サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

[CPあり]2017冬 メディア化キャンペーン(~1/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ボーイズラブ
  4. きみはいつか、ぼくの声をきく

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

きみはいつか、ぼくの声をきく

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/10/20
  • 出版社: ブライト出版
  • サイズ:15cm/255p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86123-579-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

きみはいつか、ぼくの声をきく (RK BUNKO)

著者 中庭 みかな (著)

真幸は精神的な理由で声が出せない。幼馴染みの純太に助けられてきたけれど、ある日、「好きで面倒を見ているわけじゃない」という彼の本音を耳にしてしまう。喪失感の中、真幸の世界...

もっと見る

きみはいつか、ぼくの声をきく (RK BUNKO)

627(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

きみはいつか、ぼくの声をきく【イラスト付】

627(税込)

きみはいつか、ぼくの声をきく【イラスト付】

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント!

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月13日(金)~2017年1月19日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

真幸は精神的な理由で声が出せない。幼馴染みの純太に助けられてきたけれど、ある日、「好きで面倒を見ているわけじゃない」という彼の本音を耳にしてしまう。喪失感の中、真幸の世界へ入りこんできたのは、不良と噂される転校生の芝山実波。「声を聞かせろ」と迫る彼は強引なくせに、時々さみしげな顔をする。戸惑いながらも距離を縮めていく二人だが、なぜか、辛辣な言葉を吐いたはずの純太は、真幸に近づく実波を許そうとはしなくて―。青少年の心が織りなすセンチメンタル・グラフィティ。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/02/10 16:29

投稿元:ブクログ

木村ヒデサトセンセのイラストで発見した作品。発売当時まったくチェックしていませんでした。
これが商業誌デビュー作とのことです。

トラウマ持ちで声を発することができない高校生の真幸視点で描かれた、トライアングルもの。
いつも側にいて面倒を見てくれる幼馴染みの純太の力を借りて何とか高校生活をやり過ごしていた真幸の生活に、転校生の実波が強引に介入してくることから変化が生まれていく…という話です。

話の雰囲気や高校生の生態の描き方がちょっと古風で地味な印象だったんだけど、トラウマの件からどんどん真相が明らかになってくるにつれてインパクト大な展開で、驚きました。
こうくるとは予想してませんでしたね。

真幸の今までが本当に不憫でやりきれないです。そんな真幸の側にいた純太の心の内も計りきれないほど辛かっただろうなと思えます。自分のせいだと悔やまずにはいられないですよね。
そんな純太に頼りきって、甘えて、心の平安を維持してきた真幸にとって彼はかけがえのない存在で、ひょっとしたら恋心になっていたのかもしれないと思わせます。
多分美由紀の存在が、実波に心が傾くきっかけになったのでは…

実波の気持ちというのがちょっと理解しにくかったですが、未熟で不安定な年頃の少年の持つ危うさとかナイーブさがすごく出てる感じ。
3人ともいろいろ未完成で、傷つけたり傷つけられたりする脆さがにじみでていて切なくもいとおしくなってしまいました。
それぞれの魂の再生という点では、ほっとさせるものがある話です。

彼らのその後の姿が、できれば成人後の姿が見てみたいです!

2016/04/07 10:11

投稿元:ブクログ

過去の出来事のせいで声が出せない真幸と世話する幼馴染、ちょっかいをかけてくる不良…。とくれば三角関係!となりそうですが、そこまで単純なストーリーではなく色々な思いが錯綜してて面白かった~。

2014/12/15 21:17

投稿元:ブクログ

ものすごく好みな話だったんだけど、イラストだけ残念賞。単品で見たらそこそこ悪くないんだろうけど、この話には合っていないと思うな。

2014/11/23 22:35

投稿元:ブクログ

これがデビューの新人さん。
過去に何らかのトラウマを持っていて、声が出せなくなった主人公。幼馴染の庇護の元、現状に特に不満もなく淡々と過ごしているが、幼馴染が実は自分のことを疎んでいると知ってから主人公の世界が変わっていく。
幼馴染を解放するため自ら行動していく主人公が、うじうじしていなくて好感が持てる。そんな主人公のちょっとした不安や迷いを、側にいることでさり気なく支えている攻も○。出てくるキャラクターが、話にありがちな都合のいいキャラではなく、みなどこかしら人間くささを持つ、物語に関わるべき存在であるのが秀逸。そして、それが一種謎解きのような物語に上手くはまって見せている。
後半でトラウマの原因が明かされ、主人公と幼馴染が抱えていた傷とその理由とについほろりとさせられ、そして最後は攻とのハッピーエンドにホッとする。読んでいて感情が動かされる切なくも素敵なお話でした。
ただわかりやすいスイーツ要素がない話のため、そういうもので萌えを感じる層には向かないかと。反対に、丁寧な心理描写を読み解き、行間を埋めていくのが好きな人にはたまらないはず。私は好きです。次回作も楽しみ。

2015/09/16 10:27

投稿元:ブクログ

★3.5。お初作家さま。余白少ない、ちゃんと読ませる文体だった。
精神的要因で話せなくなった受けと、ちょっとアウトローなクラスメイトの攻め。+受けの幼なじみとその彼女の複雑に絡んだ関係。
受けが喋れなくなった原因を小出しにして、謎解きのような流れだったので先が気になって気になって…。想像してたより事件は酷くなかったけど、病んでる人の行動心理にちょっとビビった。

残念な所というか、もっと攻めの過去とか内面に言及してほしかった。ので攻めの行動が納得いきません。もしくは、いじめっこのエピはなくて良かった。DV男って暴力と優しさを繰り返すんだよね、と最期にふと思ってしまった自分に残念…。ああ台無し。

ボーイズラブ小説 ランキング

ボーイズラブ小説のランキングをご紹介します一覧を見る