サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「踊り場」日本論
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/22
  • 出版社: 晶文社
  • サイズ:19cm/248p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7949-6817-3
  • 国内送料無料

紙の本

「踊り場」日本論 (犀の教室)

著者 小田嶋 隆 (著),岡田 憲治 (著)

政治と選挙をめぐる言葉、スポーツの語られ方、ネットでの論戦…。日本でもっとも穏健なコラムニストと、もっとも良心的な政治学者が、白か黒か、右か左かの二項対立から離れて、豊穣...

もっと見る

「踊り場」日本論 (犀の教室)

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

政治と選挙をめぐる言葉、スポーツの語られ方、ネットでの論戦…。日本でもっとも穏健なコラムニストと、もっとも良心的な政治学者が、白か黒か、右か左かの二項対立から離れて、豊穣な議論への道筋を探る。【「TRC MARC」の商品解説】

安倍政権は多数を武器に、「特定秘密保護法」の成立、「集団的自衛権」行使容認の閣議決定など、やりたいほうだい。一方で、少子化対策など、社会保障の充実については、どこかピントがずれている。そのそんな安倍政権を軽くおちょくりながら、なぜこのような状況が生まれてきたのか、ジャーナリズムはそれをどんなふうに伝えているのか、もう少し住みやすい社会のために何が必要なのかなど、コラムニスト・小田嶋隆と政治学者・岡田憲治が壮大な雑談を展開。 政治と選挙をめぐる言葉、スポーツの語られ方、ネットでの論戦……白か黒か、右か左かの二項対立から離れて、豊穣な議論への道筋を探す探る。ひたすら右肩上がりの指向から、「踊り場」的思考へ、私たちの社会を転換させよう。【商品解説】

目次

  • はじめに 小田嶋隆
  • 1 選挙のことば
  •  予想ははずれる/選挙の語られ方/ブレと妥協/格差を見ない/街場と田舎/政党の役割
  • 2 取り戻したい日本はあるのか、あったのか
  •  自民党の「家族観」/自民党と流行歌/国のイメージ/教育って何のため?/豊かな国の貧弱な教育/二つの役割/グローバルな人材?/外国語を学ぶ
  • 3 どんな社会にしたいのか
  •  自己責任と互酬性/古き良き時代の嘘くささ/再配分の方法について/ボーダーの移動/立場でしかモノが言えない/何のための議論なのか

著者紹介

小田嶋 隆

略歴
〈小田嶋隆〉1956年東京生まれ。早稲田大学教育学部卒業。コラムニスト。
〈岡田憲治〉1962年東京生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科博士課程修了。専修大学法学部教授。専攻は現代デモクラシー理論。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/09/17 10:41

投稿元:ブクログ

2015年9月16日読了。コラムニスト小田嶋氏と政治学者の岡田氏の、「日本」を論じる対談集。「現在と将来の日本を憂いている」「とはいえ過去の日本を美化するわけではない」お互いの立場が共通していて、かつお互いの思想・仕事を尊敬・尊重しあっている雰囲気が感じられ、対談の内容も興味深い。村上龍のコラムなどでもよく見かけるが、「どの政治家がどの層の利益を代表しているのか分からない」「対立軸がどこにあるのか分からない」ため、政治に興味を持つことができない仕組みが日本にあり、何でも欧米に倣うのが正しいわけではないが、「政治がビジョンを持って国を動かす」ことができないこの仕組みはまずいよなあ・・・さりとて自分はどこから手をつけることができるのか・・・と絶望的な気分にもなる。何事に対しても理性的に、批判的態度は崩さずに、論は戦わせるが個人攻撃はしない、というスタンスを取り続けることは難しいもんだよなあ。

2014/11/23 18:53

投稿元:ブクログ

内田樹、平川克美、そして本書の小田嶋隆は、ここ数年の反グローバリズム、反新自由主義経済、反反知性主義(?)という路線で日本の政治・経済のあり方についてもの申している面々。どうも大企業や右派政治家には人気がないようだ。あたりまえか。

しかし最後に務めた外資系の広告代理店でグローバル企業のシビアさとカネの動き、そしてドライな人事を目の当たりし、最後は本国からの縮小命令で職を追われた身としては、やはりグローバリズムってのはどっかにいる強者がガッポリと持って行く仕組みに他ならないと思う。ていねいに人を育てたり、相手を思いやったりするようなものはおそらく排除される。だから彼らの説に共感するのです。たぶん、それまでは僕は「強者」のポジションに立つことを夢見ていた。そのために「弱者」が割りをくうのは仕方がないというか、考えないようにしていた。あるいは自分が充分に成功したら、弱者を救ってやればいいと〜トリクルダウンを起こせばいいのだと思っていた。

それは今のグローバリスト達の考え方そのものだ。
いま、弱者の側にいる自分が彼らの思想に共感してしまうのは都合のいい必然であると思うが、どこか彼らもひとの「弱さ」を知っていてそれを抱えて生きる方法を模索しているのだと思う。

穏やかに、声を荒げずに淡々と生きる。タオイズムのような中庸の思想。それはとても弱々しいけれど、そこに日本の未来を良きものにするヒントがあるような気がする。

2014/10/18 10:27

投稿元:ブクログ

いゃあ おもしろかった
知的思考満載の会話のキャッチボール

あっちから
こっちから
ひょいとそれていったかと思うと
また ひょいと戻ってきたり

政治から
文芸から
スポーツから
映画から
昭和のサブカルチャーから
あらゆる「文化」をまぜこぜにした
丁々発止のやりとりが
心地よく脳を刺激してくれました

垂れ流される「情報」の取捨選択
そして 自分の思考のために
読んでいるときも
読み終えたあとも
かなり
リベラルな気持ちにさせてもらいました

2014/11/14 20:07

投稿元:ブクログ

たいそうおもしろくて、気持ちがすっきりする本でした。
対談って、当たり前ですけれど、口語で語られているので、とてもわかりやすいのがよいですね。その人の人となりもよくわかるし。
岡田さんはなんていうか、とてもリベラルな方だと思いました。小田嶋さんの飛ばしぶりもステキでした。

2014/10/01 19:46

投稿元:ブクログ

10月20日(月) 小田嶋隆さん×岡田憲治さんトークイベント =もう1回踊り場で会おう= 『「踊り場」日本論』(晶文社)刊行記念 | リブロ池袋本店 - ショップブログ - リブロ | 池袋に本店を構える本屋
http://www.libro.jp/s/blog/ikebukuro/event/1020.php

安倍君、落っこちそうだから変なパフォーマンスはお止めになった方が、、、

晶文社のPR
http://www.shobunsha.co.jp/?p=3344

2014/11/20 19:52

投稿元:ブクログ

小田嶋隆さん、岡田憲治さんの対談。表紙裏の折り込みのところにも書いてあったけど、ほんとうにお二人の雑談です。
行きあたりばったりの話やけど、政治やらオリンピックやらなんでも話せそうなひとたち。ただ、政治には疎いので、あまりちゃんと読まず。すみません。
いっていることにめちゃくちゃ共感できるだとか、理解できるとかでもないのだけど、それでも「このひとがどんなことをいうのか?」ということには興味があって、そんなひとは貴重やなぁと、読んだあとにしみじみ思った。

日本の社会・文化 ランキング

日本の社会・文化のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む