サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上3%OFFクーポン(~1/19)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 11月のジュリエット

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

11月のジュリエット
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/01
  • 出版社: KADOKAWA
  • サイズ:19cm/331p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-101460-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

11月のジュリエット

著者 乾 ルカ (著)

高校2年の優香は乗り込んだ飛行機で、謎のガスにより乗客が大量死する事件に巻き込まれる。生き残ったのはわずか5人。地獄と化した機内に現れた4人の美青年たちは「NJ」という研...

もっと見る

11月のジュリエット

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

11月のジュリエット

1,728(税込)

11月のジュリエット

ポイント :16pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント!

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月13日(金)~2017年1月19日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

高校2年の優香は乗り込んだ飛行機で、謎のガスにより乗客が大量死する事件に巻き込まれる。生き残ったのはわずか5人。地獄と化した機内に現れた4人の美青年たちは「NJ」という研究のデータを奪うため、秘密に触れた優香たちをも葬り去ろうとする。4人と対峙するうち、生きることに無気力だった優香は変わり始めるが―。閉ざされた飛行機で、凍えるアラスカの地で、少女は“生”を見つめ直す。名もなき花が導く、美しきサバイバル・ロマン。【「BOOK」データベースの商品解説】

高校2年の優香は、飛行機で乗客が突然苦しみ出し、次々と死亡する事件に遭遇する。機内に降り立つ謎の美青年たち。彼らの背負う哀しい使命と名もなき花に秘められた真実とは? 『小説屋sari‐sari』連載を加筆修正。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

乾 ルカ

略歴
〈乾ルカ〉1970年北海道生まれ。2006年「夏光」でオール讀物新人賞を受賞しデビュー。他の著書に「あの日にかえりたい」「メグル」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/11/08 19:19

投稿元:ブクログ

国際線の飛行機の中で、突然起こった凄惨なテロ。
生き残った4人と、殺戮者4人。

ノンストップアクション映画を観てるような感覚で止められず夜更かし一気読み。
むごい場面が続くが、徐々に感覚が麻痺してきた感じで
多分再読すればまた違った感覚がありそう。
殺戮者側の迷いや嘆きがも少し欲しかったな。

それにしても乾さんは幅広いなー。
次はどんな作品を描くのか楽しみ。

【図書館・初読・11/8読了】

2014/11/06 23:01

投稿元:ブクログ

飛行機内で突如引き起こされる、とんでもない惨劇。生き残ったわずか数名と、その事態を引き起こした謎の人物たちの攻防を描くSFサスペンス。先の展開が読めずにとにかくハラハラドキドキの一気読み。そして生きることへの執念を重く感じさせられた一作でした。
かなり凄惨で、残酷な面が多い作品だったけど。読み終わった印象としては美しく儚い物語でもある気がしました。不確定の未来はどうなるのかわからないけれど、それでも今を生きることの重要性も説かれている気がします。生きることの意味だなんて、そんなに必要があるものじゃないのかも。

2015/02/15 11:06

投稿元:ブクログ

息を呑んでずっと目を奪われてしまうような
超美形4人のイケメンが出てくる
大雑把に言うと、腐女子妄想全開な感じの小説。

小説というより、女子向けのノベルゲームの
テキストを読んでる感覚。

ちょっと合いませんでした。

2014/10/07 17:34

投稿元:ブクログ

小説の冒頭とラストで、ずいぶん登場人物の印象が変わる。
特に冒頭のシーンは、最初はなんだか軽薄な印象すらあった。しかし、読み終わってもう一度読むと、ずいぶんたくさんの伏線があったことに気づく。
途中までは、美形の4人の存在がとても不愉快だった。あまりに完璧すぎるとムカつくんだな(笑)
そして気がつく。これはあれだ。あの有名な映画と同じだと。未来から来た最強の殺戮者。
その構造が見えてからは、美形の4人にも感情移入して読むことができたし、終盤の息詰まるような戦いもある種の哀しさを覚えて読むことができた。
花は、自分の生きる価値など考えない。そのことは、侮蔑されることじゃないのだ。人の生きる意味、命の価値は、他人が決めることではなく、自分で見出していくものだ。
白山の、つらい過去に裏打ちされた尽きることのない前向きさが胸に刺さった。
憎まれる覚悟を決めること。それもまた償いの形なのだ。
それにしても、タイムスリップ物は最後のピースがハマった時の快感がたまらないね。

2015/03/03 22:00

投稿元:ブクログ

うん、表紙ライトノベル系だったわりに
虐殺系でした・・・・。
美形キャラ4人~っと思って読み始めたら
いきなりの躊躇なき殺しっぷりに引いた。
その引きっぷりが殆ど最後まで。
いや、それ以上の地獄を見た、とか、
規模の問題じゃねーだろっ。
同じ地獄つくってんじゃねーよ!とつっこみを入れてしまった・・・・。
なんかみんなの死にざまがあまりにひどすぎて・・・・・。
姉とのエピソードだとか、いい話いろいろあるんだけどなあ、ちょっと痛すぎて、気持ち悪い読み感でした。

2014/12/29 21:05

投稿元:ブクログ

生きることに悩む女子高生が修学旅行で遭遇したハイジャック。
犯人である4人の美青年によって4人が生き残り、サバイバルがはじまる。
実は美青年達はふるさとを救うために未来から使命を帯びて来た者たちだった。

のめりこんで読めなかった…。

2014/11/24 22:03

投稿元:ブクログ

元々乾ルカの作品は神がかっているが、本作品は未来からやってきた、なんて突拍子もない作品だ。福島の原発事故を暗に責めているということか?

2014/12/22 11:29

投稿元:ブクログ

作者らしくない気取った感じの出だしでしたが、女子高生の主人公が登場して飛行機の機中に場面にかわってからは、スプラッタが炸裂、最近は、素直な傾向の作品が続いていただけに、作者の欲求不満の解消作の趣ありと感じました。登場人物のキャラクタが際立っているだけに、ストーリーをまとめるのが難しかったのかなあという印象です。細かいことは気にせずに、どんどんエスカレートしていく戦いの描写を楽しませていただきました。今作の傾向のものも描き続けて欲しいと思います。

2014/12/14 13:07

投稿元:ブクログ

今月はやっと10冊。。。
運命を変えようと過去の世界へやってきてたが。。。
絶望の目摘む為に関係ない人物たちを皆殺しにしても構わないなんてあんたらの方が非情なんじゃないのかと説教したくなる(笑)

2014/11/12 16:09

投稿元:ブクログ

ラノベっぽい表紙だし、美青年テロリスト出てくるしで、エンターテイメント小説をイメージしてたのだけど、帯に書いてあるように"生"を見つめ直すのがテーマで、壮絶な状況を経て迎えるラストは余韻が残る。

ただし総合的にはあまり印象の残らないストーリー。
ミステリ要素やSF要素もあるけど、おまけみたいな感じ。
テロリスト達は美青年なだけで、共感できる部分がなかったので残念。
知的にふるまってる割に結局やり方がスマートでない。すでに彼らは狂ってたのかもしれないけどね。

2015/01/13 19:39

投稿元:ブクログ

機内で乗客たちを突然襲った凄まじい惨劇。そこから生き残った四人が犯人に対して何とか対抗しようとする様子。そして、生きる価値、生きている意味なんて関係ない、ただ生きていたい、死にたくないという本能の強さ。そんな迫力に満ちた作品で、一気に読みました。
ただ、突っ込みどころは満載。兵器の爆破処理の場所はイスキアしかなかったって…。北極圏の小島やったら周りは海やん?タイムリープも都合良すぎ、まだタイムトラベルの研究をしてたとかいう方が納得できる。何より、イウチを殺すのになぜ乗客全員を巻き添えに?イウチを苦しめたいのなら目の前で婚約者や身内をこの方法で殺すべきでしょう。あと、四人の生き残りを殺す必要もないですね。さっさとデータを破棄して自分達は姿を消せばいい。ハイジャック犯(そういえば彼らはどうやってパスポートを手に入れたの?)を超絶美形にしたことといい、彼らの側の設定がふわふわしすぎているようで残念でした。