サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. マーケティングと共に フィリップ・コトラー自伝

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

マーケティングと共に フィリップ・コトラー自伝
マーケティングと共に フィリップ・コトラー自伝 マーケティングと共に フィリップ・コトラー自伝
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/08/26
  • 出版社: 日本経済新聞出版社
  • サイズ:20cm/229p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-532-16922-0
  • 国内送料無料

紙の本

マーケティングと共に フィリップ・コトラー自伝

著者 フィリップ・コトラー (著),田中 陽 (訳),土方 奈美 (訳)

世界的マーケティング学者、フィリップ・コトラーの自伝。家族、青年時代、NPOとの出会い、日本への思い、マーケティングの未来などについて綴る。『日本経済新聞』朝刊連載「私の...

もっと見る

マーケティングと共に フィリップ・コトラー自伝

1,944(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

世界的マーケティング学者、フィリップ・コトラーの自伝。家族、青年時代、NPOとの出会い、日本への思い、マーケティングの未来などについて綴る。『日本経済新聞』朝刊連載「私の履歴書」を大幅加筆し書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

フィリップ・コトラー

略歴
〈フィリップ・コトラー〉MITで博士号取得。ノースウエスタン大学ケロッグ経営大学院S・C・ジョンソン&サン特別教授。アルファ・カッパ・サイ財団賞を受賞。著書に「コトラーのマーケティング・コンセプト」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/11/05 16:59

投稿元:ブクログ

コトラーと言えば、マーケティングの大家。
この本は、日経新聞の「私の履歴書」をもとに、字制限等で書ききれなかった箇所を詳細にして書籍化したもの。

経済学で博士号を取ったが、マーケティングはまだまだ歴史が浅い学問であり、だからこそ新しい発見が出来る可能性が高いと飛び込んだと言う事だが、それはコトラー自身にとっても我々にとっても正しい選択だったのだと思った。

マーケティングの初期に広告の役割を説明する際のたとえ話で「広告せずに事業を営むのは、暗闇で女の子にウィンクするのに等しい。自分が何をしているのか、周りには全く伝わらない」と言う個所があったが、それは現在でも通用するマーケティングの神髄かもしれないと思った。

マーケティングと行動経済学は別の名前だが同じ学問であると言う個所があったが、だからこそ、こんなに自分は興味を持つのかと思って非常に納得できた。

2014/09/07 01:18

投稿元:ブクログ

マーケティングの神様、フィリップ・コトラーの自伝。昨年から日経新聞の「私の履歴書」で連載されていたものに加筆されたものだ。
本書では彼の自伝だけでなく、マーケティングという理論をどのように捉えるべきか、どのようにほかの分野に活用するかなどが書かれていて大変示唆に富む内容であった。
わたしもMBA課程でマーケティングを先行した端くれとして、いまのビジネスにマーケティング理論を当てはめることで、よりよいサービス提供ができることを期待して、いろいろと考えていきたい。

2014/09/28 14:31

投稿元:ブクログ

コトラー氏のなぜマーケティングを志したかから始まり、現在に至る半世紀を越える軌跡を語る一冊、ある意味マーケティングの歴史とも言え、素人にも分かり易く書かれているのがとても良かった。
なかでも社会問題の解決を促すという「ソーシャル・マーケティング」と「10年後には、企業のコミュニケーション予算の半分をソーシャルメディアに費やすようになると私は見ている」との記述が印象に残った。

2014/09/07 06:45

投稿元:ブクログ

私の履歴書は、偉人の成功体験を主観的に日記的に記載しているものが多く、エッセイとしての読み物ばかりの中で、帯にあるようにマーケティングの教科書として、非常に有益な書であると感じた。今後、マーケティングの仕事に携わる中で、この本を参考に丁寧に学んでいきたいと思う。

2014/09/26 16:05

投稿元:ブクログ

こちらはコトラー氏の自伝となりますので、マーケテイングを学びたいのであれば、更にはコトラー氏の本を最初に読むのであれば、純粋にマーケテイングについて書かれた本を最初に読みましょう!!

外国 ランキング

外国のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む