サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

灰と王国 3 帰還
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/08/22
  • 出版社: KADOKAWA
  • サイズ:19cm/415p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-729844-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

灰と王国 3 帰還

著者 風羽 洸海 (著)

炎竜ゲンシャスを従え、帝国に反旗を翻したノルニコム女王エレシア。皇帝ヴァリスの命で、圧倒的な兵力で彼女を追い詰める将軍グラウス。そして、ナクテ領には若き帝位継承者セナトが...

もっと見る

灰と王国 3 帰還

1,512(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

灰と王国3 帰還

1,361(税込)

灰と王国3 帰還

ポイント :12pt / 紙の本より151おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「灰と王国 3 帰還」が含まれるセット商品

灰と王国 4巻セット

灰と王国 4巻セット

商品説明

炎竜ゲンシャスを従え、帝国に反旗を翻したノルニコム女王エレシア。皇帝ヴァリスの命で、圧倒的な兵力で彼女を追い詰める将軍グラウス。そして、ナクテ領には若き帝位継承者セナトが舞い戻った。それぞれの想いが渦巻くなか、フィンら“北部天竜隊”はついにナナイスへと帰還する。(そうだ、ここからまた始まるんだ)再建を誓う時、天竜レーナがフィンにした“お願い”とは―。【「BOOK」データベースの商品解説】

帝国に反旗を翻したノルニコム女王エレシア。圧倒的な兵力で彼女を追い詰める将軍グラウス。ナクテ領に舞い戻った若き帝位継承者セナト。それぞれの想いが渦巻くなか、フィンら北部天竜隊はついにナナイスへと帰還する。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/10/19 11:30

投稿元:ブクログ

三巻目にしてやっとタイトルの「灰と王国」キターッ!!
いや、ほんとにね。ここへたどり着くまでどうして灰と王国は灰と帝国じゃないんだろうって思ってたんですよ。しかし大セナトが「灰と化した故郷に己が王国を築くがよいわ」というこの箇所で、王国=自分の信念とか矜恃みたいなものだなとしみじみと。
エレシアとコムスの独立に小セナトの帰還と帝国の今後に関わる動きはあれど、フィン達は自分たちの手足で一掻きずつ、一歩ずつ元いた場所を目指し…来月の完結巻で迎える夜明けが待ち遠しい。
(読了ツイート転載)

2014/09/15 07:02

投稿元:ブクログ

復讐に燃える者、権力を渇望する者、平和を望む者、故郷を想う者、それぞれの思惑が絡まり合いながら物語は佳境へ。皇帝の許可を得、故郷へ向かう主人公達天竜隊の対・闇の眷属作戦には、思わず膝を打った。とはいえ、茨の道であることには変わりはなく、血のにじむ思いでようやく果たした帰郷、読んでいるこちらも思わず涙してしまった。次巻最終巻が待ち遠しくてたまらない。

2015/12/09 16:38

投稿元:ブクログ

竜と絆を結んで竜侯となったとしても、竜が何をしてくれる訳でもなく、ほとんど普通の人と変わらないという設定は全然ドラマチックじゃない代わりに、人間の努力とか泥臭い部分が強調されるので、そのぶんご都合主義が廃された良い感じのファンタジーです。

KADOKAWA ランキング

KADOKAWAのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む