サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 桜乙女と黒侯爵 1 神隠しの館と指輪の契約

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

桜乙女と黒侯爵 1 神隠しの館と指輪の契約(角川ビーンズ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

桜乙女と黒侯爵 1 神隠しの館と指輪の契約 (角川ビーンズ文庫)

著者 清家 未森 (著)

時は大正。新聞記者を目指す有紗は、家柄だけは良いお嬢さま。弟の学費を稼ぐため、華族である烏丸家の別荘で働くことになったある日、偶然手に入れた指輪の呪いで、烏丸家御曹司の青...

もっと見る

桜乙女と黒侯爵 1 神隠しの館と指輪の契約 (角川ビーンズ文庫)

605(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

桜乙女と黒侯爵 神隠しの館と指輪の契約【期間限定 無料お試し版】

0(税込)

桜乙女と黒侯爵 神隠しの館と指輪の契約【期間限定 無料お試し版】

ポイント :0pt / 紙の本より605おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

【期間限定50%OFF】桜乙女と黒侯爵 神隠しの館と指輪の契約

302(税込)

【期間限定50%OFF】桜乙女と黒侯爵 神隠しの館と指輪の契約

ポイント :2pt / 紙の本より303おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「桜乙女と黒侯爵 1 神隠しの館と指輪の契約」が含まれるセット商品

桜乙女と黒侯爵 (角川ビーンズ文庫) 4巻セット(角川ビーンズ文庫)

桜乙女と黒侯爵 (角川ビーンズ文庫) 4巻セット

商品説明

時は大正。新聞記者を目指す有紗は、家柄だけは良いお嬢さま。弟の学費を稼ぐため、華族である烏丸家の別荘で働くことになったある日、偶然手に入れた指輪の呪いで、烏丸家御曹司の青年・京四郎と主従契約(しかも有紗が主人)を結ぶことに!「そういうわけだから、君、思う存分に私を罵りたまえ」陰気で無表情な京四郎に苦戦する有紗。おまけに二人で、過去にこの別荘で起きた失踪事件の謎を追う羽目になり―!?【「BOOK」データベースの商品解説】

華族である烏丸家の別荘で働くことになった有紗は、偶然手に入れた指輪の呪いで、烏丸家御曹司の青年・京四郎と主従契約(しかも有紗が主人)を結ぶことになった。おまけに、この別荘で起きた失踪事件の謎を追う羽目に…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

今度は大正ロマン風

2015/10/24 20:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

清家未森×ねぎしきょうこコンビの新シリーズ。時代設定は大正ロマン風で機関やら結社やら魔術などテンプレてんこ盛り。キャラの名前も京都の地名が多いです。指輪の呪いのせいでの従(京四郎)から主(有紗)に対する無礼への基準が厳しすぎるけど、この強制契約の設定が面白い。有紗への暴言に値すると鎖増殖のペナルティを食らう→逆に有紗が京四郎に罵詈雑言を吐くと鎖が消える可笑しなループ。「結社」に「魔弾銃の射手」を言われ恐れられている「機関」の京四郎の正体が気になる。元軍人、烏丸=拝み屋、呪われた指輪の管理人。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/12/06 12:15

投稿元:ブクログ

新シリーズ一作目。今のところ、六蓮国よりは好きになれそうな感じ。正直言うと、六蓮国はあんまりハマれなかったんですよね。京四郎さんがなかなか面白そうな方で楽しみ。

2015/06/28 08:17

投稿元:ブクログ

逆転主従感は弱いけれど、ミステリ仕立ての部分が面白くて満足。
あまりぶっ飛んだキャラは好まないので地に足着いてる主人公が好感度高い。

2014/10/19 04:10

投稿元:ブクログ

時は大正。新聞記者を目指す有紗は、家柄だけは良いお嬢さま。弟の学費を稼ぐため、華族である烏丸家の別荘で働くことになったある日、偶然手に入れた指輪の呪いで、烏丸家御曹司の青年・京四郎と主従契約(しかも有紗が主人)を結ぶことに!「そういうわけだから、君、思う存分に私を罵りたまえ」陰気で無表情な京四郎に苦戦する有紗。おまけに二人で、過去にこの別荘で起きた失踪事件の謎を追う羽目になり――!?

清家先生の新シリーズ。人気投票で最も票があった大正ロマンシリーズに決定しましたね。
設定は面白いですが、やはりまだ序盤なのでハマるほどではないかな。とりあえず烏丸家当主はいずこ??若いのに裏のお仕事で忙しい京四郎さんですが、結構裏表ありそうだなぁ。有紗を慰めてくれるシーンにはきゅんとしましたが。これから続けば京四郎の秘密と有紗のことを大事にする理由、あの意味ありげなプロローグの夢もつながってくるんじゃないでしょうか?まさかの身代わりより先に新刊出るとは・・・焦らすね!

2015/12/10 18:08

投稿元:ブクログ

はじまりー
指輪物語ー 目立ってしょうがなさそうだなあ
大正が続いてたら面白そうだったのにな日本
しかし負けないとしょうがないのかな

2015/03/15 13:14

投稿元:ブクログ

大正ロマンとミステリー、ファンタジー要素がミスマッチしているように感じた。が、話自体は最後まで飽きずに読みきれました。

2015/01/07 04:24

投稿元:ブクログ

この作品のモデルとなっている大正時代は大日本帝国憲法下の日本の黄金時代であり、その時代の上流階級の暮らしぶりが伝わってきました。一乗寺有紗もかわいらしくてよかったです。

2015/04/10 16:31

投稿元:ブクログ

偶然はめてしまった指輪が原因で、逆転した主従関係を結ぶことになってしまった大正ロマン風、ミステリー風ファンタジー。
ミステリー風に事件に関して事情聴取していく過程の割には、理詰めで解決に導くわけではないので、ミステリー仕立てのファンタジーだと了解してくれたまえ。
ねぎししょうこさんのイラストは雰囲気が良くて、それだけで嬉しくなっちゃうね。
まだ、二人のキャラが見えてこないし、ラブ薄だったけれど、今後に期待。
http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-4397.html

2014/11/12 19:52

投稿元:ブクログ

なんだか違う感じがする。これ、日本、大正時代を舞台にする必要があったのか?舞台と内容が合わないと思うんだけど。よっぽど架空の世界にして、カタカナ名にすればよかったんじゃない?気恥ずかしい二つ名もね、なんかほんと気恥ずかしかったし。二人の出会いは気になるけど続きは買わないかなぁ。

2014/10/11 14:07

投稿元:ブクログ

身代わり伯爵シリーズは一作しか読まなかったけれど、こちらは続きが気になるので、きっと次巻も購入。3月が楽しみかも。

角川ビーンズ文庫 ランキング

角川ビーンズ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む