サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

もっとずっときっと笑って(新書館ディアプラス文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/10/08
  • 出版社: 新書館
  • レーベル: 新書館ディアプラス文庫
  • サイズ:16cm/237p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-403-52362-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

もっとずっときっと笑って (新書館ディアプラス文庫)

著者 久我 有加 (著)

お笑いコンビ・オレンジグミとして本格的に芸人の道を歩み出した寿志と起。同棲も始め、恋も仕事も順調…の予定が、養成所卒業後、ライブのオーディションになかなか受からない。ネタ...

もっと見る

もっとずっときっと笑って (新書館ディアプラス文庫)

670(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

君が笑えば世界も笑う (新書館ディアプラス文庫) 2巻セット

  • 税込価格:1,27411pt
  • 発送可能日:1~3日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

お笑いコンビ・オレンジグミとして本格的に芸人の道を歩み出した寿志と起。同棲も始め、恋も仕事も順調…の予定が、養成所卒業後、ライブのオーディションになかなか受からない。ネタ見せでダメ出しされるのは起のツッコミのみ。ボケの寿志はそのままでいいと言われ、二人の仲もぎくしゃくしてしまう。キスをしてもセックスをしても心の距離は縮まらず…?幼なじみで恋人で相方な二人の、一生ものの恋の花道。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

才能の格差

2016/06/29 08:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tix - この投稿者のレビュー一覧を見る

芸人シリーズ11作目。「君が笑えば世界が笑う」の続編です。
前作は、高校生だったオレンジグミの二人が
漫才師になることを決め、養成所に入るまででした。

本作は、養成所を卒業した二人が、
ライブのオーディションになかなか受からず、悩む前半と
前半から五年が経ち、オレンジグミが売れて、
テレビにも出るようになってからの後半の二部構成。

売れてるにしろ、売れてないにしろ、
相方が恋人というコンビには、色々な問題が生じるのですが、
オレンジグミに用意された最初の問題は、ずばり

『コンビ内の才能の格差』

重い・・・。

考えてみれば、相川と土屋はどちらも才能豊かな二人だし、
秀永と温も、お互いリスペクトしてるけど、
どっちが特に優れているということは無い・・・。
けれど、オレンジグミの二人に関しては、一見そうは見えないのですが、
寿志は天才肌の芸人らしいんですよね。。
『持ってる』だけじゃなかったんだですね(苦笑)

天才肌にもうちょっと説得力があるエピがあれば、
&後半の揉めネタが女性がらみじゃなければ、もう少し楽しめたかも。
時田、芝山、小関、秀永が結構な幅で出てきたので、シリーズファンには嬉しかったです♪

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

芸人シリーズ、[君が笑えば世界も笑う]の続編。

2016/09/30 23:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沢田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

相変わらず、攻めの起が受けのひーちゃんにメロメロ。
でも、芸人としては色々と葛藤もあり、恋人だけど最大のライバルでもあるという関係がハラハラドキドキしながら読みました。
それにしても、ひーちゃんの回りを和ませるパワースゴすぎる。
芸人シリーズの好きなところは、やはり前作の主役達のその後がわかるからでしょうかね。
次の芸人シリーズは落語で楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/10/16 17:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/14 22:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/04 22:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る