サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

CAドラゴン(中公文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/08/20
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公文庫
  • サイズ:16cm/274p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-205992-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

CAドラゴン (中公文庫 CAドラゴン)

著者 安東 能明 (著)

警察庁と極秘に契約を結ぶエージェント・矢島達司。かつて、中国残留日本人孤児の二世や三世がひきいる暴走族グループ・怒羅権の頭として暴れ回っていた最強の男が、信義のために巨悪...

もっと見る

CAドラゴン (中公文庫 CAドラゴン)

670(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

CAドラゴン

486(税込)

CAドラゴン

ポイント :4pt / 紙の本より184おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

警察庁と極秘に契約を結ぶエージェント・矢島達司。かつて、中国残留日本人孤児の二世や三世がひきいる暴走族グループ・怒羅権の頭として暴れ回っていた最強の男が、信義のために巨悪に立ち向かう。書き下ろし長篇ハード・アクションシリーズ第一弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

警察庁と極秘に契約を結ぶエージェント・矢島達司。かつて、中国残留日本人孤児の二世や三世がひきいる暴走族グループ・怒羅権の頭として暴れ回っていた最強の男が、信義のために巨悪に立ち向かう。CAドラゴン三部作第一弾。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)

2015/03/06 17:38

投稿元:ブクログ

CAドラゴンシリーズ、1作目。問題がきちんと解決せずに終わっているところを見ると、どうも3部作完結だったらしい。

ハード・アクションもの。なので、格闘シーンが細かくて多いのは分かるのだけれど、、、正直、描写の仕方が下手。文章が簡潔でスイスイ読みやすそうなのに、何故か読みにくい。詳細に描写されている割には、不思議と人物の身体の動きがイメージしづらいのだ。私自身、格闘系に詳しいわけではないけれど、今野敏さんとか矢月秀作さんの作品ではそれでも十分楽しめるんだけどな、、、。そもそも冒頭からして、文章が変。主人公にいちゃもんをつけてくる三人組の登場シーンで、三人とも頭からすっぽりとフードを被っているという設定のはずなのに、どうして彼らの髪型がアフロだったりスキンヘッドだと分かるの?単なる推敲ミス?う~ん、ほかの作品も読んだことのある著者だけど、こんなに文章下手だったかなぁ、、、。ストーリーが中途半端に終わっているので、続編が気になるところだが、正直、期待感はあまりない。

2015/11/05 22:01

投稿元:ブクログ

・・・( ̄  ̄;) うーん
比較しては申し訳ないんだけど
これまでずっと読んできた
他の作家さんのと比べて
しっかり読もう・・・というのが
無かったんですよねぇ。。。
(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

なので、☆3つで

2014/11/02 08:26

投稿元:ブクログ

警察庁と極秘に契約を結ぶエージェント・矢島達司。かつて、中国残留日本人孤児の二世や三世がひきいる暴走族グループ・怒羅権の頭として暴れ回っていた最強の男が、信義のために巨悪に立ち向かう。書き下ろし長篇ハード・アクションシリーズ第一弾。

「出署せず」などの短編集がよかったので、読んでみたが、悲しいぐらい薄味。「もぐら」あたりを狙っているのかもしれないが・・・。