サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上3%OFFクーポン(~1/19)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

グッドワークス!
グッドワークス! グッドワークス!
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/12
  • 出版社: 東洋経済新報社
  • サイズ:21cm/313p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-492-55751-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
専門書

紙の本

グッドワークス!

著者 フィリップ・コトラー (著),デビッド・ヘッセキエル (著),ナンシー・リー (著),ハーバード社会起業大会スタディプログラム研究会 (訳)

業績か、社会的によい仕事か。社会貢献を組み込んだマーケティング事例を盛り込み、考え方の基礎や実践的なアドバイスを提示。非営利機関が企業から資金援助や支援を獲得するためのマ...

もっと見る

グッドワークス!

2,376(税込)

ポイント :22pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

グッドワークス!

2,376(税込)

グッドワークス!

ポイント :22pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント!

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月13日(金)~2017年1月19日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

業績か、社会的によい仕事か。社会貢献を組み込んだマーケティング事例を盛り込み、考え方の基礎や実践的なアドバイスを提示。非営利機関が企業から資金援助や支援を獲得するためのマーケティング・アプローチも収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

「善いことを行いながらも、企業として業績を伸ばすにはどうするか?」・・・・・企業の中で企業の社会的責任に直接・間接に携わる人たち(コミュニティ・リレーションズ部門、CSR部門、広報部門、環境保全部門、マーケティング部門、製造部門等)や、広告会社やPR会社にいて彼らにアドバイスをしなければならない人は、この「業績か、社会的によい仕事か」というジレンマに日々直面している。
 また、すでにこの経済的な利益と社会的利益を同時に生み出すという絶妙なバランスを必要とするプログラムに実際に着手している人も、どのような社会的課題を選ぶか、どのパートナーと組むか、社内でそのアイデアをどう売り込み、どのようにして現実的に成果を出し続けていくかについて、頭を悩ませているかもしれない。
 NPOや公的セクターにいて、社会的使命の実現のために働いている人々も、企業支援やパートナーの模索に日々悪戦苦闘しているだろう。そもそも企業がどんなニーズやウォンツを持っているかを知らなければ、どんな企業にアプローチすべきか、どんなアプローチが有効なのかはわからない。
 本書は、こういった悩みに日々直面している人々すべてに対して、わかりやすい考え方の基礎を示すとともに、明日からでもすぐ使える実践的なアドバイスと膨大なる実例という有用なヒントを提示するハンドブックである。
 本書を読むことで、「善いことをして良い業績を残すこと」は、単なるキャッチフレーズではなく、実際に達成可能だということがわかる。本書のヒントや失敗の分析を参考にすれば、今すぐにでも自分たちの企業にあった社会的な課題を選ぶことができ、最高のパートナーを探すことができ、最高の結果をもたらす最も効果的な取組みができるようになる・・・利益と社会的なよい仕事を同時に達成する、究極のwin-win関係を築けるようになる。
 本書は、よい仕事をしようとするすべての人のための「バイブル」なのである!
【商品解説】

目次

  • 第Ⅰ部 イントロダクション
  •  第1章 善意だけではうまくいかない:マーケティングや企業の社会的取組みの明暗を分けるのは何か
  •  第2章 善いことを行って良い業績を上げる6つの社会的取組み
  • 第Ⅱ部 マーケット主導の取組み:売上げの拡大と顧客の関与
  •  第3章 コーズ・プロモーション:善意のコーズの下に消費者があなたの会社の活動に参加するよう働きかける
  •  第4章 コーズ・リレイティッド・マーケティング:製品売上げと消費行動に基づいてコーズに寄与する
  •  第5章 企業のソーシャル・マーケティング:行動変化を促すキャンペーン活動
  • 第Ⅲ部 企業主導の取組み・企業の価値と目的を表現し発展させる
  •  第6章 企業の社会貢献活動:コーズに対して直接的な寄付をする
  •  第7章 地域ボランティア:時間と能力を提供する従業員

著者紹介

フィリップ・コトラー

略歴
〈フィリップ・コトラー〉ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院インターナショナル・マーケティングS.C.ジョンソン・アンド・サン特別教授。
〈デビッド・ヘッセキエル〉コーズ・マーケティング・フォーラム(CMF)社長。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/05/15 00:44

投稿元:ブクログ

割とCSRの考え方に特化しており、そんなこと考えるような立場の人って少数だろうから、よく本出したなーっていう…ね。

ブランディングするなら、また読み直してもいいかも。

2014/12/27 00:10

投稿元:ブクログ

企業のイメージアップ、目的の達成、ブランド強化など、企業にとって地域社会に向けて"善いこと(ボランティア活動、環境保全など)"を行うことは効果的である。
様々な有名企業がどのような"善いこと"を行っているのか、多くの事例が紹介されており興味深く読むことができた。
また、"善いこと"の選定の仕方、"善いこと"を行っているのに批評されたときの対処方法なども詳しく書かれていて参考になる。
ただし英語を日本語に訳した本なので、文章が不自然で読みづらいところもあった。

「社会的な取り組みは従業員の満足度や定職率の向上に貢献する。なぜなら従業員はより良い地域社会づくりに貢献していると好意的に評価されている企業に関わっていることに誇りを感じるからである。」
この言葉はその通りだと思った。
自分の勤める企業に合う"善いこと"には、どんなものがあるのか考えてみたい。

2014/09/16 18:01

投稿元:ブクログ

アメリカのMBAで最先端を行っているのはソーシャルエンタープライズマネジメントと言っても、日本の人たちには信じてもらえなかったですが、コトラー先生がこの本を出したら、信じてもらえるでしょう。

2014/11/18 09:24

投稿元:ブクログ

Cause marketing. Cause related marketing
特定の商品を購入することが環境保護などの社会貢献に結びつくと訴える販促キャンペーン

2015/01/04 23:53

投稿元:ブクログ

こちらはコトラーの自伝的な1冊であり、マーケティングに関しての内容を期待していたので、そこからは残念ながら外れていましたね。

経営学・企業 ランキング

経営学・企業のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む