404(税込)

黄泉坂の娘たち

1,404 (税込)

黄泉坂の娘たち

ポイント :13pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

今西彩葉が暮らす「入日村」に、やよいという美しい少女が現れた。やよいは彩葉に代わって村の長となり、黄泉坂にとどまるマヨイダマ―現世に未練を残して彷徨う魂たち―を一掃し、坂を完全に清らかなものにする、と宣言。しかし彩葉は、その強引なやり方に賛同することができなくて…。はたして、黄泉坂を守る二人の少女が、迷いながら導き出した結論とは?【「BOOK」データベースの商品解説】

あの世とこの世の狭間を漂う「入日村」に、村長候補の少女・やよいがやってきた。村の妖たちと共に迷える魂を導く仕事をする彩葉は彼女の存在に心乱され…。黄泉坂シリーズ第2弾。『小説屋sari‐sari』連載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

激殴戦士シバイター 21−59
残念さん 61−100
妻恋 101−133

著者紹介

仁木 英之

略歴
〈仁木英之〉1973年大阪府生まれ。信州大学人文学部に入学後、北京に留学。「夕陽の梨」で歴史群像大賞最優秀賞、「僕僕先生」で日本ファンタジーノベル大賞を受賞。ほかの著書に「黄泉坂案内人」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)

2015/12/03 22:05

投稿元:ブクログ

仁木さんの僕僕先生シリーズだけが好きだって言いたくなる~速人は車デューセンバーグと一体化し,大国を追い出した彩葉は村長代理を務めていたが,やよいという村長が川向こうから送り込まれてきた。両親を失った女性は建築会社で営業をやっていて,契約先の担当者と男女の仲になったが,彼女は自分の勤め先が不正を働いているのが許せない。死んだ父が特撮物のヒーローとして応援に来てくれて,男が自分を利用しようとしていることを知り,父は川向こうに旅立った。大坂方についた木村長門守重成は,剣道で勝てない相手に運動会の騎馬戦で勝ちたいと願う小学生の願いを叶えさせるため,自分の首を探させた。重成を狙う山口伊豆守重信の相手をしてやり,運動会で応援をし,重成も川を渡った。村長になったやよいは,彩葉との間で選挙をやると言い始める。妖らはやよいの味方らしいが,効率よ川を渡す方法を考えているようで,じっくり話を聞いて川向こうに渡そうという綾葉とは路線が違う。看病に疲れた妻と共に向こうに行きたい老人は,心中を謀って死にきれずにいる妻を待っているが,妻は生きる道を選ぶ。僅差で選挙に勝利したやよいは,海津波で亡くなった人が大挙して押し寄せる前に方策を練り,彩葉はそれ以外の担当にされる。先代の玉置さんは,手伝いをさせるためにうつしよから,べとべとさんを連れてこいと言うが,実際に連れてくると,彩葉の方が離れられなくなり,こどもと一緒にいたい,餓死した女に乗っ取られてしまう。先代の鏡で,子らと一体になってあやかしになった女は嬉しそうだ。デューセンバーグには何者かが取り憑いている。東吉野で林業を営んでいた男だろうか。勝手に走り出した車は故郷のあったダムの底を見せ,年寄りが黙々と樹を植え続ける場面を見せ,山を丸裸にしたせいで,山津波が起き,妻も娘も失った男が黙々と樹を植えている処で,娘が父に声を掛けているのだった。虚ろの町に迷える魂が屯している。やよいは体育館のような建物で皆で一体となって妖になる施設を作った。速人も娘に会いに行ってこのままで良いから,定着する道を選ぼうとするが,川の向こうに行ってしまった,戻ってくると約束をした両親を入日村で待とうという少女を河原まで連れて行くと,邪魔をする鬼が現れたが,少女には両親にしか見えず,3人で向こうへ旅立った。戻ると彩葉がかぐつちで,絆の館を打ち壊していた。やよいは津波で消え去った町の出身だったのだ~このイラストレーターが嫌いなのかも知れないけど! 死者が長い坂を登って,川に辿り着くって設定が腑に落ちないのだよね。死んだ人間は,ころころ転がり落ちていけばいいので,現世に未練がある者はしっかりしがみついて,必死?で坂を遡って行くのが良くない?

2015/04/10 15:29

投稿元:ブクログ

黄泉坂シリーズ第2弾。登場人物に余り魅力を感じない上にストーリーも起伏に乏しく、どうにも話に入り込めませんでした。

2015/01/22 22:33

投稿元:ブクログ

あの世とこの世の境にある村、入日村。
黄泉坂を上って川を渡れない魂を救う村の住人達。
シリーズの2作品目です。

前の話の詳細を覚えていないところがあって、村の人間関係に?と思うとこもありましたが、全体にいいお話です。

哀しい魂のお話だったり、ハヤくんの娘と会うとこだったり。人間の生と死、誰かを想う気持ちににほろり。

ハヤくんがどうなるのか、まだまだ次の作品が読みたいな、と思う1冊。

2014/10/04 17:17

投稿元:ブクログ

『黄泉坂案内人』(2011年)の第2弾…。
あの世とこの世の狭間を漂ぅ、入日村の黄泉坂で、
迷える魂を、遠つ川の向こう(あの世)へと渡すため、
相棒の八咫鴉とデューセンバーグ(タクシー)と共に、
黄泉坂案内人の彩葉が奮闘するファンタジー短編集…。

主人公は、
前作の主人公の、タクシー運転手の速人(人間)から、
黄泉坂案内人の彩葉へと、変更されておりましたが…、
速人も、意外な形で、作中では、フルに登場しており、
前作のよさげな部分は、そのまま維持されていました。

迷える魂の、その迷ぃを解き放つといぅことは…、
それなりに、深イイお話になるところなんでそぅが…、
そこは短編なだけに、彩葉のキャラクターも相まって、
あっさりとしていますが…、その奥深くにあるモノは、
読者のお好みのままに、想像してもらえばいぃのかな?

でも…、
本作での、新しぃカウンターパートの‘やよい’は、
結局、最後まで、作中での役割を掴みきれなかった。
まぁ、最後は、元鞘に収まったといぅ感じなので…、
次作以降では、もぅ少ししっくりしてくるでそぅ…。

評価は…、
少し甘めですが、基本、お好きなジャンルなので…。

2015/07/09 17:38

投稿元:ブクログ

うつし世とあの世の間にある黄泉坂。
未練をのこしたまま亡くなったマヨイダマをあの世へおくりだすために奮闘する人や妖のはなし。

解りにくくて全然話に入っていけず。

2015/07/04 21:27

投稿元:ブクログ

今西彩葉が暮らす「入日村」に、やよいという美しい少女が現れた。やよいは彩葉に代わって村の長となり、黄泉坂にとどまるマヨイダマ―現世に未練を残して彷徨う魂たち―を一掃し、坂を完全に清らかなものにする、と宣言。しかし彩葉は、その強引なやり方に賛同することができなくて…。はたして、黄泉坂を守る二人の少女が、迷いながら導き出した結論とは?

2015/09/22 18:42

投稿元:ブクログ

生きるって、そして死ぬって、なんだか
とても切ない。
死んでしまったのに、心残りが強すぎて
あの世へ行けない悲しい「マヨイダマ」
そんなマヨイダマを救いたい思いは同じ
なのに、違う道を主張する彩葉とやよい。
それから、仲間の妖たち。

マヨイダマたちの心残りが、深い愛情から
だったりもするのが切ない。
それでも、死んでしまった以上、どこかで
区切りをつけないといけなくて。

今回、彼らが出した答えは、絶対のものでは
ないのかもしれない。
でも、とても救われる気がする。

2014/11/22 23:23

投稿元:ブクログ

生と死を扱う割りにはノリが軽いライトファンタジィ。

未練があり成仏できない魂を成仏へ導く少女。

作者が大阪出身のためか、主要な登場人物が関西弁を使うせいでノリが軽く感じられる。

前作の黄泉坂案内人を読まずに手に取ってしまったのは失態だ…

2014/11/01 21:29

投稿元:ブクログ

前作必読。
前作を知らなかったため、始めから置いてかれた。途中途中でも、これは前作を読んでいればわかるものなのか、それとも彼らが秘めていることとして思いやるものなのかがわからないところが続出。
ここまで前作に頼るなら、黄泉坂シリーズ2と、はっきり書いておいて欲しいところ。どこにも書いてなかった。(図書館本なので帯はなかった)
お話も飛ぶので、1ページ飛ばした?と、読み返すことしばしば。探してたはずの人が、いきなり普通に会話に参加してたり…それは、不思議世界だからという枠内におさまるレベルでなく、その度に、お話の世界から引き戻され楽しめなかった。