サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

白鳥の湖
白鳥の湖 白鳥の湖
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生
  • 発売日:2014/11/11
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:22cm/88p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-06-219147-0
  • 国内送料無料

紙の本

白鳥の湖 (クラシックバレエおひめさま物語)

著者 チャイコフスキー (原作),小林 深雪 (文),小谷 智子 (絵)

名作バレエ物語の決定版!クラシックバレエおひめさま物語シリーズ。美しく生まれるより、お城に生まれるより、もっとたいせつなこと。それは―。バレエ『白鳥の湖』の真実の愛の物語...

もっと見る

白鳥の湖 (クラシックバレエおひめさま物語)

1,296(税込)

ポイント :12pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

名作バレエ物語の決定版!クラシックバレエおひめさま物語シリーズ。美しく生まれるより、お城に生まれるより、もっとたいせつなこと。それは―。バレエ『白鳥の湖』の真実の愛の物語がここに。【「BOOK」データベースの商品解説】

美しく生まれるより、お城に生まれるより、もっとたいせつなこと。それは-。バレエ「白鳥の湖」の真実の愛の物語。舞台では描かれない情景、心理描写や登場人物たちの会話なども含めて、人気作家が自由な発想で描く。【「TRC MARC」の商品解説】

《クラシックバレエおひめさま物語シリーズ》
 女の子なら誰もがあこがれるクラシックバレエの物語の中から、とくに名作といわれる5演目のヒロインに焦点をあてた、名作バレエ物語の決定版です。
 舞台で演じられるストーリーに沿いつつも、舞台では描かれない情景、心理描写や登場人物たちの会話などを、人気作家の方々が自由な発想で描かれます。
「クラシックバレエおひめさま物語」のラインアップは以下の通りです。

(11月)『白鳥の湖』小林深雪
(11月)『くるみわり人形』 斉藤洋
(12月)『眠れる森の美女』藤本ひとみ
(1月)『ジゼル』吉野万理子
(2月)『ドン・キホーテ』 石崎洋司

《物語のあらすじ》
 昔々、ヨーロッパの小さな王国でのお話です。
 森にかこまれた王国の真ん中に、青い三角屋根の白くかがやくお城がありました。
お城では、もうすぐジークフリート王子の成人をいわうパーティーがひらかれます。王子は、母である王妃から、そこで結婚相手の王女を見つけるよういわれていました。
 まだ、ほんとうの恋もしたことがないのに……。
 王子は、だれにもいえないなやみをかかえて、「白鳥の湖」へ出かけます。
 そこで出会ったのは、初恋の相手、オデットでした。しかし、オデットは悪魔ロットバルトにより、白鳥にすがたを変えられていました。
 はたして王子は、初恋の相手を、取りもどすことができるのでしょうか?

美しく生まれるより、お城に生まれるより、もっとたいせつなこと。それは、愛を見つけること。「泣いちゃい」シリーズの小林深雪がえがく、バレエ『白鳥の湖』の真実の愛の物語。【商品解説】

著者紹介

チャイコフスキー

略歴
〈チャイコフスキー〉1840〜93年。ロシアの有名な作曲家。「くるみわり人形」「眠れる森の美女」などを作曲。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ロマンチック

2016/01/27 00:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

小林深雪さんがかく白鳥の湖。
ロマンチックな恋物語で良かった。
バレエを知らなくても問題なしで読みやすい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/02/04 21:12

投稿元:ブクログ

きゃー!王道!
キラキラ王子さまとふんわりお姫様のドラマチックな白鳥の湖。
挿絵も少女漫画だけどストーリーも負けてない。
ロットバルトがオデットに求婚を拒まれて白鳥にして森に監禁とか。
ジークフリートとオデットは実は幼い頃に出会っていたとか。
なにげにロットバルト美形だし。
「王子さまが愛したのは、わたしのこの見た目だけだったのよ。」と嘆いたり。
読んでいてクラクラ。
妙にニヤケてチビずに「そんなに面白い?」と怪訝な顔をされる。
丘の上の王子さまか!などなど内心ツッコミまくりでしたが、今までにない白鳥の湖を堪能しました。
このシリーズ期待だわー!

2015/05/03 17:07

投稿元:ブクログ

子供向けバレエの本。
簡単に書かれているので、わかりやすかった。
昔一度見たきりで、内容を覚えていなかったので。
白鳥、黒鳥が出てくるけど、なんで黒鳥が出てきたんだっけ?という忘れていた記憶がわかった。

2015/10/20 21:03

投稿元:ブクログ

クラシックバレエの名作を、児童文学の人気作家が小学生でも読みやすい物語に書き直したシリーズ。
今回の「白鳥の湖」の物語は、「泣いちゃいそうだよ」の作者・小林深雪さんによって書かれています。

あるところに、とても優しい心を持った王子がいました。
王子はそろそろ結婚する年齢になったので、母の勧めにより結婚相手を探すための舞踏会を開くことになります。

まだ、本当の恋をしたこともないのに……とため息をつく王子の脳裏に浮かんだのは、幼い日に森の中の湖で出会ったひとりの少女。
王子は、その面影を求めるかのように湖に行きます。すると、邪悪な悪魔ロットバルトによって白鳥に姿を変えられた、思い出の姫オデットと再開し……。

***

わりと起承転結はっきりしていて、物語としても面白かったです。ラストがハッピーエンドなのでホッとしました。
このシリーズは全て巻末に作品の解説があります。わかりやすくて、とても良いです。

美術・音楽・芸能 ランキング

美術・音楽・芸能のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む