サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. グロービスMBAで教えているプレゼンの技術 人を動かす勝利の方程式

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

グロービスMBAで教えているプレゼンの技術 人を動かす勝利の方程式
グロービスMBAで教えているプレゼンの技術 人を動かす勝利の方程式 グロービスMBAで教えているプレゼンの技術 人を動かす勝利の方程式

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/09/29
  • 出版社: ダイヤモンド社
  • サイズ:21cm/164p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-478-02599-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

グロービスMBAで教えているプレゼンの技術 人を動かす勝利の方程式

著者 グロービス (著),吉田 素文 (監修)

日本のビジネスパーソンのための、等身大のプレゼン・メソッド。プレゼンの準備を詳細に解説し、実演段階での心構えやテクニックを紹介する。切り取れる「プレゼン作りのプロセス&チ...

もっと見る

グロービスMBAで教えているプレゼンの技術 人を動かす勝利の方程式

1,944(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

プレゼンの技術

1,555(税込)

プレゼンの技術

ポイント :14pt / 紙の本より389おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本のビジネスパーソンのための、等身大のプレゼン・メソッド。プレゼンの準備を詳細に解説し、実演段階での心構えやテクニックを紹介する。切り取れる「プレゼン作りのプロセス&チェックリスト」付き。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/03/24 19:07

投稿元:ブクログ

先日、ビジネスプランの発表があった。

遣り切った感がなく、悔しさの残る回となった。

復習を兼ねて、以前買っていた本を読み直した。

①タイムマネジメント
・プラン自体が定まらずずれ込んでしまった。
・パワポを作れば終わりではなく、発表の練習時間をしっかりととっておくべきだった。

②発表の練習をしっかりする!
・アイコンタクト、トーン、スピード、間の取り方、ひげ言葉をおさえる、歩き方、姿勢等
・原稿も用意(何をどう伝えるか)
・スライド見なくても話せる!

③プレゼンの構成
・よくある事業プランの構成ではなく、どう話したら魅力が伝わるのか?どこがポイントなのかを意識した作りにする。他のプランに勝つのであれば。


④その他メモ
・目的を押させる。誰にどんな状態になってもらうのか。思考、感情面のバランス。

・聴き手の分析
 認識、意見、感情、性格、立場等。何を知りたいか。

・何を伝えたいかではなく、聴き手が何を聞きたいか。何が疑問に思うか。例、問題解決のプロセス、時系列、メリデメ、大枠細部

・ストーリーラインの原則
 聴き手が主に知りたい事はできるだけ早く到達する。
 聴き手の関心が高い事に、なるべく多くの時間をさく
 (聴き手は、集中力が切れやすい。一旦切れたらNG)

・聴き手の心をつかむ
 ラポール(共感の場をつくる)
 ほどよく権威をアピール(質問を露骨になげかけるのはNG。Aさんの指摘を思い出せ)

・聴き手に印象を残す
 笑い、雑学、決め台詞

・序盤で場の空気を整える。聴き手が話を聞くべきと思う場を作る。

・リハーサルのポイント
 一言目のテンション、イントロから本題に入るまでの長さ、スライドや手元資料を頼らずに話せるか

2014/11/16 16:48

投稿元:ブクログ

これでhow to的なプレゼンの本は4、5冊読みましたが、ほぼ要点同じ。目的->聴き手の理解->ストーリーラインの構築->プレゼン。新しい気付きは、コンサル提案型、ウィキペディア型、起承転結型、冒険小説型と結論先でなくても許されということ。確かにワクワクドキドキのプレゼン有効です。

2015/07/12 20:06

投稿元:ブクログ

グロービスで学ぶプレゼンテーションの授業のエッセンスをまとめた本。かなりさらっと読めます。プレゼンは実践あるのみ、ですがそのためのスキルやマインドセットを整える本。

2016/03/31 13:56

投稿元:ブクログ

プレゼンを考える際のフローが見える良書!

・良いプレゼン=人が動くプレゼン。つまりは、メリットを感じさせること。聴き手の行動/態度/心象が無理なく変化すること
・①目的をおさえる→②聴き手を理解する→③聴き手の導き方を決める(何を伝えるか?、どのように伝えるか?)→④プレゼンする
・視覚的効果で冒頭から引き込む(冒頭なら話の中身以外でもOK)
・話してごとに目的がある。しかし、話しても明確にこれを聞きたいというのはない。あくまで、話し手主体でないようにすること。
・一番話を聞いてほしい層はどこにあるのか?本当の聴き手を絞り込む。属性、関心、などを動画イメージでもつ。
・何を伝えるべきか、なるべき多くの人に聞いてみることが、効率的かつ効果的。
・プレゼンの際に、いろいろと聴き手は?を立てている。その時間をとったり、単調な話で空きが来ないように波を作る必要がある。
<聴き手の心をつかむ>
・同じことに関心がありますよー、と伝える。それはセミナー以外の話でもOk。
・ほどよく権威を伝える。肩書、実績、など。上下関係をつくる。
・不安を取り除く。いつ終わるのか、いまどこを離されているのか、を考える。
・手をあげなら、ピンと指さしをする。
・語尾を最後まで聞こえるようにしっかり話す
・聴き手に好印象をもってもらうことが、聞いてもらう内容の浸透度につながる。だからこそ冒頭、セミナー前の準備が大切
・話についてきているか?確認するような、間、声かけ(よろしいでしょうか?)などを盛り込む
・いまこの場は話を聞くべきだ、と感じさせる。
・下手にへりくだらない。気持ちが離れ、下に見られてしまう。
<最後に>
重要なのは、①話し手の気迫(この話を届けたい)、②目的の正当性(社会善、やるべきこと)と感じさせる

ビジネス実務・自己啓発 ランキング

ビジネス実務・自己啓発のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む