サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 純喫茶「一服堂」の四季

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

純喫茶「一服堂」の四季
純喫茶「一服堂」の四季 純喫茶「一服堂」の四季
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 54件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/09
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:19cm/259p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-219185-2
  • 国内送料無料

紙の本

純喫茶「一服堂」の四季

著者 東川 篤哉 (著)

珈琲の味は、いまひとつ。でも推理にかけては一級品。人見知りの美人店主は、安楽椅子名探偵。「春」「夏」「秋」「冬」の事件を描く傑作推理短編集!【「BOOK」データベースの商...

もっと見る

純喫茶「一服堂」の四季

1,566(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

珈琲の味は、いまひとつ。でも推理にかけては一級品。人見知りの美人店主は、安楽椅子名探偵。「春」「夏」「秋」「冬」の事件を描く傑作推理短編集!【「BOOK」データベースの商品解説】

珈琲の味は、いまひとつ。でも推理にかけては一級品。人見知りの美人店主は、安楽椅子名探偵。快刀乱麻に事件を解き明かす! 春・夏・秋・冬の事件を描く推理短編集。『メフィスト』掲載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

古都・鎌倉でひっそりと営業する古民家風喫茶「一服堂」。エプロンドレス姿の美人店主は、恥ずかしがり屋で人見知り。しかし、事件となるとガラリと人が変わってしまう。動機には一切興味がない安楽椅子型の名探偵が「春」「夏」「秋」「冬」の4つの事件を鮮やかに解く、連作シリーズ!【商品解説】

目次

  • 「春の十字架」「もっとも猟奇的な夏」「切りとられた死体の秋」「バラバラ死体と密室の冬」

収録作品一覧

春の十字架 5−60
もっとも猟奇的な夏 61−120
切りとられた死体の秋 121−185

著者紹介

東川 篤哉

略歴
〈東川篤哉〉1968年広島県生まれ。岡山大学法学部卒。2002年「密室の鍵貸します」でデビュー。「謎解きはディナーのあとで」で本屋大賞を受賞。ほかの著書に「魔法使いと刑事たちの夏」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー54件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

キャラがいい!!

2015/06/07 08:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MR北海道 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作品は、キャラがいい。

東川篤哉さんは多くの濃いキャラクターを産んでいますが、また新たなジャンルの探偵が誕生しました!!
このキャラが面白い。
そして、いくつかの話に分かれてるので読みやすかったです

続編を望みます!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

季節ごとの・・・

2015/06/09 08:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キンちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

事件は・・季節ごと起きているんだ!・・四季なだけに
という事で、1シーズン廻ったので、これで完結かな?
続編も期待しています「安楽椅子」さんへ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

さらりと読める

2015/10/10 15:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:麻耶 - この投稿者のレビュー一覧を見る

※若干ネタバレ




トリック、若干無理があるところも気にならないくらいキャラクターが良かったです

安楽椅子さん、いい味出してます

散々叩かれる出版社に務める編集者、
サバサバした性格で頼もしい美人刑事、

途中出てくるキャラクターが一服堂の常連になっていくのが笑えました。東川さんのユーモアさが出ていておもしろかった

描写若干グロシーンありますが、それほどきつくなく、さらりと読める作品です

最後のトリックはやられました。予想外でした
うわーってなります(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ブーム?

2015/10/28 07:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

「ビブリア古書堂」シリーズがヒットして以来、珈琲の「タレーラン」や本著など、似た作品が頻発し始めた。活字離れの時代だけに、こうした手軽なものが受けるのだろう。東川氏の場合は「謎解きはディナーのあとで」の人気作があり、このフィールドで今後も活躍するのだろうか。本格的な小説を手掛ける時期でもあると思うが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

騙された

2016/06/06 18:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のぉちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

疑問に感じたことは、全て疑って掛かるべし
文字の世界だからこそあり得たことでも、最後に、騙されたと爽快感を感じるか、それ以外かは、読む人次第

それありか!
と思った1人です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/12/19 17:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/19 21:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/11 12:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/26 16:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/29 12:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/11 10:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/03 07:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/16 21:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/14 22:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/25 22:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る