サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

ロセアンナ(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/25
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/378p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-101383-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ロセアンナ (角川文庫 刑事マルティン・ベック)

著者 マイ・シューヴァル (著),ペール・ヴァールー (著),柳沢 由実子 (訳)

ボーレンスフルトの閘門で、全裸女性の絞殺死体が見つかった。身元不明の遺体には誰からの問い合わせもなく、事件は膠着状態に陥ったかに見えた時、アメリカの警察から一通の電報が届...

もっと見る

ロセアンナ (角川文庫 刑事マルティン・ベック)

864(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

ロセアンナ 刑事マルティン・ベック

864(税込)

ロセアンナ 刑事マルティン・ベック

ポイント :8pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ボーレンスフルトの閘門で、全裸女性の絞殺死体が見つかった。身元不明の遺体には誰からの問い合わせもなく、事件は膠着状態に陥ったかに見えた時、アメリカの警察から一通の電報が届いた。「ソレハコッチノサガシテイルオンナダ」。ロセアンナ・マッグロー、27歳。この知らせをきっかけに、刑事マルティン・ベックは、ロセアンナと関係をもった男達についての証言を探ってゆくが―。警察小説の金字塔シリーズ・第一作。【「BOOK」データベースの商品解説】

ボーレンスフルトの閘門で全裸女性の絞殺死体が見つかった。アメリカの警察からの電報をきっかけに、刑事マルティン・ベックは、彼女と関係をもった男達についての証言を探ってゆき…。「マルティン・ベック」シリーズ第1作。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

第一作

2016/03/29 07:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽこ仮面 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ここからシリーズがスタートしたんですね。被害者像がなかなかに興味深く、警察ドラマとしても絶品です。シリーズ全作の新訳化、よろしくお願いいたします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/11/08 21:09

投稿元:ブクログ

本シリーズを読まずして警察小説は語れない。

「忍耐という美徳の物語」は、ヴァランダー・シリーズにも共通している。被害者を特定することに始まり、リストを潰し関係者に話を聞き、焦りと苛立ち、不眠や疲労に悩まされる半年間の捜査時間が、等身大の刑事の目線でシンプルに描かれる。派手さはないが、堅実な展開と魅力溢れる捜査チームにハマってしまい、気付くと読み終えるのが勿体無く感じていた。

ヘニング・マンケルがあとがきを書いていたが、読み終えると彼が本シリーズをリスペクトしていることに納得する。マルティン・ベックがいなければ、クルト・ヴァランダーも生まれなかったのではないかと思うくらい。いいキャラ、いいチーム。そして安心の柳沢さん、ありがとう。次回作が待ち遠しい!

2015/09/29 20:15

投稿元:ブクログ

以前は北欧ミステリといえば、マルティン・ベックシリーズを指した。本作は1965年発表の記念すべき第一作。

スウェーデンを遊覧中のアメリカ人女性ロゼアンナ(新訳ではロセアンナ)が遺体となって海から引き上げられる。警視庁殺人課のベックやコルベリらは捜査を開始するが、ロゼアンナが殺害された状況は依然として掴めない。募る焦燥感の中、船上で客が撮影した写真を切っ掛けに解決への足掛かりを得ていく。

殺人犯へと辿り着く過程は手堅く地味ながらも、経験を積んだ刑事らの直観に基づく捜査法は「警察小説」の真髄に迫るものだ。終始、被害者の写真に語り続けるベックの抑えた怒りの表出も忘れ難い印象を残す。

2015/06/15 12:33

投稿元:ブクログ

巻末にヘニング・マンケルの献辞が収録されており「ヒーローはいない」と書かれてある。マルティン・ベック・シリーズは中央本庁刑事殺人課の捜査官の面々が普通に仕事している様が描かれている、と言う事を一言で表した言葉だろう。このシリーズを読んでいると、巡回警官(パトロール警官)が結構間抜けと言うか、仕事さぼってんなぁ、と言う(当時のスウェーデン警察の風潮なんだろう)印象があるからこそ、刑事課の属する彼らが如何に優秀な警察官であるか、と言うのが解るのだが、優秀だから高飛車でヒーロー願望も強い、と言う事は一切ない。
ロセアンナと言う名のアメリカ人女性が閘門の水の中から全裸遺体で発見される。女性の身元を突き止めるとこから捜査が始まり、他の観光客の撮影した膨大な写真から彼女の動きを探り、容疑者の男に辿り着き、尋問後釈放するのに犯人はこいつと確信するベック…。尋問場面が特に秀逸だったが、極力「言葉」と「動作」のみの客観的な書き方に徹する事でこのシリーズは「煽り立てる事」なく、刑事として働くチームの「動き」を「見せて」貰えると言う醍醐味が味わえる。プロフェッショナルの生の仕事ぶりを拝んでいる感覚を味わえる。ベックが淡々として見える。マルティン・ベック、コルベリ、アールベリ、ステンストラム、メランダーとそれぞれの捜査官ごとに秀でたところがあって、その部分に於いてチーム内での認知が済んでおり、そこを生かして団結してチームワークで、と言うより、部品の一つとしてハマるのが当たり前、的に動いてる様が実に合理的でイイ!容疑者に「餌」を蒔いて食いつかせると言う作戦を組む。尾行から捕獲までのシュミレーションを行う時も、如何に無駄なく迅速に正確に行えるか、と言うのが出来栄え基準で、出来ると確信して動いている。予測より秒数が縮まったからと言ってハイタッチして喜び合う、とか、無い。出来て当たり前なのだ…彼らの「仕事」の描写を客観的に感情を交えず(緊張して云々したと書かず、額に小粒の汗が浮いているとだけ書く、そこに緊張している、と言う事が読者に解る書き方になっている)淡々と書かれる事で、部外者としてそこに自分が居て、ただ見ている感覚に陥る。それによって読者の緊張感が高まる仕組み。容疑者をひたすら尾行するステンストラム(8時間以上歩き続ける容疑者の後をひたすら尾行して彼自身も同じ時間を歩いている)とか、プロの仕事が如何に「終わりのない継続」であるかが解る。口数多くはないが捜査の行方を確信しているベックの刑事としての頭の良さとか、唸るよ…
感情面を省き、煽り立てる事なく書くってかなり困難な事だと思うんだよ。特に「フィクション」である場合は、書き手の方も「人物の感情面を読者に察して欲しい」と言う気持ちが湧くだろうし。そこを徹底して自制する…作者が作品と自分を切り離しつつ自分が作り出した登場人物を信用してるからだろう。

2016/08/25 02:03

投稿元:ブクログ

捜査にほとんど進展がない期間をじっくりと書いているのが耐えられればとても面白いと思います。
実際に国際的な部分のある事件って、インターネット以前の世界ではこのくらいじりじりと経過していってたんだろうなぁ。
携帯電話もインターネットも無いころを思い出せるかどうかで、評価が変わりそう。
正直、生まれた頃からインターネットがありましたっていう世代の人は退屈に思うかもしれません。

2016/09/19 20:55

投稿元:ブクログ

スウェーデンの刑事マルティン・ベックのシリーズ1作目。
1960年代の刑事達の地道な捜査、すぐ胃が痛くなっちゃうし、風邪もひきやすいベック刑事が、運河の泥から見つかったアメリカ人女性の事件を粘り強く捜査してく。

半分過ぎまで、手掛かりが何もないままですが、全然飽きないで読めます。社会派という売りですが、全然押し付けがましくなくて良い。

シリーズ10作あるみたいなので、続けて読んでいきたい。

2015/08/16 20:35

投稿元:ブクログ

王道の警察ミステリィと言う感じ。

日本の警察ミステリィみたいに汚職や組織的隠蔽などが(今のところ)無いので純粋に犯人追跡を楽しめた。

殺害の動機が不完全燃焼な印象を受けた。
外国人としてはあれで「推して知るべし」となるのだろうか...?

2015/02/05 20:35

投稿元:ブクログ

この有名シリーズを今まで手に取らなかったなが残念でならない。マンケルよりもヒラリーウォーを思い出した。酷い陵辱を受けて殺された女性の死体が発見された所から話が始まる。数ヶ月は身元さえ分からないのだが、主人公や他の警官は淡々とやるべきことをやり、徐々にに真相をつかんでいく。その過程が、派手さは全くないのに全然退屈しない。後半、犯人を罠にかける場面もじっくり書かれていて実にリアルだ。先を読むのが楽しみ。