サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0223)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. あの夏、サバ缶はなぜ売れたのか? 仮説を行動、成果につなげるビジネスビッグデータ分析

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

あの夏、サバ缶はなぜ売れたのか? 仮説を行動、成果につなげるビジネスビッグデータ分析
あの夏、サバ缶はなぜ売れたのか? 仮説を行動、成果につなげるビジネスビッグデータ分析 あの夏、サバ缶はなぜ売れたのか? 仮説を行動、成果につなげるビジネスビッグデータ分析
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/09/22
  • 出版社: 日経BP社
  • サイズ:19cm/198p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8222-7792-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

あの夏、サバ缶はなぜ売れたのか? 仮説を行動、成果につなげるビジネスビッグデータ分析

著者 大木 真吾 (著),日経ビッグデータ (編集)

ビッグデータ活用に求められるのは「意外な発見」に気づく力と、それを「ビジネスに翻訳」する思考力。分析で得た「差」の読み方、次の購買行動を生み出すコツなど、データ活用の基本...

もっと見る

あの夏、サバ缶はなぜ売れたのか? 仮説を行動、成果につなげるビジネスビッグデータ分析

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

あの夏、サバ缶はなぜ売れたのか?

1,620(税込)

あの夏、サバ缶はなぜ売れたのか?

ポイント :15pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月17日(金)~2017年2月23日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ビッグデータ活用に求められるのは「意外な発見」に気づく力と、それを「ビジネスに翻訳」する思考力。分析で得た「差」の読み方、次の購買行動を生み出すコツなど、データ活用の基本を事例とともに解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

大木 真吾

略歴
〈大木真吾〉1974年札幌生まれ。東洋大学卒。株式会社博報堂プロダクツダイレクトマーケティング事業本部データベースマーケティング部部長、シニアデータベースマーケティングディレクター。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/10/24 19:57

投稿元:ブクログ

10の発見方法
1.購買の基本行動を知る

RFM分析。
客を10のカテゴリに分ける。
直近の購入時期、購買頻度、金額。どれかをデータ項目として採用する。真ん中の数字を閾値とするのが大事。
とあるスーパー。
購入金額→1000.2000.3000.4000
来店状況→週1.2.3
来店は3ヶ月以内。
みたいな。それを構造化する。
週に2回以上4000円はロイヤリティたかい、とか。


2.誰が買っているかを知る

商品と上記のカテゴライズした客を組み合わせる。
ロイヤリティ高い人はこれを買う、とか。

最初にターゲットした人以外に売れてる、そちらをメインにしようとか。
初めて買う人にはこれが売れてる、とか。

3.接点、商品、インセンティブと購買の関係を知る
顧客がどのタイミングで商品に触れているのか。テレビなのか新聞なのか。


4.エリアと売り上げの関係を知る
店舗が近いと回数は多いけど1回の購入は少ないとか。
近い人には多く買ってもらい、遠い人には回数を上げてもらうための施策とか。


5.誰のための購買かを知る

6.購買の流れを知る

買い続けてくれるお客さんを持っていたい。
商品a.a.bが買われるとする。最初は広告、次は思い出して、次は別のものを試してみよう、とか。



7.購買の間隔を知る

8.休眠顧客の状態を知る

強豪ができた、引っ越したとか。
ランク付けした顧客とスリープ状態の顧客を購買時期で比較する。


9.ロイヤルティー向上の鍵を知る

顧客に割引クーポン送っても来てくれなかったけど、お食事券をおくったらきてくれた、とか。、


10、入り口と顧客生産価値の関係を知る

2016/08/29 23:39

投稿元:ブクログ

データ分析、活用の流れとして、
1.分析の目的を明快にし、仮説を構築する意志を持つ
2.データを収集し、可視化する
3.分析結果を解釈し、翻訳する
4.あらかじめ目標を設定し、アクションする
グルーピングするには、データから顧客を特定できるか、一定数の顧客が含まれるか、レコメンドなどの施策を立てられるか、売上増の期待は大きいか
アクションポイントを整理するには、メッセージ、インセンティブ、タイミング、チャネル
将来の購買行動につながる条件を見出す

2014/10/14 00:00

投稿元:ブクログ

NBオンラインの連載から興味を持って購入した書籍。具体的な事例は多くはないが、それでもなかなか面白い。本当はもっと複数の切り口で分析をしているんだろうけど。
分析やデータ収集・加工を行う前に、仮説・メッセージを考えることが必要というのは納得。仮説がないと非効率になるし、全体を統合することができなくなることも多い。データ分析をすることが目的ではなく、そこから実際の提案とか具体化策につなげることが目的であり、データ分析はあくまで手段と割り切らないといけない。
分析とは、分解して並べて比較することであり、そこで見出した差に着目し、差の生じた要因を考える必要がある。差がないならその理由も必要だろう。
そういえば、帰宅途中のプレミアムビールとトイレットペーパーは、アクションポイント設計の分かりやすい事例だった。バレーボール女子日本代表の背番号の話も。
これからのビジネスパーソンとしては、課題解決力とコミュニケーション力が必要であり、ベースとしての統計スキル・計数感覚は必須になるだろう。

2014/12/23 14:30

投稿元:ブクログ

データ分析と活用事例。JALの海外女子旅、飲食店の人数と時間帯と客単価、割引券とお食事券の効果。POSデータ+ソーシャルデータ、オープンデータ、家計簿アプリデータ、テレビ番組テキストデータ、店内観察データ。

既存の企業データに加えて、今入手可能なデータをプラスし、仮説を立て、活用した例。データ活用の最初の明確なステップ。

2014/12/10 11:48

投稿元:ブクログ

▼福島大学附属図書館の貸出状況
http://www.lib.fukushima-u.ac.jp/opac/opac_details.cgi?lang=0&amode=11&bibid=TB90300424
「あの夏、サバ缶はなぜあのような売れ方をしたのか?」、「日本航空の顧客から発見した「海外女子旅」という行動」、「店舗の2階へ顧客に来てもらうには」など豊富な分析事例が盛り込まれており、統計分析のイメージがつかみやすい内容になっています。分析事例を通じて分析に必要な着眼点を知ることができる1冊です。

(推薦者:井上 健)

経営実務 ランキング

経営実務のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む