サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

死に支度
死に支度 死に支度

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/29
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/269p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-219135-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

死に支度

著者 瀬戸内 寂聴 (著)

作家として、宗教者として、人間として―烈しくも真贄に生き抜いた、92歳の到達点。いつ死んでも悔いはない。毎日が死に支度。深い感動と愛に満たされる、著者渾身の傑作長篇小説。...

もっと見る

死に支度

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

死に支度

1,242(税込)

死に支度

ポイント :11pt / 紙の本より270おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

作家として、宗教者として、人間として―烈しくも真贄に生き抜いた、92歳の到達点。いつ死んでも悔いはない。毎日が死に支度。深い感動と愛に満たされる、著者渾身の傑作長篇小説。【「BOOK」データベースの商品解説】

いつ死んでも悔いはない。毎日が死に支度−。作家として、宗教者として、人間として、烈しくも真摯に生き抜いた、92歳の到達点。すべての世代へ「死と向かい合う智恵」を伝える長篇小説。『群像』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

「死に支度」は「生き支度」。92歳の現役作家であり僧侶として幅広い読者から支持を集める瀬戸内寂聴氏。誰よりも濃く、深く生きてきた著者は、卒寿を機に「いつ死んでも悔いはない。毎日が死に支度」との思いでこれまでの人生を振り返り、出会ってきた数々の愛する人々や出家者の死に様を交えながら、自らの死に方を考えていく。そして最後に行き着いた、意外な境地とは―‐? 死と向かい合い、新たな生を考える智恵の書。

【あらすじ】
91歳の誕生日を前にしたある朝、小説家の私に長年付き添ってきた寂庵のスタッフたちが一斉に辞意を伝えた。自分たちを養うために働くのはもうやめて、これからは大事な仕事だけに専念してほしい、との彼女たちの思いに心打たれた私は、「卒寿の革命」を決意する。ただ一人残った最年少のスタッフ、24歳のモナとともに新たな生活を始めた私は、間近に迫る自らの死を思い、最後の連載「死に支度」を始める。それは、これまでの人生を振り返り、出会ってきた愛する人々や出家者たちの死に様を通して、自らの「理想の死に方」を探る旅だった――。【商品解説】

著者紹介

瀬戸内 寂聴

略歴
〈瀬戸内寂聴〉1922年徳島市生まれ。東京女子大学卒。73年に平泉中尊寺で得度、法名寂聴となる(旧名晴美)。「花に問え」で谷崎潤一郎賞、「場所」で野間文芸賞、「風景」で泉鏡花文学賞受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

さすが・・・

2014/12/24 14:12

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:らっち - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者は人間的にも尊敬している人物で、90歳を超えられてさらに人間としての深みが増しているというか・・・
この作品も、読み始めた頃は寂庵での日常を描いただけのものかと思っていたのですが、読み進めると寂庵スタッフとのやりとりのひとつひとつが本当に人間味があるというか、家族の絆よりも強いなにかが生まれていく過程が読み取れて、一気に読み切ってしまった。
最後の著者からの手紙には、自分に宛てられたものでもないのに、なぜか涙が出てきてしまったのと同時に、著者の根底にあるユーモラスな表現で締めくくられていて、読み切ったあともしばらく余韻に浸ってしまった。
いくつかの作品を読んでいるが、さすがとしか言いようのない作品だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

シャレ満載

2015/10/28 17:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルから、すでに洒落ている。ある意味でのブラック・ユーモア。内容も、エッセイといっていいのだろう、寂庵の若い女性スタッフとのやりとりやら、庵での裏話やら、十二分に笑わせる。性を書き続け、だからこそ酸いも甘いも…寂聴さんならではの一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

期待外れ。

2015/09/02 06:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:AROMA5 - この投稿者のレビュー一覧を見る

大御所の作品。タイトルに惹かれて購入。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/01/04 23:34

投稿元:ブクログ

50代は ひよっこ。そんな感じになる。
ぼけへのおそれ。
友人や知人の死。
それでも 働き続ける 書きつづける
力入っていないのに、
迫力のある 日々が 立ち上がってきます。

2015/04/08 10:56

投稿元:ブクログ

久々に、瀬戸内寂聴さんの本を読みました。始め、マネージャさんの一人称ではじまるので違和感がありましたが、全体には面白く改めて達者だと感心しました。死ぬまでに書いて置きたいこと、ご自分の家のこと、尽きないでしょうが、死に支度2を出しても良いのではと思います。

2015/02/14 23:00

投稿元:ブクログ

いつ死んでも悔いはない。毎日が死に支度
という92歳で 現役作家の寂聴さん。
自分たちを養うために働くのはもうやめてと
寂聴さんを思い 一斉に退職したスタッフに代わり
一人残った24歳のモナさんが 最高に楽しい!
ホロっとしたりクスクスしたり 面白かったぁ~!

2015/05/15 05:42

投稿元:ブクログ

92歳を迎えた著者の死に対する態度を書いたエッセイ。70台ですでに生前葬を行い、そのさらに前に出家しており、とっくに死んだものとなって胃はいるがなかなか実際には死なず、多くの人を看取る一方精力的に活動しその有り余るとても92とは思えないエネルギーを他者との交流や執筆に当てている毎日。

2015/03/22 09:53

投稿元:ブクログ

ちょっと謎の多い寂聴さんの今

パワーの大きな人の周りには、自然とパワーの大きな人が集まって来るんだなぁ。
ちっぽけな私にはちょっと真似できないけど、羨ましい&出来たらいいなぁ・・・と思える生き方が詰まってます。

2015/08/14 11:56

投稿元:ブクログ

さすがの文章力に感嘆した。
とても優しい文体で、本を開くとセミの声や周りの喧騒が一段遠くに感じられる気がする。静かな心持ちで読書に耽ることができた。

目の当たりにしてきた様々な死と、目の前に迫ってくる自らの死。自らのそれを迎えるまでにやれる事を全力で取り組みながら、一方で寂庵の庭の植物を愛でながら静かに待つ。できてないと綴りながら、それこそが死に支度なんだろうなぁと、勝手に感じた。

2015/02/11 22:15

投稿元:ブクログ

寂聴さんとその周りの方々の日常。
思わず肩の力が抜けて、ふっ
と笑ってしまいます。

老いは誰にでもやってくるもの。
準備をすることは自分への向き合いともに
周りの人たちへの心づかい(感謝)でもある。
心づかい

2015/06/25 00:22

投稿元:ブクログ

誕生日が、同じ。得度以前の作品は生々しくてまだ読めず、エッセイをさや対談をよく読んでます。書簡形式の文面もあり、興味深い。

2015/11/19 11:21

投稿元:ブクログ

まだまだ死に支度はしないけれど、寂聴さんの90歳すぎても衰えない、エネルギッシュさはすてき。
そして彼女の周りには私くらいの年齢の若い子がそばにいて、それが元気の源になっていることを彼女も知っているはず。