サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 歴史・地理・民俗
  4. 旧家に学ぶ、知恵としきたり 日本の歳時記京都 冷泉家 武者小路千家 杉本家

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

旧家に学ぶ、知恵としきたり 日本の歳時記京都 冷泉家 武者小路千家 杉本家

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/24
  • 出版社: 小学館
  • サイズ:21cm/191p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-09-388382-5
  • 国内送料無料

紙の本

旧家に学ぶ、知恵としきたり 日本の歳時記京都 冷泉家 武者小路千家 杉本家

著者 冷泉 貴実子 (著),千 宗守 (著),杉本 秀太郎 (著),田中 昭三 (編・著)

和歌の家・冷泉家、茶家・武者小路千家、京町家・杉本家に伝わる、四季のしきたりと衣食住の知恵を紹介。短歌、俳句、茶道具、庭、和食と和菓子、しつらいなど、カラー写真も満載。お...

もっと見る

旧家に学ぶ、知恵としきたり 日本の歳時記京都 冷泉家 武者小路千家 杉本家

2,160(税込)

ポイント :20pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

和歌の家・冷泉家、茶家・武者小路千家、京町家・杉本家に伝わる、四季のしきたりと衣食住の知恵を紹介。短歌、俳句、茶道具、庭、和食と和菓子、しつらいなど、カラー写真も満載。おすすめの寺社の祭礼ガイド付き。【「TRC MARC」の商品解説】

古き良き京都に学ぶ、暮らしのヒント集

分冊百科『週刊 日本の歳時記』(小学館)誌上で大好評だった連載『京都歳時記』を1冊にまとめた単行本。オールカラーでわかりやすいと評判の『日本の歳時記 春・夏・秋・冬/新年』4巻(小学館)とあわせ、シリーズでの愛読がおすすめだ。
この本では、京都を代表する御三家、和歌・冷泉家、茶道・武者小路千家、京町家・杉本家の当主が登場し、月ごとの12話にわけて、美しい四季のうつろいとともに“日本の古き良き暮らしぶり”を語り下ろす。旧暦の節句や行事、調度品や茶道具の数々、町家のしつらえ、京料理の真髄など、写真満載で充実の内容だ。
さらに、明治より京都俳壇を牽引する俳句結社「京鹿子」と鈴鹿野風呂記念館をあらたに取材し、一茶などの貴重な俳句資料も多数掲載。
巻末には四季折々の寺社の祭礼ガイドもついており、京都を訪れた際に役立つ内容となっている。
短歌・俳句、茶道などの知識がなくても、「京都」に、「日本」に興味のある人なら、誰でもたのしめるおすすめの一冊だ。


【編集担当からのおすすめ情報】
京都を代表する女流画家・上村松園の美人画をカバーにしました。京都が大好きな方、京都に暮らすように日々を送りたいと思っている方、ぜひ手にとってご覧ください。【商品解説】

目次

  • 第一章 冷泉家 和歌暦 5
  • 旧暦一月 8
  • 旧暦二月 12
  • 旧暦三月 16
  • 旧暦四月 20
  • 旧暦五月 24
  • 旧暦六月 28
  • 旧暦七月 32
  • 旧暦八月 36
  • 旧暦九月 40

著者紹介

冷泉 貴実子

略歴
〈冷泉貴実子〉冷泉家第24代当主の長女として生まれる。(公財)冷泉家時雨文庫の常務理事・事務局長。
〈千宗守〉昭和20年京都市生まれ。武者小路千家第14代家元、(公財)官休庵理事長。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/08/31 00:28

投稿元:ブクログ

冷泉家、武者小路千家、杉本家に伝わる、季節ごとのしきたりを月毎にまとめた本。

冷泉家、武者小路千家のしきたりは、現代の生活とは、完全にかけ離れたものが多いように感じる。
杉本家は、京都の行事にそったしきたりが多い気がする。

いずれも、現代社会ではないものばかり。
それを守り、今に伝え、未来に繋げて行こうとするのは、大変だが、大切なことだと感じる。

武者小路千家の不徹斎氏が語る中で、千利休と時代と全く同じということはない。との言葉に、伝統を大事にしながらも、時代をとらえられているんだなーと感じるとともに、その時代時代を生きて行く上で、伝統もまた、育って行くものだなーと、感じた。

日本の民俗・文化 ランキング

日本の民俗・文化のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む