サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. 竹鶴とリタの夢 余市とニッカウヰスキー創業物語

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

竹鶴とリタの夢 余市とニッカウヰスキー創業物語
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/19
  • 出版社: 双葉社
  • サイズ:19cm/223p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-575-30744-3
  • 国内送料無料

紙の本

竹鶴とリタの夢 余市とニッカウヰスキー創業物語

著者 千石 涼太郎 (著)

朝ドラ「マッサン」のモデル、竹鶴政孝・リタ夫妻の生涯。日本初のウイスキー造りへの情熱と苦難と希望を描く。特別ガイド「余市蒸溜所の歩き方」付き。【「BOOK」データベースの...

もっと見る

竹鶴とリタの夢 余市とニッカウヰスキー創業物語

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

朝ドラ「マッサン」のモデル、竹鶴政孝・リタ夫妻の生涯。日本初のウイスキー造りへの情熱と苦難と希望を描く。特別ガイド「余市蒸溜所の歩き方」付き。【「BOOK」データベースの商品解説】

単身、スコットランドに渡り、ウイスキーづくりの手法を日本に持ち帰った「日本のウイスキーの父」竹鶴政孝。ウイスキーづくりへの情熱と苦難と希望とともに、政孝とリタ夫妻の生涯を描く。「余市蒸溜所の歩き方」も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

千石 涼太郎

略歴
〈千石涼太郎〉北海道生まれ。ノンフィクション作家・エッセイスト。小樽ふれあい観光大使。観光振興・地域活性化、ホスピタリティの啓蒙活動などに邁進。著書に「なまら北海道だべさ!!」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/01/18 09:42

投稿元:ブクログ

竹鶴がスコットランドに向けて旅立つ時、壽屋の鳥居信次郎や、摂津修造の社員全員、のちの朝日麦酒の社長になる山本為三郎が見送りに行った 「リタとウイスキー」に載って
いた詩:昔の私には勇気があった、昔の私は大胆だった、昔の私はきれいだった、少なくとも人はそう言ってくれる。でも今、又若くなりたいとは思わない、年を取るのも悪くない、幸せを感じていたい、ただそれだけ

2014/12/11 18:54

投稿元:ブクログ

NHKの連続テレビ小説「マッサン」、私も仕事柄興味があったのですが毎日テレビを見られないので、この本を読み総集編に備えることにしました。
「本物」を日本に普及させようとする、先人の情熱を紙面を通して感じることができました。
また、「ニッカウヰスキー」の“ニッカ”の意味が分かりました。“大日本果汁”の略で「日果(ニッカ)」なのだそうです。
“大日本果汁”とはニッカの前身で、ジュースをつくる会社だったようです。

「知って飲めば、さらに美味しい!」
本書を読んでからニッカを飲めばさらに美味しく感じること間違いなしですね!

2016/09/23 07:32

投稿元:ブクログ

広島県竹原に生まれ、忠海中学卒業(竹鶴政孝、池田勇人、平山郁夫など)の竹鶴政孝氏の本、「ウィスキーと私」「マッサンと呼ばれた男」に次いで、「竹鶴とリタの夢」を読みました。ノンフィクション作家千石涼太郎氏の作品で2014.9発行です。マッサンは、スコットランドからウィスキー技術と奥様を両手に抱えて帰国したんですね(^-^)リタが日本で一番びっくりしたのが「便所」、すぐに洋式を作ってもらったそうです。余市で大日本果汁がスタートの日、「オオキニ、ドウゾヨロシュウ」と挨拶したとか。みんなの心を掴んだ挨拶ですねw。

日本 ランキング

日本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む