サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ロートレック荘事件 改版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ロートレック荘事件 改版(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 245件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/08/30
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/233p 図版9枚
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-117133-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ロートレック荘事件 改版 (新潮文庫)

著者 筒井 康隆 (著)

夏の終わり、郊外の瀟洒な洋館に将来を約束された青年たちと美貌の娘たちが集まった。ロートレックの作品に彩られ、優雅な数日間のバカンスが始まったかに見えたのだが…。二発の銃声...

もっと見る

ロートレック荘事件 改版 (新潮文庫)

637(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

夏の終わり、郊外の瀟洒な洋館に将来を約束された青年たちと美貌の娘たちが集まった。ロートレックの作品に彩られ、優雅な数日間のバカンスが始まったかに見えたのだが…。二発の銃声が惨劇の始まりを告げた。一人また一人、美女が殺される。邸内の人間の犯行か?アリバイを持たぬ者は?動機は?推理小説史上初のトリックが読者を迷宮へと誘う。前人未到のメタ・ミステリー。【「BOOK」データベースの商品解説】

夏の終わり、郊外の瀟洒な洋館に将来を約束された青年たちと美貌の娘たちが集まった。バカンスが始まったかに見えたが、2発の銃声が惨劇の始まりを告げた…。推理小説史上初のトリックが読者を迷宮へと誘うメタ・ミステリー。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー245件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

何も調べず、他人の感想も読まず、ただ読むべし。

2014/07/08 16:21

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:papanpa - この投稿者のレビュー一覧を見る

とりあえず未読の若人諸君は、一度読んでみて損はないと思います。まあ、二度は読まなくてもいいが・・・。ある分野で有名な作品です。何も調べず、他人の感想も読まず、ただ読むべし。そういう本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

全編に散りばめられたトリック

2017/04/23 19:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まんだかず - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初から最後までトリックだらけです。
しかも丁寧に最後にはトリックの解説付き。
短いミステリ小説ですので手軽に読めます。
犯人は見当が途中でわかりますが、
どういう風にやったかがわからない・・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

当時は前代未聞なミステリだったはずだけれど。

2010/11/05 20:49

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:惠。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

テレビでは定期的に見かけるけれど(関西ローカル)、読むのはハジメマシテ。映画化されたせいか耳にしたことのある著作はいくつかあるけれど、SFは大の苦手なのでどれもこれも惹かれなかった。

そんな中で初めて手にした本書。筒井作品にしては珍しくミステリである。


夏の終わりの郊外の別荘。そこに集うオーナー夫妻と客人たち。少し遅めのバカンスを楽しむはずだったが、一人、また一人と若い女性が殺されていく。犯人は部外者か、それとも内部の者か。疑心暗鬼に陥る一行を嘲笑うかのようにまたひとり、女性が殺される…。


端的に言うと「メタ・ミステリ」。裏表紙によると「推理小説史上初のトリック」というから、本書の単行本が刊行された平成2年では珍しいトリックだったのだろう。

いったいどんなトリックなのかと期待に胸を膨らませながら手に取っただが、初手っぱなから文章に違和感を感じてなかなか読み進めることができなかった。ところどころの文章に、いちいち引っ掛かる。なんだか読み辛い。

しかしそれでもどうにか読み進め、第一の殺人が起こる頃からは随分楽になった。著者の文体に慣れてきたからだろう。

とそんな調子でラストの「種明かし」まで読み進めて気が付いた――わたしが初めに感じた違和感は間違ってはなかった。いやむしろ、それこそが核心だったのだ。

アンフェアとは思わないけれど、好きなトリックではない。いや、トリック自体は好きなのだ。なのだけれど…本書におけるそのトリックのカモフラージュの仕方が好きになれない。


トリックを施すならば、読者に違和感を抱かせないくらい巧く隠してもらいたい。


と、贅沢で我儘だとわかりながらも言ってみる。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

女性の描写に難ありかと

2002/04/16 06:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:呑如来 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この小説はトリックの正当性うんぬんよりも、まず筒井康隆氏の努力を称えるべき作品であろう。なんだか変だなあ、奇妙だなあという感覚もそうだが、自分としては「24歳の女性が3人とも処女なわけないだろう」とか「それに24まで処女だった美女があっけなく婚前交渉を許すというのはどう考えても矛盾してるし、しかも自分からネグリジェのボタンは外さないでしょう」という突っ込みながら読めるテキストの方が興味深かった。
それぞれの女性の描き方も紋切り型過ぎるし、これも世代の差というべきなのか。そういうことを気にしなければ、解説にも書かれているような意義深い作品として読むことが出来るのだが…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

とにかく騙される

2001/03/17 00:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 とにかく最後まで読んで欲しい一冊。かなりの人が騙されると思う。ただ、「だからなんなの?」と思う人もいるだろう。好き嫌いが分かれる作品ではある。
 あっさり読めるので、気持ちよく騙されて見たい人におすすめ。僕は気軽に読んでいたら、思いっきり騙されましたよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/02/15 18:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/05 00:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/04/18 12:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/25 09:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/13 22:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/07/28 19:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/28 20:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/27 23:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/25 00:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/08 02:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る