サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 執愛のアリア 歌姫は溺愛に甘く啼く

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

執愛のアリア 歌姫は溺愛に甘く啼く(シフォン文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/01
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: シフォン文庫
  • サイズ:15cm/299p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-670064-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

執愛のアリア 歌姫は溺愛に甘く啼く (シフォン文庫)

著者 ハルノ ヤヨイ (著)

歌劇場の雑用係リリアにとって歌はすべてである。そんな彼女は幼い頃、聖歌隊で出会った初恋の人ヴィントを忘れられずにいる。御曹司の彼は父親が殺され、行方不明になってしまってい...

もっと見る

執愛のアリア 歌姫は溺愛に甘く啼く (シフォン文庫)

648(税込)

執愛のアリア【イラスト付】

518 (税込)

執愛のアリア【イラスト付】

ポイント :4pt / 紙の本より130おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

歌劇場の雑用係リリアにとって歌はすべてである。そんな彼女は幼い頃、聖歌隊で出会った初恋の人ヴィントを忘れられずにいる。御曹司の彼は父親が殺され、行方不明になってしまっていた。ある日、歌劇場に新オーナーとしてアルトナー公爵がやってくる。ヴィントの面影を持つ彼の計らいで、リリアは歌のレッスンを受けることに。教師は仮面をつけた謎の男。彼から甘く淫らな指導を受けたリリアは…?【「BOOK」データベースの商品解説】

歌劇場の雑用係リリアは、行方不明の初恋相手ヴィントに似たアルトナー公爵の計らいで歌のレッスンを受けられることに。先生は仮面をつけた謎の男。彼から甘く淫らな指導を受けたリリアは…?


【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

ネタバレでもなんでもないです。

2016/07/11 17:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tohoko - この投稿者のレビュー一覧を見る

児童養護施設で暮らすリリアと、有名なチョコレート会社を経営する父を持つヴィント。
二人は聖歌隊で出会って、幼い恋を育んだ。
しかし、ある日ヴィントの父が殺され、ヴィントも母親と共に街から姿を消してしまう。
月日が過ぎ、オペラ座で下働きをしながら、舞台で歌うことを夢見ている18歳のリリアは、オペラ座の新しいオーナー、アルトナー公爵に歌の教育を受けさせてもらえることになる。
先生は、銀髪の仮面の男。
彼はリリアにレッスンを施しながら、情熱的に触れてきて、彼女の女性としての情感を開いていく。

素直なストーリーで、二人の幼い恋も可愛かったです。
再会してからのエロもねっとり甘めで楽しめました。
先生として登場した仮面の男は、リリアにあっという間に手を伸ばしてきますが、リリアが何の抵抗もなく受け入れてしまうところは、後になってどうなんだろうとも思いましたが、でもその場面では、なんとなく違和感なくスルーしてしまった感じです。
先生ツンデレかと思いきや、結構ストレートにデレでした。
リリアは、ヴィントのことを心に思っているにも拘わらず、あっという間に先生に心と体を開いてしまうので、そのへんが。
先生がヴィントであることは、知らないのはリリアだけで、早々に読者には明かされますので、ネタバレでもなんでもないですよね。
でも、リリアは知らないはずなので、初恋と、目の前に現れた愛への葛藤くらい、見せて欲しかったです。
チョコ断ち願掛けするくらい、ヴィントのことを思ってたくらいなんだから…ねぇ、と思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/06/02 23:30

投稿元:ブクログ

タイトルに「アリア」と付いて、仮面ときたら「オペラ座の怪人」を思い浮かべますけど、あとがきにそうだと書いてありました。ただ、ちょっと設定が私的にはイマイチでした。

昔出逢ったことのある男の子との再会はいいし、身分を隠してあとで正体をばらすのもいいんだけど、先生として教える内容があんなのでいいのかなぁって。Hシーンは多めなんだけど、シチュエーションがねぇ。

音楽ものって、女の子の身体を楽器にしたり、声を出せってHシーンしたりするのが多いけど、これもそんな感じ。
ちょっと飽きちゃいました。

集英社シフォン文庫 ランキング

集英社シフォン文庫のランキングをご紹介します一覧を見る