サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. マネーと国家と僕らの未来

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

マネーと国家と僕らの未来
マネーと国家と僕らの未来 マネーと国家と僕らの未来
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/11/29
  • 出版社: 廣済堂出版
  • サイズ:19cm/197p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-331-51872-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

マネーと国家と僕らの未来

著者 ハッカーズ (著),堀江 貴文 (著),茂木 健一郎 (著),金杉 肇 (著)

仮想通貨であるビットコインのような「中央集権的ではない」通貨が普及すれば、通貨発行権を背景にした政府の権力構造が変わるかもしれない-。茂木健一郎、堀江貴文、金杉肇による、...

もっと見る

マネーと国家と僕らの未来

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

マネーと国家と僕らの未来

1,101(税込)

マネーと国家と僕らの未来

ポイント :10pt / 紙の本より303おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

仮想通貨であるビットコインのような「中央集権的ではない」通貨が普及すれば、通貨発行権を背景にした政府の権力構造が変わるかもしれない-。茂木健一郎、堀江貴文、金杉肇による、3歩先の世界を見通すトークセッション。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

ビットコインはこの3人と無関係

2015/01/17 14:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:consultant - この投稿者のレビュー一覧を見る

ビットコインはシニュニージョとは離れて決済方法として特定の人たちに普及してるのは事実であるが、この3人の誰が作ったものでもなく既存のものを一般大衆であるマジョリティより早く見つけ対談している駄本
大体、いつもこのパータンが多い
イノベータ理論のピラミッドの2番目か3番番目くらいに位置する連中だろう
何か他者がやった新しいげなことを見つけては、お金にしようとするパターンだ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/10/25 21:11

投稿元:ブクログ

bitcoinについて、わかったようなわからないようなままだった部分が晴れました。
最後の茂木さんと堀江さんの意見が衝突するあたりが、お互いの価値観をよく表していて象徴的です。

2014/12/06 11:33

投稿元:ブクログ

ビットコインの話メインというより…
貨幣・国家・ネットと科学が発達したこれからの世界に関する、ざっくばらんなトークという感じ。

特に珍しい議論でもないし刺激になるような本ではないけど、「ビットコインなにそれ聞いたことない」て人は一読の価値アリかも。

2016/02/14 22:13

投稿元:ブクログ

ビットコインの話をメインとした国家社会についての本。
正直いまだにビットコインってよく分からないのだけど、本当に発行量には制限があるんだろうか。今はそう思ってるだけで、将来的に「やっぱりもう少し増やそうか」とかなりそうな気もするけど、そんな単純なものじゃないのかな?
なんだか、いろいろビットコインの良さについて語ってあったけど、やっぱりどうにもデメリットが多い気がする(特に現時点では)。投資目的なら別だけど、実用的になるのは難しいんじゃないかな。秘密鍵を失くしちゃったらまずいらしいし(そんなこというと、紙のお札でもそうかもしれないけど)。秘密鍵を盗まれたらビットマネーごと盗まれるようなものなんだとか。うーん……。
最初の問診は人工知能に任せたほうがいいというのは納得できる。昨年亡くなった声優の松来未祐さんがかかった慢性活動性EBウイルス感染症だって、難病指定されてないぐらい珍しい病気で、最初は風邪と診断されたようだけど、もしも人工知能だったら最初から特定できた可能性もあったんじゃないだろうか。

2015/04/26 21:27

投稿元:ブクログ

「世界の人々はビットコインで決済するべきである」という趣旨のことが書いている、と読みました。
ですが、「ビットコインが与えられる」というマイニングの仕組みがよく分かりませんでした。
なぜこのビットコインを安心して使えるのか?私が古いだけか。。。

2015/07/19 15:13

投稿元:ブクログ

国家は一種の社会保障である。
ITでつまらない仕事はなくなる。
IBM人工知能ワトソンの可能性。

社会のミスマッチ、書類に判を押す仕事より、お年寄りや赤ちゃんの世話をしたり、シングルマザーの家事を代行したりそちらの方がはるかに必要とされる。
ホワイトカラーと言われている人の仕事は今の10分の1にし、もっと人間関係の仕事をすればいい。
テクノロジーは仕事の質を変える。デュオリンゴの仕組み、コンピューターが人間に仕事(翻訳)を割る振りするしくみ
ランサーズ 日本最大のクラウドソーシングの会社
カウチサーフィン 知り合った人の家を借りて食事や観光を共にしたりする。

2015/01/04 23:50

投稿元:ブクログ

仮想通貨について引き続き深く調査・投資をしているので、そういう意味でも楽しみにしていました。 内容的には初心者のかたでも理解できるし読みやすいと思います。

2016/03/01 13:35

投稿元:ブクログ

お金とは信用であるということを再び実感。ビットコインの未来を読むことが出来たり、社会を違う角度で考え直すことができた面白い本

2016/03/16 19:11

投稿元:ブクログ

 ビットコインってなに?おいしいの?
 この本を読んでもなおぼんやりしてるけど、読む前よりは分かったような気がしないでもないような(曖昧)。

 ビットコインメインで議論が進むが、その中で派生した国家の話、テクノロジーが作る仕事論、は面白かった。保育士が不足している一方で、判子を押すためにたくさんの人が働いているようなミスマッチ、どうしたら解消できるのか。感情論で既得権益を主張する人は絶対いなくならないだろうから、本当いったんリセットできればいいのに。
 教育も、自分が子どもを持ったとき、行政に任せていいものかと不安はある。何歳で何を学ぶかとか、中学が絶対に3年間とか、本当馬鹿馬鹿しい。広い世界を見せられる親になりたい。

2015/01/01 04:39

投稿元:ブクログ

●これまで紙幣や硬貨という形態こそが、お金の本質を見誤らせてきた元凶なんじゃないか。人はモノを前にすると、そのモノをついありがたがってしまう。生きていくために大事なことは、人と人との信用関係であり、お金はそのやり取りを円滑にするための道具にすぎない。人に快く助けてもらえるような信頼関係をいつだって築くことさえできれば、本当はお金なんていらない。目に見えない仮想通貨(ビットコイン)のほうが、紙幣や硬貨のような目に見える物量に目くらましされない分、その本質をよりクリアに実感させてくれるだろう。

●感情による判断は危険・・・ビットコインに代表される文明の新しい潮流を否定したくなる心情もわかる。これまでの常識を覆されるのは、変化を好まず、現状を維持したがる安定志向の人には不安だろう。しかし、その不安にとらわれて感情的にとらわれて感情的に反発してしまうのは、危険だ。
ビットコインはいわばリトマス試験紙。既成の秩序とか、システムとかを疑える脳があって、そこにものすごい分水嶺がある漢字がする。現代って、世界に目を向ければ、イノベーションを起こしたり、新しいことをやる人が多くて、その人たちは「疑える脳」のほうなんです。

●変えられないと思い込んでるだけ:ほとんどの人は現状維持って言葉が好き。

●自信がある人は「前へ倣え」しない
・「前へ倣え」をしないことができるのは「自信」があるから。自信が安全基地。いろいろなことに挑戦するためには安全基地が必要なんだけど、自分のスキルや知識や経験を裏付けにしている人と、所属している組織とか肩書きに頼る人ではフレキシビリティが違う。自信があって自分の力で生きていける人は、組織や肩書きに頼る必要はないが、それがない人は組織や肩書きという安全基地に固執する。
問題なのは、地域全体として「前へ倣え」的な生き方の人が多いために、イノベーションが起こらず付加価値が作れず、日本国が食えない状況になっていること。

●教育行政の壁
このままであれば、グーグルとかアマゾンで起こったのと同じことが、教育でも起きる。世界のオンラインエデュケーションのプラットフォームを大手が押さえて、日本の大学はそこからコンテンツを買い入れるお客さんか、せいぜいたまにコンテンツを提供する一業者になってしまう。

●個人は国家に優先する?
安倍首相は、簡単に言えば、人権より国家が大事、国家がなくなれば自由もなくなるのだから、国家の存亡の危機の時に自由が制限されるのはやむを得ないと言っている。
国家なんかがなくても、一人ひとりが幸せならいい?

●シェアして生きると楽になる
所有って古臭い考え方、なんで所有しなければならないのか理解ができない。家も車も服もなんだってシェアすればいい。シェアして生きるとすごく楽になる。個人や家族で所有しようとするから「月30万円の収入がないと、暮らしていけません」みたいな考えにとらわれちゃう。
ところが今の日本の制度はシェアの考え方とぶつかる。ファイル共有ソフト「Winny」が規制されたのはその最たるもの。処罰すべきなのは違法な使い方をした者の���うなのに、情報や知恵をシェアする仕組みのほうを禁じるなんてありえない。

テクノロジーはすさまじいスピードですべてを変えていく。電車に乗ると多くの人がスマホをいじっている。こんな光景を20年前、予測できただろうか?IT革命がはじまってまだ20年。次の20年にはいったい何が起きるのか、まったく予想もつかない。
テクノロジーの発達によって、年齢だけではなく、男女のくくりも、プロとアマの格差も、そして国境も、いろんな境界線が意味のないものとなっていくだろう。
もちろんテクノロジーのもたらす変化は、必ずしも望ましいものばかりではないかもしれない。大変動の過程では、当然いろんな問題が生じる。
しかし、今は過渡期であって、このような問題もいずれテクノロジーが解決する。
大きな地殻変動が起きつつあるからこそ、不安に目を曇らせることなく状況を見つめ、変化が少しでも望ましい方向に向かうよう、みずから行動を起こしていく必要がある。

【参考】紹介されたウェブサイト
https://www.duolingo.com/
https://www.edx.org/
https://www.couchsurfing.com/

2014/12/14 12:12

投稿元:ブクログ

基本的にはBitcoinについて。

茂木さんと堀江さんがやりあってるという印象だけど、堀江さんは強度のリバタリアンだから、茂木さんとたまに衝突する。
基本的にやりたいことはやればいいし、強制や規制を除きたいというのが堀江さんの主張。私はこちらに近い。
公務員の仕事は付加価値を生んでいないという金杉さんの主張にも大いに賛成。自衛隊や警察、消防関係は必要だと思うけどそれ以外の国家公務員や都市区役所での仕事は、もっと人を減らして、法人、個人から税金を巻き上げるのを辞めて、もっと有効にお金というかリソースが回るようにしたほうがいい。

自分なりにBitcoinをもう少し勉強しようと思ったことと、ミルトンフリードマンについてはもう一度読んでみようと思った。

2014/12/14 18:42

投稿元:ブクログ

とんがった3人により繰り広げられるマネーと国家に関するトークがテンポ良く繰り広げられます。
語句に関する脚注が多いですので、この手の話を始めて読む人にとってもよみやすいと思います。
「国家は一種の社会保障」(p.124)のご意見をはじめとして、ダメダメな現状への痛烈な批判が随所に花開いています。
おっしゃっているご意見のうちで同意できるものも多数ありますが、この現状を変えることと言うのがなんともいやはや・・・
衆議院議員総選挙の投票日に読み終えたというのもまた興味深い読書となりました。
付箋は21枚付きました。

金融 ランキング

金融のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む