サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. ドラッグオンドラグーン3ストーリーサイド

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ドラッグオンドラグーン3ストーリーサイド(GAME NOVELS(ゲームノベルズ))
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

ドラッグオンドラグーン3ストーリーサイド (GAME NOVELS)

著者 映島 巡 (著),ヨコオ タロウ (監修)

“契約”“天使の教会”“封印”は何時何処で生まれたのか?四人の使徒は何処から来て、五人の妹達は何処へ向かうのか?裏切りのウタウタイ・ゼロと竜がたどる新たな分岐とは?【「B...

もっと見る

ドラッグオンドラグーン3ストーリーサイド (GAME NOVELS)

1,008(税込)

ポイント :9pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

“契約”“天使の教会”“封印”は何時何処で生まれたのか?四人の使徒は何処から来て、五人の妹達は何処へ向かうのか?裏切りのウタウタイ・ゼロと竜がたどる新たな分岐とは?【「BOOK」データベースの商品解説】

“契約”“天使の教会”“封印”は何時何処で生まれたのか。4人の使徒は何処から来て、5人の妹達は何処へ向かうのか。裏切りのウタウタイ・ゼロと竜がたどる新たな分岐とは-。ゲーム「ドラッグオンドラグーン3」の小説。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/10/18 11:46

投稿元:ブクログ

 ゲーム本編の主な出来事や流れを掴むにはいいが、複数でてくるキャラ一人ずつへの書き込みが薄いので、これだけを読んで楽しむのは難しいように思えた。

2015/03/17 17:36

投稿元:ブクログ

 DOD3の小説。辿る分岐は似ているようで微妙に異なる。
 ゲームだけでは分からなかった部分などが説明されており、ファンなら読んでもいいかなと。
 文章にもう一捻りの表現があれば満点でした。

2014/09/23 11:06

投稿元:ブクログ

 ゲームのノベライズとして上々かと。
 スクエニ作品の中でマイナーメジャー、かつユーザー置いてけぼりなカルトなシリーズであるDOD。
 シリーズ初の女性主人公を起用した三作目は何かと説明不足だったり、何か事前のイメージと違ったりで一部では酷評もされました。その意見もわかりますが、私としては突き抜けるだけ突き抜けた初代の再来として見ています。

 さて、この作品。
 ゲーム同様主人公がある目的から五人の"妹"達を殺して回ると言う実に簡潔明瞭な章仕立てになっています。
 構成としてはわかりやすく、ノベライズでは基本的には最初に辿るであろうルートを踏襲したこともあり、(理由はあるのですが)あまり掘り下げされることなく退場していくので良くも悪くも虚無感があります。
 あと、理由はちゃんと説明されるので置いてけぼり感はありません。
 
 と言うか、ミカエルのキャラクターはゲーム本編でちゃんと触れていてほしかった。
 何、このドラゴン。可愛過ぎでしょ。
 
 ゲームでは二周目、三周目と重ねていくことによって判明する裏事情をちゃんと盛り込んでいるのでゲーム自体の振り返りとして見るのもグーですね。
 おはなしとしては最初から決まりきった滅びへ向かっていくと言う性質が心の琴線に触れる方にはお勧めします。全体的に退廃的で一応旅しているはずなのに極小の世界で完結している印象があります。
 
 ゲーム本編が気になっていてこの小説にも収録されている(公式サイトで読めます)『終わりの雨と始まりの花』がお気に召した方は、ネタバレを気にされないなら一読をお勧めします。
 私の感触としては、この小説単体で悪意に満ちた世界観を堪能できるものの、主人公とその相棒ミハイルの物語を完遂するにはやはり悪意に満ちたゲームをクリアする必要があり、小説でネタバレ喰らったとは言え、ゲーム自体に支障を来すものではないと判断します。

 シリーズ全体の構造としては一種のループとなっていることもあり、その関係か初代に繋がる用語が出ていますが、こちらはあくまでおまけ要素と言った感です。
 
 基本的には既プレイ者か、初代を触れた方向けですが、未経験者相手でも一定の水準を持った小説としてちゃんと成立しています。
 ただ、あからさまに人を選ぶシリーズと言うことを最後、念を押しておきましょう。

男性向け ランキング

男性向けのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む