サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 現代小説クロニクル 1975〜1979

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

現代小説クロニクル 1975〜1979(講談社文芸文庫)
現代小説クロニクル 1975〜1979(講談社文芸文庫) 現代小説クロニクル 1975〜1979(講談社文芸文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/11
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文芸文庫
  • サイズ:16cm/347p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-290245-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

現代小説クロニクル 1975〜1979 (講談社文芸文庫)

著者 日本文藝家協会 (編)

濃密な血の呪縛、中上文学の出発点「岬」(芥川賞)。男と女と日常の不穏な揺らめき「髪の環」。不幸の犠牲で成り立つもの「幸福」。流される僕の挫折と成長「僕って何」(芥川賞)。...

もっと見る

現代小説クロニクル 1975〜1979 (講談社文芸文庫)

1,836(税込)

ポイント :17pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

濃密な血の呪縛、中上文学の出発点「岬」(芥川賞)。男と女と日常の不穏な揺らめき「髪の環」。不幸の犠牲で成り立つもの「幸福」。流される僕の挫折と成長「僕って何」(芥川賞)。言葉以前の祈りの異言「ポロポロ」。垢の玉と生死の難問「玉、砕ける」。少年を襲う怪異の空間「遠い座敷」。文学は何を書き試み、如何に表現を切り拓いてきたのか。シリーズ第一巻。【「BOOK」データベースの商品解説】

現代小説40年の軌跡を辿るアンソロジー。芥川賞を受賞した三田誠広「僕って何」をはじめ、中上健次「岬」、田中小実昌「ポロポロ」、筒井康隆「遠い座敷」など、1975〜1979の名作全7編を収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

濃密な血の呪縛、中上文学の出発点「岬」(芥川賞)
男と女と日常の不穏な揺らめき「髪の環」
不幸の犠牲で成り立つもの「幸福」
流される僕の挫折と成長「僕って何」(芥川賞)
言葉以前の祈りの異音「ポロポロ」
垢の玉と生死の難問「玉、砕ける」
少年を襲う怪異の空間「遠い座敷」

1975~2014年の名作を5年単位で選りすぐり、
現代小説40年の軌跡を辿る全8巻。
文学は何を書き試み、如何に表現を切り拓いてきたのか。
シリーズ第1巻。【商品解説】

収録作品一覧

中上健次 著 7−103
髪の環 田久保英夫 著 104−125
幸福 富岡多惠子 著 126−143

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/02/29 00:34

投稿元:ブクログ

1975年から1979年にかけて書かれた日本文学から7篇を収録。個人的に面白かった順に。
 
中上健次「岬」
既読の作品。登場人物たちの語る紀州のことばや風景描写、そして短く切られたセンテンスによって、物語世界の暴力的な力強さであったり土俗的な血なまぐささであったりが、荒々しくも精緻に紡ぎ出されている。紀州サーガの出発点であり、日本文学を代表する傑作。
 
筒井康隆「遠い座敷」
座敷という日本独自の空間が持つ不気味さ/奇妙さを感じた。同時に、ありえない奇異が起こっているのに読後は違和感よりも懐かしさの方が強く残り、句読点が極端に少ない特徴的な文体も成功していると思った。
 
三田誠広「僕って何」
学生運動という今となってはとっつきにくいモチーフではあるが、主人公の抱える懊悩は現代の若者に通づるところが多分にあり、共感できた。「岬」と同じく芥川賞作品ながらこちらは軽妙で、読みやす過ぎるくらいに読みやすい。

田中小実昌「ポロポロ」
「ポロポロ」という祈りの言葉に託された、宗教というものへのスタンスが独特で面白かった。今後何度も読み返すことで面白味が更に増していくように思う。同じ表題のついた作者の短篇集も近々読んでみたい。
 
開高健「玉、砕ける」
垢擦りによって身体の汚れが落とされていくさまが気持ちよかった。秀麗な文章も仕掛けとしての〝垢の玉〟も、見事にきまっていた。
 
田久保英夫「髪の環」
最後に髪の環を作る場面が印象的。あまり皆子の魅力が伝わってこなかったのが残念だが、上手い短篇だと思った。
 
富岡多惠子「幸福」
幸福と不幸を巡る、これもよくできた短篇。が、ちょっと雰囲気が暗すぎるような。
 
どの作品も面白く読んだが、「岬」が圧倒的なために、他の作品の魅力が若干薄れてしまっている感もあった。