サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

窓辺の老人(創元推理文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/12
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元推理文庫
  • サイズ:15cm/300p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-488-21004-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

窓辺の老人 (創元推理文庫 キャンピオン氏の事件簿)

著者 マージェリー・アリンガム (著),猪俣 美江子 (訳)

名探偵キャンピオン氏の魅力を存分に味わえる、粒ぞろいの短編集。袋小路で起きた不可解な事件の謎を解く「ボーダーライン事件」や、20年間毎日7時間半も社交クラブの窓辺にすわり...

もっと見る

窓辺の老人 (創元推理文庫 キャンピオン氏の事件簿)

950(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

名探偵キャンピオン氏の魅力を存分に味わえる、粒ぞろいの短編集。袋小路で起きた不可解な事件の謎を解く「ボーダーライン事件」や、20年間毎日7時間半も社交クラブの窓辺にすわり続けているという伝説をもつ老人をめぐる、素っ頓狂な事件を描く表題作など計7編のほか、著者エッセイを併録。【「BOOK」データベースの商品解説】

名探偵アルバート・キャンピオン氏の魅力を存分に味わえる日本オリジナル短編集。袋小路で起きた事件の謎をあざやかに解く「ボーダーライン事件」をはじめ、「窓辺の老人」「未亡人」など小説7編とエッセイ1編を収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

クリスティ、セイヤーズらと並び、四大女流ミステリ作家のひとりに数えられるアリンガム。その名探偵アルバート・キャンピオンの魅力を存分に味わえる日本オリジナル短編集。【商品解説】

収録作品一覧

ボーダーライン事件 9−29
窓辺の老人 31−75
懐かしの我が家 77−125

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

キャンピオン氏の活躍

2015/02/02 15:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たなか - この投稿者のレビュー一覧を見る

クリスティ、セイヤーズに並ぶ女流ミステリ作家・アリンガムのキャンピオンもの。
タイトルだけは聞いたことがあった「ボーダーライン事件」他六話+エッセイの短編集。
「ボーダーライン事件」は有名なだけあって傑作。読み終わった後にタイトルに納得しました。

恥ずかしながらアリンガム自体を本書で初めて知ったが、他作品も読んでみたくなった。今後もっと翻訳されると良いな…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

他の評価が良すぎるのがわからない。

2015/08/30 13:28

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Ai - この投稿者のレビュー一覧を見る

アガサ・クリスティと並び評される作者のようですが、アガサ・クリスティは時代を感じさせないいつ読んでも古さを感じさせない文章ですが、こちらはいかにも古臭い感じで、その古さが良くは感じられませんでした。
途中で読むのを止めてしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/12/16 18:29

投稿元:ブクログ

 (アマゾンの情報から)クリスティ、セイヤーズらと並び、四大女流ミステリ作家のひとりに数えられるアリンガム。その名探偵アルバート・キャンピオンの魅力を存分に味わえる日本オリジナル短編集。

 古い時代ののんびりした探偵小説。探偵も犯人も控えめでゆっくしている。初めて読んだのに懐かしい感じ。

2015/03/09 01:14

投稿元:ブクログ

読んでる最中から読了後まで、とにかく引っかかったことがありました。

今作の探偵・アルバート・キャンピオン氏。彼の「名探偵らしからぬ存在感の薄さ」が、ちょっと他に類例を思い出せないなあ、という点です。それくらい「印象に残っていない」ことが「印象に残って」います。むしろ依頼人やら小悪党達の方が印象強いような〜(OvO)ありー

良き友人でありワトソンか兼レストレードのポジションでもあるオーツ警視がチャーミングに見えるのと相まって、キャンピオンさの地味っぷりが非常に際立っているように感じました。

この点は作者があえて狙ってるのかなと思ったら、最後の一編では謎多き探偵について記述してるし…(OvO)ドウイウコトナノ

クリスティ、セイヤーズと並んで語られる女流ミステリ作家ということで、いやがおうにも期待値は高かったのですが、フーダニットものじゃないせいか、ちょっと物足りなかったかな〜。
冒頭の「ボーダーライン事件」こそ殺人事件を扱っていましたが、全体的に謎のスケールやトリックについては小物感が漂います。

それが悪いというわけではないし、色々なミステリを読んでいる中でこの手のライトな作品を読みたいタイミングって確かにあるんですが、「クリスティとセイヤーズ」に並べられちゃうと、やっぱり本格物を期待してしまいますよね〜(OvO)汗



◎ボーダーライン事件…袋小路で起こった殺人事件の謎。2人の巡査の目がある中、犯人はいかにして被害者を殺し得たのか?

◎窓辺の老人…20年間、社交クラブの窓辺に座り続ける老人の謎。クラブで頓死した老人を惜しむ人々の前に、次の日、死んだはずの老人が現れた。

◎懐かしの我が家…細やかな屋敷を高額で借りた夫婦の謎。

◎怪盗〈疑問符〉…銀器を狙う怪盗の正体を突き止めた男の奔走。

◎未亡人…驚くべき上質のワインを入手すべく、世話になっているワイン商の代理としてワイン製造家のもとを訪れたキャンピオン。ところが、名だたるワイン商達が集まる中、ワイン製造機が何者かに破壊される事態が発生し…。

◎行動の意味…踊り子に入れあげている父の命を狙う者から彼を守って欲しいーー高名なエジプト学者を父に持つ娘からの依頼を受け、キャンピオンは早速劇場へとやってくる。しかし、彼らが警戒する最中に、学者が暴漢に殴られる事態に。

◎犬の日…老人と娘と犬。

2014/12/26 08:50

投稿元:ブクログ

短編集。
キャンピオン氏は好青年で名探偵としてはいまいちキャラが薄く、長編だとあまり印象に残らないので短編の方が合っているかもしれない。
全体的にのんびりしたクラシックな雰囲気がよい。探偵が危機に陥る話もどこかまったりしてるし、寝る前に1〜2編読むと落ち着く感じ。ミステリとしてのベストは不可能犯罪の意外な真相に笑える「ボーダーライン事件」だと思うが、小物の悪党が登場する「懐かしの我が家」や「行動の意味」なども味わいがあって好き。
事件簿1ということなので、2巻以降も期待。

2014/11/23 19:56

投稿元:ブクログ

アリンガム初体験~♪いや、いいですねいいですね。英国ミステリ。クリスティやセイヤーズとちがって、アクの薄い地味な印象の探偵ではありますが、飄々としてるところが良いですね。(素性が謎なところもまたいい)
これ、キャンピオン氏の事件簿Ⅰ ってふってあるってことは続刊期待していいってことですよね。楽しみ~。

2014/11/17 14:58

投稿元:ブクログ

ミルクティーの似合う英国産ミステリ。マージェリー・アリンガムの短編集が文庫本で愉しめるようになったのが、まずうれしい。表紙の酷さはともかく。

古今東西の探偵のなかで、ここまで腰がひけ、覇気の感じられないキャラクターというのも珍しいのではないか。そんなキャンピオン氏とは対照的に、ギラギラしたスコットランドヤードのオーツ警視。掛け合い漫才のような面白さが、そこに生まれる。

あれ? という感じに一気に「答え」があぶり出されるのもいつものパターンで、ご都合主義な部分もなくはないのだが、そういった部分もふくめて休日の午後にうってつけのコージーミステリとして気楽につきあいたい。

2014/11/18 22:06

投稿元:ブクログ

英国四大女流ミステリ作家の1人、アリンガムが生み出した探偵キャンピオンの探偵譚。
短編集7編と小エッセイを収録。
なんとも古き良き時代のミステリで、つかみ所のないキャンピオンの飄々とした活躍(?)をのんびり楽しめる。
やっぱりこういうのっていいよね。

2016/12/21 18:06

投稿元:ブクログ

キャンピオン氏の事件簿1 連作短編集

『ボーダーライン事件』★★★★
四方を囲まれた射殺体の謎
『窓辺の老人』★★★
20年来クラブの指定席に座っていた老人が死亡、
悲報にみんな悲しむが、そこに当人が現れる
キャンピオン氏は看取ったはずの医師に真相究明を頼まれる
『懐かしの我が家』★★★
破格の賃貸料を提示された知人の不安に応え、様子を見に行ったキャンピオン氏が遭遇する事件
『怪盗<疑問符>』★★
銀器専門の背中の曲がった怪盗の事件
『未亡人』★★
年代物の高価なブランディを安値で降ろすという怪しい話の裏
『行動の意味』★★
謹厳実直な老博士が
ジプシーダンサーの追っかけになった訳
『犬の日』★★★
上品で他人行儀な宿泊客が集まるホテルでの小さな出来事
『我が友、キャンピオン氏』エッセイ

2014/10/07 20:49

投稿元:ブクログ

おっとシリーズ化だ!

東京創元社のPR
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488210045

2015/04/08 12:11

投稿元:ブクログ

20世紀初頭のミステリー。主人公はハーバート・キャンピオン氏。アガサ・クリスティと並び称されるらしい。時代背景は古いのに、面白いと思う。

2014/10/22 02:11

投稿元:ブクログ

正統派英国探偵小説。本国ではかなり有名な著者らしい。
本書に収録されているのは、英国らしいウィットの効いた短編。あらすじに書かれているクリスティやセイヤーズより、作風としてはウッドハウスに近いんじゃ?
探偵役を務めるキャンピオン氏は、奇矯な天才タイプではなく、人好きのする好青年。ものによっては脇役の方がキャラが濃かったりもするw

ナンバーが振られているので続きは出るようだ。ゆっくりでいいので着実に巻を重ねるシリーズになってくれることを祈ろう。

2016/09/25 20:47

投稿元:ブクログ

うーん。
つまんなくはないけど、いかんせん、古臭いなー
探偵アルバート・キャンピオンも、当節のキャラ立ち探偵に比べると、やっぱり地味だしなあ。

2014/11/13 15:39

投稿元:ブクログ

女流ミステリの巨匠が生んだ名探偵の魅力を、存分にご堪能あれ。

クリスティらと並び、英国四大女流ミステリ作家と称されるアリンガム。
その巨匠が生んだ名探偵キャンピオン氏の魅力を存分に味わえる、粒ぞろいの短編集。
袋小路で起きた不可解な事件の謎を解く「ボーダーライン事件」や、20年間毎日7時間半も社交クラブの窓辺にすわり続けているという伝説をもつ老人をめぐる、素っ頓狂な事件を描く表題作など計7編のほか、著者エッセイを併録。

創元推理文庫 ランキング

創元推理文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む