サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

楽園追放(ハヤカワ文庫 JA)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/17
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 JA
  • サイズ:16cm/245p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-031171-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

楽園追放 (ハヤカワ文庫 JA)

著者 虚淵 玄 (脚本),八杉 将司 (著)

西暦2400年、地球はナノハザードによって廃墟と化し、人類の多くはデータとなって電脳世界ディーヴァで暮らしていた。しかしディーヴァが、フロンティアセッターと名乗る謎の存在...

もっと見る

楽園追放 (ハヤカワ文庫 JA)

670(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

西暦2400年、地球はナノハザードによって廃墟と化し、人類の多くはデータとなって電脳世界ディーヴァで暮らしていた。しかしディーヴァが、フロンティアセッターと名乗る謎の存在からハッキングを受ける。ディーヴァの捜査官アンジェラは、マテリアルボディを身にまとって地球に降り立ち、地上捜査員ディンゴとともにフロンティアセッターの謎を追う。虚淵玄(ニトロプラス)×水島精二の話題のアニメを完全ノベライズ。【「BOOK」データベースの商品解説】

ナノハザードにより荒廃した西暦2400年の地球。電脳世界ディーヴァの捜査官アンジェラは、謎のハッキングを調査するため、マテリアルボディを身にまとい地球に降り立つ−。2014年11月公開の同名映画のノベライズ。【「TRC MARC」の商品解説】

電脳世界の捜査官アンジェラは、謎のクラッキングを調査するため地上に降り立つ。話題のアニメを完全ノベライズ。【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

相互補完かな

2016/09/27 02:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マック・ディオナー - この投稿者のレビュー一覧を見る

まさにノベライズ。映像作品を見てだいぶたってから手に取り、読みながら映像がリピートされていく。映像で言わんとしていたことがそれまで想像だったものが文字で確認することが出来た。また見たいと思わせてくれた。いい意味で安心。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

突撃!

2016/03/06 19:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukiちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

電脳世界と現実世界との戦いといえば、デニス・ダンヴァースの「天界を翔る夢」を思い出すが、その設定から一切のシリアスさを取っ払って、娯楽アクションに仕立てたのが本作であり、アニメにはちょいとうるさい私に言わせれば、「マクロスのパクリか!?」と突っ込みを入れたくなる話。

 とはいえ、娯楽作品としては文句の付けようのないところで、人物設定といい、話のテンポといい、余韻と言い、文句の付けようはないです。
一気に読んじゃって下さい。そして気分爽快になっていただければ良いかと。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/05/19 14:39

投稿元:ブクログ

図書館で。この頃映画になったなあと借りてみました。面白かったですが…電子世界に移行した住民って女の人が多いのかな?とかそこが素朴な疑問でした。そして演算機の中で施行する意識という生命体なら別に宇宙に行ってもいいんじゃなかろうか、とかメモリー容量が定められているなら新たな住民とか必要ないじゃなかろうかとか色々思いました。大体、生殖しないならユニセックスでも良い気がしますけどね。

ともあれ。敵かと思っていた存在が結構良い人で拍子抜け。だったら最初に降りてきた機械、鉄くずにする必要もなかったのではないかとか思ったり。あ、逆探知されてるからダメなのか。そして体力的には選べるなら男性体で降りてきた方が良かったんじゃないのかなあとか色々思いましたがアニメだし。可愛い女の子居ないと絵面的にタメなんでしょうね。

2014/11/17 08:45

投稿元:ブクログ

えーと、アニメ画面を実況したんですか?みたいな。
うーん、ノヴェライズってもっと違う概念だと思うんだよね。アニメのプロット案ならこれでいいんだろうけれど、小説として作品化するなら、しかも、ハヤカワがサイバーパンク復活の狼煙上げとしてもてはやすなら、この薄さはないでしょ。いや、「長編じゃないですよそんなものアニメの尺に合いませんよ」という気持ちは分かる。でも、虚淵原案にはアニメの都合で削り取らなきゃならなかった部分が多々あるような話を水島監督がしてるし、そういうものをむしろふくらませて、ハヤカワ基準で1,000円超の厚さになるページ数にしてこそ、描けるモノがあるんじゃないかなと。
まあ、イーガン的な電脳内社会においても資源の有限性に伴う問題点が多々あり(でも、なら何で新しい世代を?という矛盾に答えてないぜ)楽園は楽園じゃない、ってネタは単純なだけにひっくり返した時に、映像作品としては面白いはずなんだけど、小説だと「あーあーそういうのあったねー」で終わっちゃうんだよね。あと、シンギュラリティ云々はこれなに?皮肉?まあ皮肉なんでしょうね。フロンティアセッターを目の前にして喋ってるんですものね。

2014/11/29 10:31

投稿元:ブクログ

アニメのノベライズ。多分、アニメを正確に、忠実にノベライスしたと思われる。

まあ、分かりやすい話。

ただ、これを「サイバーパンク」というには逆境と我慢と浪花節が足りないと自分的には判断。ま、サイバーパンクなんて人それぞれだ。

2015/01/02 16:45

投稿元:ブクログ

BDを見た後で読んだので、話は全て知っていたがとても楽しめた。
BD版との大きな違いは同僚のクリスティンとの関わりが書かれていたこと。
ディーバの人との交流はほとんど映像にはなかったので、少し違うアンジェラの一面が見られた。

2015/03/21 11:34

投稿元:ブクログ

虚淵玄原作のニトロプラスの3Dアニメ映画のノベライズ。いくつかある派生作品のうち、本書は映画のストーリーをそのままノベライズしたものらしい。ハヤカワ文庫にマッチするSF的設定と美少女、チョイワルなヒーローは良いが、ラストの戦闘シーンが読みにくくて仕方がなかった。ロボット戦闘シーンものはアニメに限るね。文章で描かれても頭に入ってこない。ストーリーやキャラクターは普通レベル。遊びのシーンがないために尺が短く思える。

2015/01/25 16:57

投稿元:ブクログ

ライトノベルってことになるんだろうが

 それでもなかなかいいな。人類、人類の成れの果てたる仮想社会に生きる人格、そして完全なAI。

 この三者三様のストーリーがなかなか楽しい。設定は無茶が多いけど、シンプルなので良い意味で割り切って楽しめる。

 願わくば、三者三様のエンディングが欲しかったな。

2015/03/23 07:10

投稿元:ブクログ

ナノハザードにより人類は地球を捨て電脳社会を作り上げた。そこに死はなく、あるのは一人一人に割り当てられた限られたメモリ。
その電脳社会に地球からハッキング攻撃が仕掛けられた。マテリアルボディを与えられ調査に向かった。
ストーリーなどはよくある設定。それだけにキャラクターに魅力がないと面白みに欠ける。おそらくこの作品はアニメで見た方が面白いと思う。

2014/12/08 09:46

投稿元:ブクログ

クリスティンという同期、アンジェの過去が少しだけわかります。
もっともどうしてそこまで執着するかは、彼女が着任してからの話を読むしかありません(前話。

楽園追放とは、言葉の意味を深く考える作品かと思われます。
昔からあるテーマなのですが、自我のある機械は人なのか。データベースにある電脳体である人間なのか。
荒れ果てた地球と、寿命がなく監視されたディーヴァはどっちが楽園なのか。

まぁそんな難しいことはさておき……。

アンジェと3幹部の会話ですが、
どちらも正しくあり、間違いがある。
可能性に怯えるものと、その先を考えるもの。
非常に人間臭い。
制限されたメモリは疑問に思います。出来上がってしまうと、拡張できないのかな。そこらへんは憶測で考えると、幹部の言葉にあるように管理できない問題かな。
やり方はあるとは思いますが、現状維持。悪くも良くもしたくないのが本音か。
ディーヴァ内に問題があれば、対処するけど、あくまでそれは破壊されるとかの危険から守るということ。
保全。
システムっぽいが、やはり人間らしくもある。
【楽園より追放を意味していた】
小説にするとここが書きたいメインになるんだろうな。

本だから出来た部分が多いなぁ。またこの独自内容があれば、評価が違ったかもしれない。
特にクリスティン以外のキャラクターがどうして彼女を追わなかったなどの理由付けが小説のほうが強い。
映像の方は、普通に攻撃されてもおかしくない。
あとはつながりがなく、お前ら仲間じゃないのと不思議に思うくらいだった。

海から始まり、海に終わる。前の話も海がある。
電脳の海とか言うけれど、そういうのからかなぁ。

映像を見て、この小説を読むと、ようやく楽園追放の7割くらいを理解できそうな気がする。
残り3割は前章。
とはいえ、この小説だけだと物足りなさが強いかなぁ。
実際映像を見てから、読んでいるから動きとかが頭のなかで勝手に動くし……。
他のキャラクターがどうしているかもっとあってもよかった。

2015/05/14 18:05

投稿元:ブクログ

個人的にはアニメの鮮烈さにも負けず劣らずの出来だと感じた。文章は文学好きの私にとっては簡素なものにも思えるが、説明が有難い。ただ本書のみを読んで満足するのも勿体ない話である。是非アニメの視聴をオススメしたい。

2015/03/24 09:03

投稿元:ブクログ

映画は見たことないけど、八杉将司なので読んでみた。
あんだけ大規模な電脳世界作れる連中が地球の反対側にあるからって何百年も見過ごすかなぁ……とちょっと思った。流石にあのAI一体だけであそこまでするのは無理なくない?とか。結局バックアップとかのメンテナンスない状況でアンジェラ生きてけるのん?ていうか、任務用って事はある程度寿命とか決められてると言うか、
そんな長いこと持たない気がするんだけどあのボディ。ていうか、電脳世界で鍛えたからってマテリアルボディも格闘技の名手になるとは限らないんじゃないの?筋力とかの問題でさ。実際早めに成長切り上げてるんだから成長度合い足りずにリーチ狂いそうな気もするけど。
結局そっちにつくのね…。宇宙船に乗って宇宙へ飛び出すかと思ったけど。普通のSFならまずフロンティアセッタールートよね…。あの未成熟なボディでどんくらい生きられるんかねぇ。子供産めるの?ていうか、イラスト見る限りかなりおっぱいでかい気がしたけど、あれでロリいの?

ハヤカワ文庫 JA ランキング

ハヤカワ文庫 JAのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む