サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 屋上と、犬と、ぼくたちと

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

屋上と、犬と、ぼくたちと

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/17
  • 出版社: 光文社
  • サイズ:19cm/357p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-92970-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

屋上と、犬と、ぼくたちと

著者 若月 香 (著)

ガソリンスタンドでバイトをしている野村修司は、アパートの新聞受けに謎のメモがはさまれていることに気付く。はじめは意味のわからない内容だったが、翌週以降も届くメモを見ると、...

もっと見る

屋上と、犬と、ぼくたちと

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

屋上と、犬と、ぼくたちと

1,296(税込)

屋上と、犬と、ぼくたちと

ポイント :12pt / 紙の本より432おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ガソリンスタンドでバイトをしている野村修司は、アパートの新聞受けに謎のメモがはさまれていることに気付く。はじめは意味のわからない内容だったが、翌週以降も届くメモを見ると、それは小学校時代に起きた不幸な出来事を指しているようだ。仲間と拾った子犬を内緒で飼っていた秋葉ビルの『屋上の屋上』から、台風の日に仲間の一人、オッタが転落して亡くなったのだ。バイト先のミステリー好きの店長にメモを見せると、オッタの死に不審を抱き、メモの主を突き止めようと言い出すのだが―。懐かしくてほろ苦い、小さなメモが巻き起こす“友達の死”を巡る追憶のミステリー。島田荘司選第6回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞優秀作受賞作。【「BOOK」データベースの商品解説】

【ばらのまち福山ミステリー文学新人賞優秀作(第6回)】ある日突然届いた小さなメモは、小学校時代の不幸な出来事にまつわるものだった。拾った子犬を内緒で飼っていたビルの「屋上の屋上」から、台風の日に仲間の一人が転落して亡くなったのだ…。“友達の死”を巡るミステリー。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

若月 香

略歴
〈若月香〉広島県生まれ。著書に「ずっと、ずっと、あなたのそばに」がある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/08/10 13:12

投稿元:ブクログ

小4のとき、駅前ビルの屋上が少年少女たちの遊び場だった。
捨て犬をビルの屋上でこっそりと飼って、
みんなで世話する日々のなか、台風の日に仲間の一人であるオッタが屋上から転落して死んだ。

あれから10年経って、専門生のノムの家に届くようになった謎のメモ。

初恋の西野への思い。当時はわからなかった人間関係。
バイト先の店長と一緒になって、あの事件の真相に迫る。

メモの正体は西野さん。
幼少期に誘拐されたことがある店長の犯人と
金ちゃんに突き落とされたオッタを見殺しにした人物は
屋上に出入りしていた「管理人」で同一人物。

最後の選考者の解説がしっくりくる。
若者らしいユーモアありの言葉遣いは非常にテンポがよい。
だけども店長ぐいぐい出てきたり背景の描写がわかりづらく犬のゴンの存在薄い!

物語を作るっていうのは大変なんだなあと、しみじみ)^o^(

2014/10/21 14:21

投稿元:ブクログ

一気読み
引き込まれて気になって、ただ!!
ゴンがどうなったのか、書いてほしかった…
悪い想像してしまうし、その結果で印象がかわっちゃうよ…