サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. 天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある。 図解版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある。 図解版
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/02
  • 出版社: 扶桑社
  • サイズ:26cm/95p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-594-07107-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある。 図解版

著者 山口 真由 (著)

面倒な書き込み、音読、復習は不要! 7回サラサラと読むだけで本の内容が理解できる「7回読み」の方法を、3ステップにわけ、イラストやグラフを用いて詳しく紹介します。【「TR...

もっと見る

天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある。 図解版

994(税込)

図解版 天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある。

810 (税込)

図解版 天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある。

ポイント :7pt / 紙の本より184おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

面倒な書き込み、音読、復習は不要! 7回サラサラと読むだけで本の内容が理解できる「7回読み」の方法を、3ステップにわけ、イラストやグラフを用いて詳しく紹介します。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.2

評価内訳

紙の本

方法論の一つと思います。

2014/09/28 22:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:通りすがりの建築構造屋 - この投稿者のレビュー一覧を見る

7回読みの方法などについて、図解で説明したものが本書です。
世の中には速読術など、本の読み方や勉強方法について論じた本がたくさんありますが
本書もそのようなものの一つとみて良いでしょう。
これまでの本との違いは、一度に内容を理解しようとしないところ、6回目以降は自分の頭を使うところです。
具体的には中を読んでみるとわかるかと思いますので、ここでは述べませんが、ただ本を読むだけでなく、演習をしながら読み進めるタイプなので、より具体的に「できそう」と思える一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/03/07 13:54

投稿元:ブクログ

7回読みの具体的方法、新聞の読み方、努力するための心得や、メソッド、著者である山口流のテクニックや考え方が平明に記されており、このように成功しているパターンもあるという参考になる。
もっとも、それが唯一のやり方ではないと感じるし、5年、10年先のビジョンの軽視や外・世俗に価値観をおいているような方法論は、個人的には取り組む気になれなかった。ん~、「東大首席」「財務省」「弁護士」といったブランドが逆に鼻につき、人物としての大きさが見えずに反発したのかも。
15-50

2014/10/15 02:39

投稿元:ブクログ

やる気が出た。
手帳やスケジュール管理は無意味に超共感!
大体そんなんが好きな人はスケジュールを作ることが好きなだけで、大した仕事してない希ガス。

2016/05/03 09:03

投稿元:ブクログ

著者の勉強の仕方が誰にでもできることなのか分からないが、公開してくれたことは良かった。新聞の読み方が参考になった。新聞のざっと読みに磨きがかかった気がする。

2015/12/13 20:20

投稿元:ブクログ

著者が正直すぎるよなあ。しょっぱなから1日19時間半勉強した話があって、んで努力家なのは昔からだみたいな話があって、そんなこと出来る人は、タイトルにあるように「天才」なのよ。
だから身構えて読んでしまう。「こ、これは、シュリーマンの語学学習本みたいなもんなのでは……」と。

まあ中身はとてもまっとうなんだけどね。
でも前述の話と、あと同時期に「ヤル気の科学」というかなりの良書かつ内容の重なる本を読んでしまったんで、本書の薄さが目に付いてしまった。

でも「目標をパソコンのパスワードにする」という話はけっこう好き。

2015/08/06 18:20

投稿元:ブクログ

「努力が報われるか」という問いかけよりも,「限界まで努力しているか」という問いかけのほうが,私自身には価値があると思う。
冒頭に書かれているこの文章に,筆者の考えが凝縮されている。「7回読み」,目新しいわけではないけれど,そこまで自分は物事を徹底してきたかな?と考えさせられた。

2014/11/03 15:38

投稿元:ブクログ

最近モティベーションが低下傾向にあるので、努力を続ける
「なるほど」と思われるヒントを期待したが、ほとんど1度は考えたことがあるようなことだった。
「よし、僕も是非、これをやってみよう」というものがなかった。
たしかEテレの「テストの花道」で「7回読み勉強法」を本人が説明しているのを観て興味をもったが、それなら、『東大首席弁護士が教える超速「7回読み」勉強法』を読んだ方が良かったかもしれない。
200ページを1時間20分で読む、という(自分にとっては)速読の練習になった。

2015/02/17 00:26

投稿元:ブクログ

人間は無理できない、ということを大前提にした上で「努力し続けるにはどうすべきか」を解説した本。

具体的に書いてあるので、すごく実践に即した内容だったと思う!

特にいいなと思ったのが以下のルール。


・教本は選び抜いた一冊だけで、それを一回精読するよりも、7回素通しで読む
(読書は理解するよりページをめくるのが重要)

・朝食は早めに、昼食は遅めにして、食事の時間で1日を3分割する

・スケジュール管理には外圧をうまく取り入れる

・自分との戦いよりもライバルとの戦いを。「周りの人より頑張ろう」

2016/01/15 06:20

投稿元:ブクログ

有用な自己啓発本として各所で紹介されていたのと、タイトルにつられたってのもあって読んでみた。努力を続ける人が天才なら、俺にも一縷の望みがあるかもなぁ…絶対ないけどね。

残念だけど、これタイトルと中身は別モノやわ。書籍や資料の精読方法について書かれた部分が大半であり、後はスキルアップや生活の質向上に関するメソッド各種が紹介されているだけ。

メインの七度読みは俺には向いていない。新聞の読み方も長年読んできた人には当たり前のこと。その他メソッド部分にはいくつか有用な情報があったが、知っている人は知っているだろうライフハックもどきが大半。

役に立たない本ではないが、こういうことをやる人=天才ではないと思う。まして天才の方法論ではない。もうちょっとタイトルは正直につけて欲しいと思う。

人生訓 ランキング

人生訓のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む