サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

天人 深代惇郎と新聞の時代
天人 深代惇郎と新聞の時代 天人 深代惇郎と新聞の時代

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/10
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/370p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-219182-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

天人 深代惇郎と新聞の時代

著者 後藤 正治 (著)

名文家しか書くことを許されない『朝日新聞』の名物コラム「天声人語」。新聞がジャーナリズムの中心にあった昭和に「天人」執筆者として輝きを放ち、惜しまれつつ早世したコラムニス...

もっと見る

天人 深代惇郎と新聞の時代

1,944(税込)

天人 深代惇郎と新聞の時代

1,620(税込)

天人 深代惇郎と新聞の時代

ポイント :15pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

名文家しか書くことを許されない『朝日新聞』の名物コラム「天声人語」。新聞がジャーナリズムの中心にあった昭和に「天人」執筆者として輝きを放ち、惜しまれつつ早世したコラムニスト・深代惇郎を、多くの証言から描く。【「TRC MARC」の商品解説】

朝日新聞の「天声人語」といえば深代惇郎――そう思い浮かべる人も多いはずだ。名コラムニストとして名を馳せた深代惇郎だったが、実際に「天声人語」を執筆したのはわずか3年弱だった。

46年の短い生涯を、講談社ノンフィクション賞、大宅壮一ノンフィクション賞受賞作家が丹念な取材から描いた人物ノンフィクション。【商品解説】

目次

  • 序章 言葉力
  • 第一章 浅草橋
  • 第二章 青春日記
  • 第三章 横浜支局
  • 第四章 戦後の原点
  • 第五章 昭和二十八年組
  • 第六章 上野署
  • 第七章 特派員
  • 第八章 名作の旅
  • 第九章 ロンドン再び

著者紹介

後藤 正治

略歴
〈後藤正治〉1946年京都市生まれ。ノンフィクション作家。「遠いリング」で講談社ノンフィクション賞、「リターンマッチ」で大宅壮一ノンフィクション賞、「清冽」で桑原武夫学芸賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/09/30 16:34

投稿元:ブクログ

天声人語の著者の中で最も話題になった深代惇郎の物語だが、彼の生い立ちをつぶさに取り上げている.朝日新聞の記者だからエリートだが、深代惇郎はそれを乗り越えて活躍した感じだ.人に感動を与える文章を書くには、様々な経験を自分のものとする感性が必要なのだろう.

2014/12/03 13:25

投稿元:ブクログ

 すべてのあゆみを記していなくても、伝わってくるものは、たくさんあろう。
 かつては、学生街の古書店ならば、いつも並んでいた彼の名を題した『天声人語』。自分も、たしか持っていたが、いつのまにか本棚から姿を消した。
 深代さんが主人公の一冊ではあるが、ここに描かれているのは、20世紀の良質の知性を、敬意をもって共有できていた、素直な時代の一面だ。

2014/11/25 12:17

投稿元:ブクログ

天声人語を書いていた深代惇郎の歩みをこれまでの著作と周囲の人々とのインタビューにより書かれた本です。
深代惇郎の本に出合ったのは、学生の頃。その文章と視野の広さに憧れ、この本に出てくる本を探し、読んだものです。今回は、その追体験を期待しましたが、人となりを感じるにはエピソードが少なかったのが残念。亡くなってから40年近くたっているからしょうがないのですが。今の新聞を見て、彼がどのような感想を持つか聞きたかったかな。

日本 ランキング

日本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む