サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 石燕妖怪戯画 妖怪絵師と夢追う侍

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

石燕妖怪戯画 妖怪絵師と夢追う侍
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/08/27
  • 出版社: AMG出版
  • サイズ:15cm/255p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8124-8854-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

石燕妖怪戯画 妖怪絵師と夢追う侍 (竹書房文庫)

著者 浅田 翔太 (著)

時は享保、年の瀬の頃。不忍池より南東になる(現・御徒町)組屋敷のひとつに、書をもってその名を馳せる石川家があった。その嫡男で17歳の石川硯は、父の命で町の子らに書道を教え...

もっと見る

石燕妖怪戯画 妖怪絵師と夢追う侍 (竹書房文庫)

702(税込)

石燕妖怪戯画 妖怪絵師と夢追う侍

702(税込)

石燕妖怪戯画 妖怪絵師と夢追う侍

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

時は享保、年の瀬の頃。不忍池より南東になる(現・御徒町)組屋敷のひとつに、書をもってその名を馳せる石川家があった。その嫡男で17歳の石川硯は、父の命で町の子らに書道を教える傍ら、自身は父に倣わず書物を書く道に進みたいと考えていた。しかし、その胸の内を父に伝えるも、にべもなく却下され、怒りに任せて家を飛び出してしまう。宵闇が迫り、飯屋に入った硯は、そこで饒舌に怪談を話す男と居合わせた。なんでもこの近くの寺で三味線が勝手に歩いて消えたそうだ。それは妖怪の仕業に違いないと言う。くだらないと思う硯の横に、おもしろいと話に聞き入る大柄な侍、佐野豊房がいた。家に帰るに帰れない硯は、一緒に妖怪を探そうと佐野に誘われ、嫌々その寺の中へと忍び込むことになってしまうのだが…。性格も生き方も対照的な二人連れが怪事件の真相を暴く大江戸妖怪奇譚―いざ開幕。謎と奇譚に満ちた新感覚時代小説!【「BOOK」データベースの商品解説】

舞台は江戸時代、後に妖怪を描いた画集「画図百鬼夜行」で有名となる浮世絵師・鳥山石燕。果たして、彼はなにゆえに“妖怪”にのめりこんでいったのか? 石燕がまだ佐野豊房であった若き日に遭遇した奇怪な事件を描く。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/02/01 13:17

投稿元:ブクログ

妖怪ものなのかなと思って読んだんですが、全然違いました。
自分の生き方に迷う若者と、妖怪大好きな青年が、周りで起こった事件を解決するお話。
内容自体は悪くないですが、妖怪は出てこないのでがっかりでした。

2014/12/06 10:27

投稿元:ブクログ

裏表紙にも帯にも書いてある大江戸妖怪綺譚、奇っ怪な妖怪事件はどこにあるのか?単に妖怪の名前が出て来るだけの青春モノ。
妖怪らしきものの存在は匂わせているが、それを感じてるのは石燕ではないのは何故なのだろう?
このシリーズを追いかければ分かるのだろうが、全くもって追いかける気なし。
読み始めは京極シリーズの亜流なのかと思ったが、全く以て非なるもの。
残念。

2015/02/06 15:01

投稿元:ブクログ

Tさんのおすすめ。

うすっぺらのぺらっぺら。
主題が若者の自分探しのせいか、
ホームズとワトソンじゃなくても良いけど、
二人の役割分担がぐちゃぐちゃというか。
人物設定が弱いってことかな。
登場人物の顔の見分けのつかない少女マンガみたい。

妖怪話の真相を解くという基本設定は良いけど、
なぜモラトリアムの若者にその謎が解けるのか、
という必然性が全く感じられない。

それに、相棒はのちに妖怪絵師(実在する)になるらしいが、
ただの妖怪好き以上の深みもリアリティもなし。

しかも、
細かいところが全く気にならない私をもってしても、
読み飛ばせないぐらい文章が下手。

竹書房文庫 ランキング

竹書房文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む