サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

言語理論の経験的基盤
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:研究者
  • 発売日:2014/09/19
  • 出版社: 開拓社
  • サイズ:22cm/201p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:978-4-7589-2203-6
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

言語理論の経験的基盤

著者 長谷川 欣佑 (著)

極小主義プログラムは理論と経験的事実との健全な相互依存関係が希薄になる傾向が見られる。極小主義に立つ多くの研究が依拠する基本的仮定群を再検討し、生成文法の基本理念に基づく...

もっと見る

言語理論の経験的基盤

3,456(税込)

ポイント :32pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

極小主義プログラムは理論と経験的事実との健全な相互依存関係が希薄になる傾向が見られる。極小主義に立つ多くの研究が依拠する基本的仮定群を再検討し、生成文法の基本理念に基づくより妥当な文法理論の建設を目指す。【「TRC MARC」の商品解説】

生成文法理論の最大の貢献は、その目標自体(=個別言語の言語能力および普遍的言語獲得能力を明示的な形で表現するための理論装置の開発)が、理論・実証両面で多くの発見を促し、統語分析の質を飛躍的に高めたことにある。最近の主流をなす極小主義プログラムは野心的であるが、理論と経験的事実との健全な相互依存関係が希薄になる傾向が見られる。著者は極小主義に立つ多くの研究が依拠する基本的仮定群を再検討し、生成文法の基本理念に基づくより妥当な文法理論の建設を目指す。【商品解説】

目次

  • 第1章 言語理論の経験的基盤:総論
    • 1.0.はじめに
    • 1.1.Bare Phrase Structure(原始的/単語表示句構造)
    • 1.2.コントロールの移動理論
  • 第2章 2項枝分かれ構造と要素間の順序付け
    • 2.1.2項枝分かれ構造仮説とその予測
    • 2.2.Larson分析の根拠
    • 2.3.正しい句構造とその意味合い
    • 2.4.統語上の原則と知覚処理方式
    • 2.5.要素間の前後関係

著者紹介

長谷川 欣佑

略歴
"1935年(東京都)生まれ。1962年東京大学大学院人文科学研究科英語英米文学専門課程(博士課程)修了。東京大学名誉教授、獨協大学名誉教授。主要業績: “English Imperatives”(『中島文雄教授還暦記念論文集』(研究社、1965)所収)、“The Passive Construction in English” Language 44(1968)、“Transformation and Semantic Interpretation” Linguistic Inquiry 3(1972)、「Generalized A-over-A Principle(1-2)」『英語青年』119巻11-12号(1974)、「境界理論としてのBarriers批判」『言語』15巻12号(1986)、「言語理論における『変形』の位置」『言語』18巻2号(1989)、『文(I)』(現代の英文法第4巻、研究社、2000)[分担執筆]、『生成文法の方法―英語統語論のしくみ』(研究社、2003)、“Notes on wh-Movement”(『言語研究の宇宙』(開拓社、2005)所収)、など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

言語学 ランキング

言語学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む