サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. なぜ特許世界一の日本が国際訴訟で苦戦するのか? 情報漏洩、知財権の徹底防衛、外国法対策が日本の生命線だ!

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

なぜ特許世界一の日本が国際訴訟で苦戦するのか? 情報漏洩、知財権の徹底防衛、外国法対策が日本の生命線だ!
なぜ特許世界一の日本が国際訴訟で苦戦するのか? 情報漏洩、知財権の徹底防衛、外国法対策が日本の生命線だ! なぜ特許世界一の日本が国際訴訟で苦戦するのか? 情報漏洩、知財権の徹底防衛、外国法対策が日本の生命線だ!
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/26
  • 出版社: 東洋経済新報社
  • サイズ:19cm/228p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-492-53352-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
専門書

紙の本

なぜ特許世界一の日本が国際訴訟で苦戦するのか? 情報漏洩、知財権の徹底防衛、外国法対策が日本の生命線だ!

著者 泉谷 渉 (著)

なぜ技術を誇る日本企業が海外の特許訴訟で勝てないのか? 国際特許訴訟で次々敗退を続ける日本企業の原因を分析し、対策を解説。知財権防衛は日本の生命線であり、外国企業からの攻...

もっと見る

なぜ特許世界一の日本が国際訴訟で苦戦するのか? 情報漏洩、知財権の徹底防衛、外国法対策が日本の生命線だ!

1,728(税込)

なぜ特許世界一の日本が国際訴訟で苦戦するのか?

1,382 (税込)

なぜ特許世界一の日本が国際訴訟で苦戦するのか?

ポイント :12pt / 紙の本より346おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

なぜ技術を誇る日本企業が海外の特許訴訟で勝てないのか? 国際特許訴訟で次々敗退を続ける日本企業の原因を分析し、対策を解説。知財権防衛は日本の生命線であり、外国企業からの攻撃に備える体制整備の必要性を説く。【「TRC MARC」の商品解説】

なぜ技術を誇る日本企業が海外の知財権訴訟で勝てないのか?国際的な知財権訴訟で苦戦を続ける日本企業の訴訟支援体制の問題点を分析し、対策を解説する初の知財権対策本。日本の名だたるグローバル企業でさえ余り知られていない、訴訟大国アメリカの訴訟業界のしくみと実態も紹介。製造業関連の技術系幹部&法務担当者必読の本。【商品解説】

目次

  • 序章 知的財産権を守らなくては、日本企業に発展はない!!
  • 1章 知財防衛体制を整え、国際訴訟を勝ち抜く
  • 2章 アメリカの法律になすすべもなく裁かれる日本企業
  • 3章 米国独特の訴訟手続き「ディスカバリ」の重要性
  • 4章 「だれにでも不正の可能性がある」がフォレンジックの基本哲学
  • 5章 情報漏洩を巡る様々な戦いが始まっている
  • 6章 「人間はいつも何かを隠している。しかし証拠は語る」
  • 7章 今こそ専門のディスカバリベンダーが日本企業に必要だ
  • 8章 将来を予測するテクノロジーの時代はすぐそこ
  • 9章 「年率15%成長のディスカバリ分野での地位確立と、人工知能技術の応用を目指す」

著者紹介

泉谷 渉

略歴
〈泉谷渉〉神奈川県出身。中央大学法学部政治学科卒業。株式会社産業タイムズ社代表取締役社長。日本電子デバイス産業協会副会長としても活躍。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/12/03 21:58

投稿元:ブクログ

国際的知的財産権侵害訴訟の勝敗は、日本と欧米の訴訟プロセスの違い、そのプロセスに対応するためのシステムが構築されているか否かが、大きく影響している。
既にそのシステムが構築されている欧米において、そのシステムが構築されていない日本企業が戦うのは、不利である。
一方で、多くの知的財産権を有している日本企業は、その訴訟に巻き込まれるリスクが高い。

国際的訴訟に対応できる日本語のシステム構築が進んでいる事に期待すると共に、訴訟を起こさせない、知的財産権の取得と利用にも注力する必要があると思う。

ビジネスの法律 ランキング

ビジネスの法律のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む