サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

さいごの一葉
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生
  • 取扱開始日:2014/09/17
  • 出版社: 金の星社
  • サイズ:29cm/32p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-323-03622-9
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

さいごの一葉

著者 オー・ヘンリー (原作),いもと ようこ (文絵)

重い肺炎にかかったジョアンナは、部屋の窓から見えるつたのはっぱが全部散ったら自分も死ぬのだという。それを聞いた年寄りの絵描きベアモンは…。オー・ヘンリーの傑作をいもとよう...

もっと見る

さいごの一葉

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

重い肺炎にかかったジョアンナは、部屋の窓から見えるつたのはっぱが全部散ったら自分も死ぬのだという。それを聞いた年寄りの絵描きベアモンは…。オー・ヘンリーの傑作をいもとようこの美しい絵で贈る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

オー・ヘンリー

略歴
〈いもとようこ〉兵庫県生まれ。金沢美術工芸大学油画科卒業。「ねこの絵本」「そばのはなさいたひ」でボローニャ国際児童図書展エルバ賞2年連続受賞。「いもとようこうたの絵本1」で同グラフィック賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/10/14 05:35

投稿元:ブクログ

[墨田区図書館]

公文で出てきた、名作「スーホの白い馬」を読ませようと思って検索したところ、いもとさんによる「世界の名作絵本」シリーズが出てきたので、その関連で借りてきた一冊。

正直、いもとさんの画による昔話の再生本には、昔話によくある途中のどろどろした表現や雰囲気が払しょくされて、ともすると終わり方まで変わってしまっているものが多いのであまり好きではないのだが、全てがそうというわけではないし、とにもかくにも知識と本との触れあいを広げる1ツールとしては子どもにより親しみやすい"絵本"となるので、このシリーズを使ってみることにした。

子どもに(絵)本を読ませるようになってここ数年、改めて読まずに粗筋を話せる話が少ないことに自分でも気づく。題名や作者を諳んじていても、ともすると「好き」という本でさえ、いざ話を説明しようとすると、雰囲気や場面しか思い出せない、、、この話も、「最後の一枚が散ったら死ぬ」という患者の思い込みと描かれた一枚の葉のこと自身はわかっていても、登場人物のこととか、関係とか、何も覚えていないことに読んで気づく(笑)

ホント子育てって"気づき"の日々なんだよな、と読んでいてふと日常を思いおこされた。ちなみに息子は、ベアマンさんが描いたということを最後説明するまでわかっていなかったみたい。というより、ただただシーンごとに話を理解して、その関連性を意識していなかった、という感じかな?気づけるときもあるんだろうけど、まだまだもう一息だな。

2017/02/14 14:41

投稿元:ブクログ

病気にかかった子が「あの一枚の葉が落ちたら自分も死ぬんだ」と言っていたけど、葉っぱはびくともしなくて、それはおじいさんが描いたものだったからです
そのおじいさんはすごくやさしい人で、人のやくに立とうとする人で、わたしも、みんなのやくに立てる人になりたいなあと思える本でした。

2015/04/13 22:35

投稿元:ブクログ

寄って立つもの、生きるための手がかり、支え。
それは誰しも必要なもの。
例えそれが何であっても。

そのために人は生きて、そしてそのためなら、人は死ねる。

矛盾しているように見えても、矛盾していない。

2014/10/13 14:34

投稿元:ブクログ

オーヘンリーの傑作を絵本で再読。
「あの葉がすべて落ちたら、自分も死ぬ」
美しい友情は覚えていたけど、傑作を追い求めた老画家の存在も決意もすっかり忘れていて純粋に驚いた。
それぞれの最後の一葉にかける思いが切ない。
いもとようこさんの描いた最後の一葉の赤が自分の想像していた赤よりも、強く、物哀しく心うたれた。
生きる気力を蘇らせる魂を込めた赤。傑作だ。

外国の絵本 ランキング

外国の絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む