サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. あやまちの恋に出逢って

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

あやまちの恋に出逢って(ライムブックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/10
  • 出版社: 原書房
  • レーベル: ライムブックス
  • サイズ:15cm/478p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-562-04463-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

あやまちの恋に出逢って (ライムブックス)

著者 メアリ・バログ (著),島原 里香 (訳)

ロンドン社交界きっての放蕩者と噂されるトレシャム公爵ジョスリンは、決闘のさなか、見知らぬ女性が大声をあげたせいで足に怪我を負う。邪魔をしたのはジェーンと名乗る粗末な身なり...

もっと見る

あやまちの恋に出逢って (ライムブックス)

1,058(税込)

ポイント :9pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ロンドン社交界きっての放蕩者と噂されるトレシャム公爵ジョスリンは、決闘のさなか、見知らぬ女性が大声をあげたせいで足に怪我を負う。邪魔をしたのはジェーンと名乗る粗末な身なりに女。しかし、その内に秘めた類まれな美しさをひと目で見抜いたジョスリンは、回復するまでの3週間、広大な屋敷のなかで彼女を雇うことにする。深い愛情を湛え、公爵である自分にも率直な意見を言うジェーンは新鮮で小気味よく二人きりで過ごすひそやかな時間は日に日に増えていった。互いに抱える孤独と気高い心にふれて、いつしか自分の心を打ち明けられる唯一の存在となった二人。やがて約束の3週間が近づき、彼女を手離したくないジョスリンはある決断を下す。ところがその直後、ジェーンが彼に告げられなかったひとつの“真実”が、ついに明るみに出てしまい…。【「BOOK」データベースの商品解説】

ロンドン社交界きっての放蕩者と噂される公爵ジョスリンは、決闘の最中にジェーンに邪魔され、負傷してしまう。粗末なドレスをまとった彼女の秘めた美しさに興味を覚え、屋敷で雇うが、次第にその気高い心に気づき…。【「TRC MARC」の商品解説】

ロンドン社交界きっての放蕩者と噂される公爵ジョスリンは、決闘の最中に邪魔に入った女性の悲鳴に驚き、隙を突かれて負傷してしまう。ジェーンと名乗るその女性は粗末なドレスをまとい、生意気な口ぶりだったが、彼女の秘めた美しさに興味を覚えたジョスリンは、回復するまでの3週間雇うことに決める。ジェーンは、傲慢で高圧的なジョスリンにはじめは戸惑っていたが、次第に彼の孤独、そして芸術を愛する気高い心に気づき……。【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2015/02/07 06:15

投稿元:ブクログ

出会いの際、ヒロインがあげた大声のせいでヒーローが怪我をおったことに対してのヒロインの尊大な態度が好きになれない。そのせいか最後までヒロインの印象が良くなかった。でも物語自体にはのめりこめて面白かった。

2015/09/06 17:17

投稿元:ブクログ

ヒーローの表向きの姿と実際の姿のギャップに違和感を感じてしまった。涙流したり変に女々しいところがあるように感じた。
ヒロインも容易く愛人になってしまってそういう振りをするところもいやだった。
最後もいつの間にか結婚してたし、期待して読んだのにガッカリでした。