サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. バリ3探偵圏内ちゃん 1

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

バリ3探偵圏内ちゃん 1

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 30件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/29
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:16cm/358p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-180008-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

バリ3探偵圏内ちゃん 1 (新潮文庫nex)

著者 七尾 与史 (著)

生身の人間と会話するのが苦手。でもネットがなくて誰とも繋がれなくなる孤独はもっと苦しい。電波がバリ3表示の場所でだけ生きてゆける、ひきこもりの緑子。しかしひとたびオンライ...

もっと見る

バリ3探偵圏内ちゃん 1 (新潮文庫nex)

680(税込)

バリ3探偵 圏内ちゃん(新潮文庫)

756 (税込)

バリ3探偵 圏内ちゃん(新潮文庫)

ポイント :7pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

生身の人間と会話するのが苦手。でもネットがなくて誰とも繋がれなくなる孤独はもっと苦しい。電波がバリ3表示の場所でだけ生きてゆける、ひきこもりの緑子。しかしひとたびオンライン掲示板を聞けば、ハンドルネーム「圏内ちゃん」はカリスマ的存在だ。驚くべき情報収集力と推理力で、“炎上”した匿名アカウントの本人を特定する。ある日、連続女性殺人事件に巻き込まれて…。【「BOOK」データベースの商品解説】

電波がバリ3表示の場所でだけ生きてゆける、ひきこもりの緑子。驚くべき情報収集力と推理力で、炎上した匿名アカウントの本人を特定する。ある日、連続女性殺人事件に巻き込まれて…。『yom yom』連載を文庫化。【「TRC MARC」の商品解説】

ひきこもり探偵、圏内ちゃん、降臨! 生身の人間と会話するのが苦手。でもネットがなくて誰とも繋がれなくなる孤独はもっと苦しい。電波がバリ3表示の場所でだけ生きてゆける、ひきこもりの緑子。しかしひとたびオンライン掲示板を開けば、ハンドルネーム「圏内ちゃん」はカリスマ的存在だ。驚くべき情報収集力と推理力で、”炎上”した匿名アカウントの本人を特定する。そのおかげで、連続女性殺人事件に巻き込まれて……。【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー30件

みんなの評価3.8

評価内訳

2014/11/05 11:04

投稿元:ブクログ

内容は王道ミステリーをサブカルで味付けしたという印象。
殺人事件というとヘビーなイメージだけど、登場人物のキャラクターやストーリーの展開など所々に「ライトノベル」な部分もあって最後までテンポよくするすると読めてしまい、「あれ、もう終わっちゃったのか…」と感じた。続刊が楽しみ。

2015/08/16 21:44

投稿元:ブクログ

バリ3とは携帯電話のアンテナ3本全て立っている状態とのこと。
生身の人間と会話するのが苦手でひきこもり、電波がバリ3表示の場所だと安心できる緑子だが、ネットの世界では「圏内ちゃん」として、驚くべき情報収集力と推理力でカリスマ的存在。
Twitterの何気ない書き込みから炎上、某巨大掲示板で叩かれ、投稿写真等から個人情報を特定される。怖い世の中になったものだと思う。
コメディめいた設定だが、しっかりとした構成のミステリ。
(図書館)

2015/02/11 21:07

投稿元:ブクログ

引きこもりで人と会話するのが苦手な彼女は
ネットではカリスマ的存在。
そんな彼女が、事件に出くわした。

ネットと現実のギャップがすごいです。
繋がっているのを認識していないと怖い、というのは
女子高生みたいなもの? と思ったらまったく違う。
しかしそんな彼女がなぜ、現旦那様と結婚したのか
その辺りが不明です。
突如申し込んでいますが、はっきりと理由がないので
そうかな? というぐらい。

一体誰が犯人で、誰がそうなのか。
小出しに出てくるヒントに、彼ではないのは
分かったのですが…難しい。
最後に出てきた、最初の『人』は、もしかして?
という最後の自供でした。

しかし事件自体ぎょっとするものでしたが
それよりもぞっとするのは、最初。
ネットの力はやはり怖いです。
些細な事からすべてがばれてしまう…。
本当に、気をつけなければ。

ところで、あちらこちらに出てくる『刑事』さんは
別のシリーズに出ている、とかなのでしょうか?
1回ならともかく、2回ほど話で出てきましたが。

2014/10/03 23:30

投稿元:ブクログ

これだけ動かしにくいキャラでよく物語を成立させてるなぁ。面白いキャラ設定だと思います。構成的には結構ぎりぎりな感じがしました。刑事側が忌女板を見ていなければ成立しないですし。
コミカルな装いをしていますが、扱われている事件はかなり猟奇的です。ドS刑事シリーズとも少しだけリンクしたりしているので、このままシリーズが続けばどこかでクロスするかもしれないですね。

2015/10/23 20:50

投稿元:ブクログ

 『生身の人間と会話するのが苦手。でもネットがなくて誰とも繋がれなくなる孤独はもっと苦しい。電波がバリ3表示の場所でだけ生きてゆける、』ハンドルネーム圏内ちゃんは、ネットの忌女板でのカリスマ忌女。
 上記の『』部分は、文庫の裏表紙に書かれているままなんだけれど、大げさな比喩かと思いきや、まんまの圏内ちゃんがお話の中にはいた。

 圏内ちゃんのこのキャラと、彼女の行動、そして旦那さんとの馴れ初め話があまりにも非現実的なので、ファンタジーみたいに読んでしまうけれど、プロローグでの忌女さんたちの行動を見てると、一気にリアルさが増してくる。
 私、こういう個人情報が特定されてくの、何となくしか知らないけど、実際もこんな感じで、みんながんばってんのかな。

 このお話、すっごい数の人間が殺されてんだけど、その殺人そのものよりも、忌女さんたちの心理のほうが怖い。
 私もだいぶ引き籠ってるけど、出来れば現実の世界だけでなく、ネットの世界でもあんまり人と関わりたくない系の引き籠りだから、心境はよく理解できないですが。

 圏内ちゃんのキャラが突拍子もなさ過ぎて、あんまり好きにはなれなかったけれど、展開はまぁおもしろかったかな。
 ラスト(エピローグでなく、犯人と対峙するところ)が、何かどっちも狂気じみてて怖かったけど。
 この話、犯人もだけど、圏内ちゃん自身が何か怖いよね。

 あと、圏内ちゃんの旦那さんが実際に事件の調査みたいなことをするんだけれど、何人も襲われてるのと同じコースを辿って、聞き込みみたいのもして……自分も狙われるかも…みたいな考えは浮かばなかったんだろうか、て思う。
 何か迂闊だよね。

 それと、圏内ちゃん、自分の書き込みに端を発して殺された人がいることについては反省してるけど、個人情報を晒してつるし上げたことは、少しも反省してないのね。
 そこは一切触れないんだ…。


 それにしても、圏内ちゃんが意外と横柄な性格しててビックリした。

2014/11/16 21:26

投稿元:ブクログ

極度の対人恐怖症から半ばひきこもり気味、ネット依存症で電波圏外では生きられないという特性を持った「圏内ちゃん」。うーむ、これは極端だけど、近い状態の人ならいそうな気も……? 現代社会ならではのニューヒロイン、かな。
近頃ありがちなネット炎上事件から始まったとある事件。過去の殺人から現在の殺人事件へと繋がり、見え隠れする犯人像はどう考えたってミスリードなのだけど。かといって真犯人は……? と悩まされました。キャラの魅力もあって一気読み。続編期待したいなー。

2014/10/08 23:19

投稿元:ブクログ

電波がバリ3表示で生きていけない、生身の人間が苦手でコミュニケーションはチャットアプリというひきこもりなキャラクター@圏内ちゃん。
驚くべき情報収集力と推理力で犯人を個人特定していく探偵?ミステリー
冒頭のバカッター炎上、犯人特定に至るくだりは爽快!
ネットの怖さもあらためて勉強になる作品です。
あとだんなさんのほのぼの感もいい。

2015/02/12 00:42

投稿元:ブクログ

 アンテナバリ3の圏内だけで生きていける引きこもり緑子さん。
 その正体は、某巨大掲示板の忌女板で身元特定のプロとして忌女たちの尊敬を集める「圏内ちゃん」だった。

 今日もツイッターで炎上した大学生の身元特定の祭りに参加して停学に追い込む。
 しかし、その祭りに関わった忌女たちが不可解な死を遂げる。
 圏内ちゃんこと緑子は独自に操作を始める。

 一方、警察では連続殺人事件を追っていた。被害者はの共通点は左手を切断された女性であるということ。
 ネットの炎上と連続殺人事件がつながっていく。


 とうことで、七尾与史の新シリーズが始まりました。山手線探偵終わっちゃったし。

 今回の新探偵はアンテナ県内だけでしか生きられない引きこもり。

 左手を切断して集める事件、という話は乙一のGOTH、リストカット事件そのまんまだなぁと思う。

 ただ、七尾与史のすごいところは「疾走トロピカル」みたいなスプラッターも書けるけど、左手切断殺人をなんとなくコミカルにも書けるところ。

 娯楽小説という点において徹底している。
 
 あと、この人の作品には別の作品の登場人物がちらほら出てきたり、メタ発言多かったり。

 そんなところも楽しい新シリーズでした。

2014/10/26 19:58

投稿元:ブクログ

バリ3探偵圏内ちゃん、というタイトルがすごく気になって購入。
読み始めてから、山手線探偵やドS刑事のシリーズの作家さんだと気づきました。
最近のネット社会をうまく反映していて、とても面白く読めました。
簡単に画像アップしちゃうとここまであぶないんだな、粋がって悪いことかいちゃうと身を滅ぼすんだな…等々。
そもそもの設定やストーリーが面白かったです。
事件の方は…、最後、「この事件は捜査を継続していきます」で終わっているので、シリーズとしてこの事件を追っていくのかな?と。
それとも他の事件を追う中で、この事件に近づいていくのか…。
ただ、新シリーズ開始、なので、これからも続いていくと。
楽しみです。

2014/10/02 04:04

投稿元:ブクログ

@mircea_morning: 新潮文庫nex『バリ3探偵圏内ちゃん』タイトルからしてもっとかわいく穏当で、ちょっと昔の話かと思いきや、乗っけからバカッター&特定しました、で心がっ……心がっ……

2014/10/19 03:29

投稿元:ブクログ

明らかに可愛らしく描かれた主人公の年齢がおばさんだしやってることは社会的に正義と真反対なのに警察の見方づらしてるし、最初のTwitterの説明なんていらない。

2014/10/25 15:13

投稿元:ブクログ

新潮文庫nexであることと、冒頭を立ち読みして面白そうだったので購入。主人公である「圏内ちゃん」と忌女板のあり方が好きになれず、面白く感じられなかった。

おイタした学生等を、みんなで寄ってたかって個人情報を晒し吊し上げる忌女板の祭りに嫌悪感を抱いた。電車の中で泣く幼児にでこぴんをしたことは良いことじゃないけど、だからと言って犯人の住所・氏名や顔写真をネットに晒して、内定先や大学に電凸するのはやりすぎ。それをしている忌女板のあなたたちは、自分の身内が同じことをされても平静でいられるの?

バリ3の場所じゃないと体調が悪くなる設定など、全体的に真面目に読むべきじゃないのかもしれないが、どうにもいい気分にはなれなかった。残念。

2017/01/12 07:13

投稿元:ブクログ

極端な体質のするどい洞察力をもった彼女の推理が見事です。
反面、こんな風にばれてしまうんだって怖くもありました。

2014/11/14 13:54

投稿元:ブクログ

新潮文庫nexレーベルの一冊(2014年10月刊)。同じ作者の「死亡フラグ」シリーズが好きなのですが、「死亡フラグ」と比較して、この作品は全体のトーンも抑えめで正統派だと感じました。圏内ちゃんの設定や事件の内容にはぶっ飛んでる感がありますが、「安楽椅子探偵もの」と言えるのではないでしょうか。探偵vs犯人の構図に探偵助手と警察が関わってくる、そんな印象です。だからこそ読みやすいとも言え、初めてこの作者の作品を手に取った人には、お勧めしたいと思います。

2015/06/01 02:56

投稿元:ブクログ

ネットの交流や炎上を盛り込んだアームチェア・ディテクティブものミステリー。事件そのものよりも(正直、私的には若干無理を感じる部分はあった)、キャラの魅力、面白さで読ませる作品。ITの闇的部分も描かれてて慣れてない人の参考にもなるか。