サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ホーンテッド・キャンパス 3 桜の宵の満開の下

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ホーンテッド・キャンパス 3 桜の宵の満開の下(角川ホラー文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 23件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ホーンテッド・キャンパス 3 桜の宵の満開の下 (角川ホラー文庫)

著者 櫛木 理宇 (著)

幽霊が視えてしまう体質の大学生、八神森司は、オカルト研究会で美少女こよみに片想い中。オカ研で難問奇問を調査する中、こよみの元同級生だという爽やか系今どき男子・小山内が登場...

もっと見る

ホーンテッド・キャンパス 3 桜の宵の満開の下 (角川ホラー文庫)

637(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

幽霊が視えてしまう体質の大学生、八神森司は、オカルト研究会で美少女こよみに片想い中。オカ研で難問奇問を調査する中、こよみの元同級生だという爽やか系今どき男子・小山内が登場し…。オカルトミステリ第3弾。【「TRC MARC」の商品解説】

片想いの美少女こよみと共に、奇妙に充実した「オカルト研究会」ライフを送る、大学生の八神森司。しかし桜の季節、こよみの元同級生の爽やかイケメンが現れて……。恋も恐怖も増量中の人気シリーズ第3弾!【商品解説】

収録作品一覧

月の夜がたり 15−104
覗く眼 105−153
泣きぼくろのひと 154−219

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー23件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

はじめて

2013/11/03 16:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:そら - この投稿者のレビュー一覧を見る

はじめシリーズ物のホラー小説を読みました!
ホラーなんですが、そんなに怖くもなく
読みやすくて、日常の菜かでの話が凄く面白いです!
主人公とオカ研の皆さんとの掛け合いも大好き!!
早く続編出ないかなと、楽しみです♪

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/24 12:24

投稿元:ブクログ

2014.11.3 購入

シリーズ3作目。八神くん大学2年生春
今回も面白かった。
いわゆる雪女伝説、覗く目、マイナスパワースポット、と奇を狙っていないネタと作りが好き。

シリーズ化してくると登場人物の個人的な話も比重を占めてくるが、遅々として進まない八神くんとこよみちゃんの関係に、ライバル小山内くん登場。
あまり恋愛ネタを持ち込まないでほしいが、次回の展開次第か。
(図書館)

2013/06/07 23:21

投稿元:ブクログ

シリーズ三作目。相変わらず怪異に巻き込まれる(というより首を突っ込む)オカ研メンバー。そして今回は恋のライバルまで出現? それなのに援護してどうするんだい八神君(笑)。
お気に入りは「覗く目」。げに恐ろしきは生きた人間。こういう話の方が数段恐ろしく感じてしまう現代。絵空事じゃないもんね。
「白丁花の庭」はほんわかいい話。そしてあっと言わされてしまった真相でした。なんか微笑ましいなあ。こういうのなら見えてもいいかも?

2014/12/23 21:58

投稿元:ブクログ

オカルト研究会に持ち込まれる怖くて不思議なお話を解決していく青春オカルトミステリ(というジャンルがあるのかしら…)。第三弾だそうですが、このシリーズは初めてこの作品を読めました。おそらく邪道ですがそれでも楽しんで読めました。爽やかな森司とこよみの友達以上恋人未満的関係が素敵にときめきますね(いろいろと死語含む)。
キャラクタが立っている一方で、ホラー風味の効いた話自体にもひねりが効かされていて短編それぞれ楽しめました。雪おんなの話、浮かぶ眼の話…思い出したらそれぞれ結構ぞっとするこわさがありますね。
楽しく読めましたので、最初の一作から読んでいきたいと思います!

2013/12/10 07:34

投稿元:ブクログ

「覗く眼」がいいかな.情けは人のためならずだよね.

「白丁花の庭」もよかった.自分もこうなったらどうしようと思う話でした.

2013/06/03 05:33

投稿元:ブクログ

日常系ライト?ホラー、第3弾。
大学2年生・春のお話し、、これまた、甘酸っぱい。

徐々に人の悪意のえげつなさが怖くなってきたように感じながらも、
これは二人の成長の物語なのかな、とも読みとれたり。

サボテンの名前とか、凄く、気になります、
終盤でのポロっと本音?も、気になります。

こういう大学生活なら、もう一度やってみたいなぁ、とも。

2013/12/19 17:44

投稿元:ブクログ

新しいライバル!!!
ほんとに、お人好しだな、、、

なんて思いつつ、
そんなこと言っちゃダメでしょ!!

っていうツッコミを
入れたくなったり、

この二人見てると
むず痒くなってしまう。笑

ホラー部分は
ちゃんとホラーだから
すっごいいいと思う。

2013/05/31 23:04

投稿元:ブクログ

う~んなんで最後のところ中途半端に切るのだろうか。    
高スペックな恋のライバル登場とかもう完全にラブコメじゃないですかー。   
今回は各話それぞれなかなか面白いお話だった。   
こういうライトなオカルト系なら、結構楽しめていいですね。

2017/02/04 16:45

投稿元:ブクログ

藍さんだけではなく、オカルト研究部のみんなが森司の恋に協力的なのが読んでいて面白い。今のところこよみさんも森司に気があるようだけれど、ライバルの小山内くんは手強そう。ストーリーは軽く読めていいが、軽すぎて印象に残らなかった。

2013/08/28 13:15

投稿元:ブクログ

青春オカルトホラー第三段!
話の読みやすさはもちろん、恐さも倍増して、さらに恋のライバルなんかも現れちゃったりして。
そのライバルがいい奴で。また困ったもんだ。って感じでしたが、どうやら森司とこよみの間はちょっとづつ進展しているみたいで、二人がこれからどうなっていくのかまだまだ続きが気になるところです。

2013/05/10 16:52

投稿元:ブクログ

読みやすく、軽い感じの
ホッコリした心霊系で、結構好きです。
あえて、微妙な霊感具合がいいと思います。

2013/10/04 22:57

投稿元:ブクログ

【幽霊が「視えてしまう」草食系大学生の八神森司。

怖がりな彼がオカルト研究会に属しているのは、ひとえに片想いの美少女こよみのため。

霊にとりつかれやすい彼女を見守るのが、彼の生き甲斐だ。
そんなある日、映研のメンバーが、カメラに映りこんだ「後ろ姿の女の霊」の相談に訪れた。

しかもそのカメラでこよみを隠し撮りされ……!?

本当に怖いのは、人かそれとも幽霊か?
期待の新鋭が放つ大人気オカルトミステリ第2弾!!

あらすじより】

2013/08/15 21:37

投稿元:ブクログ

シリーズ3作目
なんとなく、慣れて来た感じ

恋人と上手くいかなかった時って
自分が悪いって、思いがち
もちろん、お互いに歩み寄る努力は必要なのだけれど
相性が悪いっていうことも多い
そんな当たり前のことを思い出した

2013/12/15 23:56

投稿元:ブクログ

こよみの元同級生、好青年の小山内くん登場。
八神くんって後輩に対してなんかエラそうだなw

第三話「泣きぼくろのひと」のおばあちゃんカッコいいね。
「死びとは怖い。でもまともに生者と死びとがぶつかったら、ぜったいに死びとは勝てない。陰は陽にかなわない。それが世のことわりだ」
彼女がきょうだいというのは悲しい…。

こよみがつけたサボテンの名前、絶対八神の名前関係だろ!

小山内と八神ほホモ展開もあり得る。泉水は見た!

こよみは確実に八神に好意がある感じになってきた。「…がっかりしましたか?」と聞くのかわいい。
森司「でもおれ、きみにはなにも期待しないようにしてるからなぁ」とかひどすぎだろwwこよみが硬直するのも無理ない。
これはあまり良い言い訳できずに多少気まずい感じになるな。次巻も読みます。

2013/09/13 18:19

投稿元:ブクログ

今回も楽しく、一気読みしました(角川ホラー文庫から出版されてますが、あまり怖くない)。
こよみちゃんの小中学校の同級生の爽やか歯学部生の小山内くんが登場し、森司くんの反応が、微笑ましかったです。

第四話の『白丁花の庭』、ホロリときました。

こよみちゃんが、サボテンにつけた名前が気になります。

次巻も楽しみです。

角川ホラー文庫 ランキング

角川ホラー文庫のランキングをご紹介します一覧を見る