サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

2017年:上半期ランキング(~7/17)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

本があって猫がいる
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/20
  • 出版社: 晶文社
  • サイズ:19cm/262p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7949-6856-2
  • 国内送料無料

紙の本

本があって猫がいる

著者 出久根 達郎 (著)

街から本の姿が減っていく。ちょっぴりさみしい現代に効くひと匙のスパイス。いまでは稀少となった感のある「昔気質の物知りおじさん」にして「生活巧者」の出久根さんが贈る珠玉のエ...

もっと見る

本があって猫がいる

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

街から本の姿が減っていく。ちょっぴりさみしい現代に効くひと匙のスパイス。いまでは稀少となった感のある「昔気質の物知りおじさん」にして「生活巧者」の出久根さんが贈る珠玉のエッセイ82篇。【「BOOK」データベースの商品解説】

懐かしい本やことば、思い出の人や食、そして愛猫・愛犬との暮らし…。“人生の達人”出久根達郎が綴る滋味あふれるエッセイ集。「「小説よりも面白い」時刻表」「龍馬の梅干」など全82篇を収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

街から本の姿が減っていく。電車に乗ればスマホでゲーム。余暇の楽しみはいくらでもある。そんなちょっぴりさみしい現代に効くひと匙のスパイス。懐かしい本やことば、思い出の人や食、そして愛猫・愛犬との暮らし……いまでは稀少となった感のある「昔気質の物知りおじさん」にして「生活巧者」の出久根さんが綴る滋味あふれるエッセイ集。【商品解説】

目次

  • 第一部 常識と正義
  • 【古書】
  • おお、戦前! 本を売れば家が買えた 10
  • 司馬文学の魅力──古書が友だち 29
  • 丸くふくよかな 32
  • のたり仙人──井原修氏のこと 35
  • 「小説よりも面白い」時刻表 38
  • 先人の知恵に学ぶ 45
  • 【芸】

著者紹介

出久根 達郎

略歴
〈出久根達郎〉1944年茨城県生まれ。作家。「本のお口よごしですが」で講談社エッセイ賞、「佃島ふたり書房」で直木賞を受賞。他の著書に「隅っこの四季」など多数。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価2.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/10/01 19:38

投稿元:ブクログ

言うコト無し。。。

晶文社のPR
http://www.shobunsha.co.jp/?p=3338

2014/10/25 00:08

投稿元:ブクログ

かみさんと暮らす日常に、師であり糧であり友である本があって、気を揉ませるも家族の一員たる猫がいる。変哲もないようで小さな発見がある今このとき、貧しかったけれど温もりのあった過ぎしあのとき。恵贈いただいた本の見返しには「何事もおてんと様のおぼし召し」の句と、署名に落款あり。「バルル」の「パ」とは、何か?今作では「パートナー」でいいんじゃないかな。