サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 男性向けコミック
  4. ニンジャスレイヤー殺 Volume.1 (シリウスKC)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

ニンジャスレイヤー殺 Volume.1 (シリウスKC)(シリウスKC)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 発売日:2014/10/14
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: シリウスKC
  • サイズ:200ページ
  • ISBN:978-4-06-376501-4
  • 国内送料無料
コミック

紙の本

ニンジャスレイヤー殺 Volume.1 (シリウスKC)

著者 ブラッドレー・ボンド (原作),フィリップ・N.モーゼズ (原作),本兌 有 (原作翻訳・漫画版監修),杉 ライカ (原作翻訳・漫画版監修),関根 光太郎 (漫画),わらいなく (キャラクターデザイン),関根 光太郎 (キャラクターデザイン)

サイバネティクス、電子ネットワークが過剰に発展してもなお誰もが地を這うように生きる時代、ネオサイタマで一人の赤黒き復讐者が生まれた。その名はニンジャを殺す者・ニンジャスレ...

もっと見る

ニンジャスレイヤー殺 Volume.1 (シリウスKC)

648(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「ニンジャスレイヤー殺 Volume.1 (シリウスKC)」が含まれるセット商品

ニンジャスレイヤー殺(シリウスKC) 4巻セット(シリウスKC)

ニンジャスレイヤー殺(シリウスKC) 4巻セット

  • ブラッドレー・ボンド 原作
  • 税込価格:2,59224pt
  • 発送可能日:1~3日

商品説明

サイバネティクス、電子ネットワークが過剰に発展してもなお誰もが地を這うように生きる時代、
ネオサイタマで一人の赤黒き復讐者が生まれた。
その名はニンジャを殺す者・ニンジャスレイヤー!!
ブラッドレー・ボンドとフィリップ・N・モーゼズによるサイバーパンクニンジャ小説を
少年漫画めいたアトモスフィアで描いたコミカライズの幕が、いま上がる!!

サイバネティクス、電子ネットワークが過剰に発展してもなお誰もが地を這うように生きる時代、ネオサイタマで一人の赤黒き復讐者が生まれた。その名はニンジャを殺す者・ニンジャスレイヤー!!ブラッドレー・ボンドとフィリップ・N・モーゼズによるサイバーパンクニンジャ小説を少年漫画めいたアトモスフィアで描いたコミカライズの幕が、いま上がる!!【商品解説】

目次

  • KILLs 001ボーン・イン・レッド・ブラック
  • KILLs 002 ゼロ・トレラント・サンスイ
  • KILLs 003 メナス・オブ・ダークニンジャ PART1
  • KILLs 004 メナス・オブ・ダークニンジャ PART2
  • KILLs 005 メナス・オブ・ダークニンジャ PART3
  • KILLs 006 ダイバージェンス・アフター・ダーク
  • 特別収録 設定デザイン集
  • 特別収録 KILLs 000 予告編

著者紹介

ブラッドレー・ボンド

略歴
第22回少年シリウス新人賞出身。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/11/01 22:55

投稿元:ブクログ

とにかく小道具や背景描写の緻密さカッコ良さが白眉。小説の持たない「絵の力」を痛感する。「少年漫画」と謳うにしても全編ほぼ殺し合いで〈ニンジャが出て殺す〉を地で行く殺伐さだけど、しかし原作初期の空気感の正しい再現だとも思う。

2014/10/30 07:02

投稿元:ブクログ

文化の断絶と曲解。
そしてそのまま走り抜ける、走りきっている。
欧米人がアジア地域の、それも大陸と海を隔てたこのニッポンという国に抱く妄想(正しい知識なんてどうでもいい、と言わんばかり)は私たちの予想の斜め上の下の更に斜め上をゆく。

そのいかんともし難い、どこに向けたらよいのか分からない熱量がその派手な線の連なりでもって描き出されていた。
ネオサイタマ、ソウカイヤニンジャ … …

強く頭を打ち付けたような、価値観が地滑りを起こしたような、錯覚と断ずるに疑わしい感覚が立ち上がった。

2015/01/16 23:10

投稿元:ブクログ

ほぼ物理書籍版1巻に合わせてかつwasshoiしたアレンジメントというスゴイワザマエ。なに、ニンジャ展開はこれだけじゃない?ヨロコンデーーッッ

2014/11/08 22:52

投稿元:ブクログ

無印もグラキラもあるので、流石にコミカライズ多すぎだろ…と思っていたのですが、なるほどこういうアレンジもあったのか。
原作の文体の雰囲気やトンチキ日本観を極力排した結果、素直に「熱くて」「カッコイイ」ニンジャスレイヤーが誕生した!
それを描く関根光太郎先生のハッタリの効いた絵柄もまたいい。新人とは思えぬほどのカラテを感じます。
このノリだと、単発エピソードは置いておいて、シックスゲイツとの戦いやラストのバトルあたりまで突き進んだほうがいいかもねとか思ったり。是非それらが見たい。

2014/11/30 11:42

投稿元:ブクログ

エンターテインメントな復讐譚&マンガアクション。
…だけどこれがニンジャスレイヤーかっていうとなぁ…。

巻末にて作者が明言しているように、コミカライズにあたりブラッシュアップしたらこうなる、という作品。
結果として、ニンジャアクションとサイバネ・サイバーパンクが簡潔明瞭に楽しめます。

具体的にはソウカイニンジャ側のデザイン・ギミックは男の子の大好物って感じでトテモヨロシイ。特にミニットマンのスリケン投げモーションはたまらないものがありますねぇ。当たらないと分かっていてもw
あとダークニンジャ=サンとのバトルは全編見所といっても差し支えなし。ダークニンジャ=サンのポーズやら見切りがいちいちかっこよくて仕方ない。もう彼が主役でも良いんじゃないかな、ってすら思います。

しかし。
前述のとおり、漫画としての表現・テンポの良さを優先した結果、原作独特のナレーションや表現が削ぎ落とされており(世界観とは別の)「ニンジャスレイヤー感」が希薄になっています。
極端な話、「勘違いされてる日本」の雰囲気ナシでも作品としては成立してしまう感じすらあるわけで。
とはいえ、ニンジャスレイヤーという作品への導入作として考えれば、良いバランスかもしれません。

そういう私自身は原作にはろくに触れていないわけですけれども(まことにすいません)。



それにしても「いい女」が前時代過ぎて笑うしかないw
この美意識だとユカノって残念な部類なんだろうなぁ。…よかったよかった。

少年コミック ランキング

少年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む