サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 日本経済のシナリオ 最強経済ブレーンがついに明かす!

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

日本経済のシナリオ 最強経済ブレーンがついに明かす!
日本経済のシナリオ 最強経済ブレーンがついに明かす! 日本経済のシナリオ 最強経済ブレーンがついに明かす!
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/09/26
  • 出版社: KADOKAWA
  • サイズ:19cm/223p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-600592-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

日本経済のシナリオ 最強経済ブレーンがついに明かす!

著者 竹中 平蔵 (著),高橋 洋一 (著)

エコノミストの予測や、マスコミの報道が語ろうとしない「日本経済の真実」とは? 日本経済の舞台裏で数多くの「台本」を書いてきた竹中平蔵と高橋洋一が、消費増税、成長戦略、年金...

もっと見る

日本経済のシナリオ 最強経済ブレーンがついに明かす!

1,512(税込)

日本経済のシナリオ

1,512(税込)

日本経済のシナリオ

ポイント :14pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

エコノミストの予測や、マスコミの報道が語ろうとしない「日本経済の真実」とは? 日本経済の舞台裏で数多くの「台本」を書いてきた竹中平蔵と高橋洋一が、消費増税、成長戦略、年金問題などについて語り合う。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

竹中 平蔵

略歴
〈竹中平蔵〉1951年和歌山県生まれ。慶應義塾大学総合政策学部教授。博士(経済学)。
〈高橋洋一〉1955年東京都生まれ。大阪市特別顧問。株式会社政策工房代表取締役会長。博士(政策研究)。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/11/01 02:12

投稿元:ブクログ

役人は自分に都合の悪い人物を排除するときにもマスコミを利用する。
経済学は見通せる未来を見渡しながら進める学問。
東京都は25兆円の資産を持っている。これは並みの省庁よりはるかに多い。
昔は大蔵省にも懐の深い人がいた。
経済学は究極的には経済成長するための学問。
他の国がどうしげいるかを調べるという発想はすごく有益。

2015/04/10 23:52

投稿元:ブクログ

面白かった。政治の裏舞台をここまで赤裸々に語って大丈夫なのか!?とハラハラしてしまうような一冊。

ハトに餌をやりに行くという表現が印象的。ハト=マスコミ、餌=官僚にとって都合の良い情報。官僚は自分の進めたいシナリオに導くべく情報操作を意図的に行っている、マスコミはこれを鵜呑みにし、拡散する。かくして、日本は一部の官僚の描くシナリオに沿って進む、とか。うーん、ってことは、この本自体も、実は二人のシナリオの基にかかれてたりするのか?と逆説的に考えてみたり。

とにもかくにも、何が正しいかをキチンと自分で考えることが大事。考えるときには視野を広げ、比較軸を持ちながら客観的に考えるべき。突き詰めて行くと、基本とされているものに立ち戻ることが大事であることが多い。

2014/10/13 14:18

投稿元:ブクログ

このお二方の対談なので期待して読みました。
期待通りの話も読めたし、経済の問題もわかりやすく書かれていました。
あとは、あの当時に様々な政策を妨害した、人間の名前が知りたいなとは思いました。

日本経済 ランキング

日本経済のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む